|  |  |  |

本日、年間第25主日、翌日の松戸教会の守護者である「大天使聖ミカエル」の祝日を祝い、国際ミサが、菊地功大司教様司式で行われました。
ミサのなかでは、3名の方の堅信式も行われます。

 

松戸教会では、9月14日(土)からから9日間に渡って、信徒たちでノヴェナを行い、この日を迎えました。
国際ミサということで、多くの外国人信徒もミサに与ります。

 

 

ミサ開祭前には、聖母子像から教会学校の子どもたちによる行列が行われました。

 

 

 

行列の始めに、教会学校の子ども達を中心に、アヴェマリアを祈りを聖母子像前で唱えました。

 

そして、「アーメンハレルヤ」を歌いながら、聖堂へと向かいます。

 

 

 

 

行列を終え、会衆が着席した後、「聖霊の続唱」を歌い、大司教様が入堂されます。

 

そして、入堂とともに聖ミカエル像、祭壇への灌水・献香が行われました。

 

 

そして、松戸教会の守護聖人大天使聖ミカエルの祝日を迎えた松戸教会共同体にお祝いの言葉とご挨拶を頂きました。

 

 

 

ことばの典礼では、第1朗読は日本語、第2朗読は英語で朗読されました。

 

福音朗読は、菊地大司教様が日本語、フィリップ神父様が英語で、それぞれ行われました。

 

 

第1朗読 知恵の書 2章12、17~20節
第2朗読 使徒ヤコブの手紙 3章16~4章3節
福音朗読 マルコによる福音書 9章30~37節

 

 

 

そして、菊地大司教様によるお説教。

お説教の中で、大司教様から堅信を受ける方々に、そして、これから受堅者を迎える私たち松戸共同体へ、すべての信者がともに信仰育て、教皇フランシスコが福音のよろこびのなかで野戦病院のように、聖霊の導きを受け、教会を出て、人々にキリストから与えられた喜びを伝えられるようにとのお話がありました。

 

 

 

 

説教後、いよいよ堅信式が行われます。
フィリップ神父様が3人の堅信志願者の名前をそれぞれ呼ばれ、代父母とともに祭壇の前に並びます。

 

そして、悪霊の拒否を宣言し、会衆とともに信仰を宣言します。

 

そして、大司教様の按手によって、聖霊の賜物を受けます。

 

1人ずつ大司教様の前に出て額に塗油をいただき、秘跡を授けられました。
1人1人に聖香油を塗油されるのを会衆も見守ります。

 

そして、無事、堅信の秘跡に与り、厳かで温かい式は、つつがなく終了しました。

 

 

 

 

共同祈願は、参列された各国の方々(日本語、韓国語、ポルトガル語、ナイジェリア語、ミャンマー語、タガログ語、英語、セブアノ語、広東語など)が意向を唱えました。

 

受堅者の代表が「堅信に与った私たちが、聖霊の7つの賜物をしっかりと受けとめ、キリストの体の一員として、なすべきことを考え、それを行うことができますように」と、祈願が唱えました。

 

最後に、全員で「大天使聖ミカエルの祈り」を、日本語・英語で同時に唱え、共に祈りました。

 

 

 

 

奉納は、受堅者がホスチア、水と葡萄酒を捧げます。
そして、国際ミサならではの、色とりどりの奉納品が捧げられます。

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICの聖歌隊が、歌います。
松戸教会の国際ミサの名物ですね。日本語のミサとは、違う雰囲気になります。

 

菊地大司教様によって、共同体によって捧げられたものと祈りが、香のように天に昇ることを意味するため、供えられたホスチアと水と葡萄酒、奉納物、祭壇、十字架、そして、大天使聖ミカエル像に献香されます。

 

また、奉仕者によって、司祭・会衆への献香も行われます。

 

 

 

そして、全知全能の父なる神への賛美と感謝をあらわす奉献文が唱えられます。

聖変化…。

 

 

 

 

聖体拝領では、まず受堅者がご聖体を拝領し、信徒が続きます。

 

大司教様、フィリップ神父様、聖体奉仕者の横で、侍者、青年、中高生達が、聖体拝領した方々に記念品の大天使聖ミカエルの祈りが書かれたカードを配ります。

 

今回の記念品は、教会学校のリーダーが描いた大天使聖ミカエルと聖霊降臨をイメージした絵に大天使聖ミカエルへの祈りが書かれたものです。

 

 

多くの方々がミサに与り、御聖堂の外にもたくさんの方々が溢れていました。

 

