|  |  |  |

DSC00507

 

3月8日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝会の会のミサと聖体賛美式が行われます。

The Benediction is administered from 10:00 on March 8.

 

 

聖体礼拝の会は、以下のように行われます。

 

今月の聖体礼拝の会は、第2木曜日に行われます。(原則、第4木曜日に行われています)お気を付けください。
多くの方の参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

1日 聖歌練習
山谷おにぎりの会
*
2日 初金ミサ[18:50]
*
3日 共同回心式[10:00,13:30]
*
MCCIC 黙想会[10:00]
*
朝祷会[7:00]
*
4日 四旬節第3主日
*
司牧評議会[12:30]
*
聖歌練習[9:00]
シャローム[11:30]
*
8日 聖体礼拝の会 聖体賛美式[10:00]
*
11日 四旬節第4主日
英語ミサ[13:00]
*
ヨゼフ会例会[9:00]
マリア会地区連絡会[9:15]
教会学校スタッフ会議[12:30]
*
15日 山谷おにぎりの会[9:30]
*
18日 四旬節第5主日
教会学校 卒業証書授与式[10:30]
*
教会学校 卒業パーティ[11:45]
*
聖歌練習[9:00]
シャローム[11:30]
*
24日 四旬節 大掃除[10:00]
*
25日 受難の主日
タガログ語ミサ[15:00]
*
司牧評議会[12:30]
*
シャローム[11:30]
*
29日 聖木曜日
主の晩餐の夕べのミサ[19:00]
聖香油のミサ[10:30]
於 東京カテドラル聖マリア大聖堂
*
30日 聖金曜日
主の受難[19:00]
*
十字架の道行[15:00]
*
31日 聖土曜日
復活の聖なる徹夜祭[19:00]

 

 

松戸教会公式ツィッターアカウントにて、毎日のミサ、行事や催し・勉強会のご連絡をしています。

是非、フォローをお願いします。

  • 聖週間・過越の聖なる三日間の予定は、こちらからご確認ください。

 

  • 四旬節中、十字架の道行が以下の通り、行われます。洗礼を受けていない方も参加頂けます。是非、ご参加ください。

 

  • 3月20日(火)から23日(金)までフィリップ神父様は、福岡司教区司祭叙階式参加のため、お留守にされます。21日・22日の朝ミサはお休みになります。

 

 

  • 毎週木曜日に行われているフィリップ神父様による聖書講座「主日のミサの聖書朗読」は、22日、29日はお休みに入ります。

 

  • 今年度のキリスト教講座(入門講座)金曜日クラスは、22日までとなります。十字架の道行が行われるため、30分ほど延長して行われます。

 

  • 今年度のキリスト教講座(入門講座)日曜日クラスは、25日までとなります。



 |  |  |  |

本日、四旬節第2主日、10時半からのミサのなかで、復活の聖なる徹夜祭に受洗される10名の方の洗礼志願式が行われました。

 

ミサ前に、フィリップ神父様のもと、リハーサルを行います。

 

 

ミサが始まり、お説教の中では、本日、行われる洗礼志願式を受けられる求道者のみなさん、そして、迎い入れる松戸教会の信徒へ「この四旬節を通し、主の変容で受けた神様の慈しみを感じながら、主のご復活、そして、洗礼の準備を整えましょう」というメッセージがありました。

 

 

 

説教後、洗礼志願式が始まると、まず、フィリップ神父様が、求道者の後ろに立つそれぞれの代父・代母の方々に「志願者がこれから教会共同体のメンバーとして過ごせると思いますか?」と尋ねられ、代父・代母の方々は「はい。そう思います」と答えられました。
また、入門講座で講師をつとめてくださっている愛徳カルメル修道会のシスター、そして、カテキスタの方々に「志願者に洗礼の準備ができていると思いますか?」と同じく尋ねられ、シスター、カテキスタの方々も「はい。そう思います」と答えられました。

 

続いて、志願者の方に「みなさんは本当に洗礼を望みますか?」と尋ねられ、求道者の方々は「はい、望みます」と答えました。
神父様はその答えを聞いたのち、志願者として教会に受け入れられることを宣言されました。

 

 

そして、ミサに参加した全員とともに使徒信条を唱えました。

 

志願式の最後に、洗礼志願者の方々1人ひとりに、フィリップ神父様が、聖香油で額に十字架のしるしをされました。

 

 

 

共同祈願のなかで、共同体として、心を合わせて、洗礼志願者のために祈りました。

 

 

 

聖体拝領時には、まず志願者が、フィリップ神父様より祝福を頂きました。

 

 

 

聖体拝領後、入門講座を担当された愛徳カルメル修道会のシスターから10人の洗礼志願者の紹介がありました。

 

 

 

約1年間にかけて学び、洗礼の決心をされ、これから、復活の聖なる徹夜祭までの間、様々なことを考え、受洗される準備を整えられると思います。
洗礼志願者10人への皆様のお祈りをお願い致します。




 |  |  |  |

四旬節中の毎週金曜日、カトリック松戸教会では、十字架の道行を行っています。

 

 

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

今日も、午前10時30分より、行われました。
まず、フィリップ神父様のお導きで「初めの祈り」が行われました。

 

フィリップ神父様が祈りへと導かれ、信徒が1留ずつ先唱を行いました。
そして、あらゆる困難、試練があろうともただただ父である神様の御心に適う行いをするイエス様に倣う者になろうと、祈りに心を合わせます。

 

最後に15留目となる十字架に向かい十字架讃歌を唱え、主の復活を黙想し、主の祈りを唱えました。

四旬節の期間に、十字架の道行きに是非ご参加ください。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、久々にずっと来ている販売に来ている方が来てくださり、色々と話に華が咲いていました。
2か月に1度という事もあり、「え?もう…」というような季節の野菜やフルーツがあり、季節の移り変わりの速さを感じます。福島という事もあり、千葉とはまた違ったものがみられるのも楽しいところですね。
今年は、夏の長雨、そして、寒波の影響で、千葉でも、葉物を中心に不作という事もあり、皆さん、心待ちにした即売会でした。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
旬のあさつきやアスパラ菜を始め、様々な野菜が並びました。
白菜やホウレンソウといった葉物もあり、あっという間に完売になってしまいました。

 

 

次回は、4月の第3週4月15日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。