 

 

 

聖体拝領後、受堅者3名の紹介が、堅信講座を担当してくださったカテキスタよりあり、フィリップ神父様より教会からの記念品が贈られました。

 

 

 

 

閉祭の前に信徒を代表して司牧評議会委員長より菊地大司教様に本日のお礼がありました。

 

また、教会学校の子供たちからもメッセージボードが贈られました。

 

 

 

 

ミサの終わりに、派遣の祝福を受けます。

 

 

 

 

ミサ後、菊地大司教様、フィリップ神父様とともに、受堅者と代父母との記念撮影が行われました。

 

ミサ後は、菊地大司教様とともに、守護者大天使聖ミカエルの祝日を祝うパーティが行われました。もちろん、パーティのなかで受堅者のお祝いも行われます!

 

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

本来ならば、先月行われる予定でしたが、都合が合わず、今月お越しいただきました。
来ていただいたのは、久々に長年担当して下さった方、久々にお会いする事もあり、会話が弾んでいました。

今月は、少し早い秋の訪れを感じさせる農産物、フルーツが並びました!

 

 

● 今月のおすすめ品

五百川

2003年、福島県中通り地域の農家、鈴木清和さんが、コシヒカリの突然変異種として発見して、8年間の育種を経て2010年より品種登録されました。命名は当地を流れる河川、五百川からとられました。福島県中通り地域を中心に作付けが行われています。育成のスピードも速く、8月頃には刈り入れができるため、台風などの被害を受けずにすみます。
味は、コシヒカリの味を継いでいて、背丈が低いため、倒れづらく、ハズレが少ないことも特徴です。
この時期に新米を出荷できるのも大きな特徴です!

 

今年最後の桃になります。
伊達白桃は、福島県の菅野正光氏が「白鳳」の偶発実生を育成した極晩生の白桃種です。
果重は330~380g位の大果で、果肉はやや硬くやや粗ですが、多汁で甘味多く酸味少なく、追熟すると、とろけるような食感になります。

 

ぶどう(高尾)

高尾』は1956年(昭和31年)に東京都農業試験場(東京都立川市、現農林総合研究センター)の芦川孝三郎氏が育成、選抜した巨峰の実生改良種です。果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。
種無しなので食べやすですね。

 

 

 

次回も、12月の第3週12月16日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
また、10月の聖ミカエルバザーでも、NPO法人「福島やさい畑」の商品が並びます
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

本日、年間第24主日のミサのなかで、「2年間半、松戸教会のために奉仕して下さっていた愛徳カルメル会のシスター萩原が、急ではありますが、今週、異動となる」という寂しいお知らせが信徒の皆さんに報告されました。

始めに司牧評議会委員長より、松戸教会からの感謝状が読まれます。

 

そして、主任司祭から、感謝状が贈られます。

 

教会学校の子ども達からも感謝の気持ちを込めて、メッセージを込めたプレートが贈られました。

 

最後にシスター萩原からご挨拶をいただきました。

 

シスター萩原には、入門講座で洗礼を希望される皆さんにカテキズムを優しく指導して頂きました。そして、受洗後も、様々なケアをして頂きました。
また、聖ミカエル幼稚園の子ども達も大変お世話になりました。
本当に今までありがとうございました。

ご活躍をお祈りしています。
お近くにお越しの際には、是非松戸教会にお越しください!




 |  |  |  |

本日より、マリア会からレ・シュン・タンさんが、司牧実習に来ることになりました。
タンさんは、ベトナムから来日し、現在、マリア会の修道士への入門養成期間を過ごしています。将来は、司祭叙階を目指し、修練しています。

青年の活動を中心に共に私たちと活動を共にしてくれます。

どうぞよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第3週の主日のミサのなかで、その月に結婚記念日を迎えられる方々の祝福を行うことになりました。

 

今月の「結婚記念日の祝福」は、本日、年間第24主日のミサの中で、フィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

 

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
結婚記念日、おめでとうございます!

 

結婚は、秘跡(神の目に見えるしるし)です。
結婚記念日を迎えられた方々を祝福することで、神様のいつくしみを思い起こさせ、最も小さな共同体である家族のなかで、新たな思いで福音のよろこびを感じることが出来ればと思います。

もちろん、夫婦そろってではなくても(帰天されて死別されたご夫婦やミサに1人で来られた方)祝福は受けられます。
是非、結婚記念日を迎えられた月の第3週には、祝福に与ってください!