|  |  |  |

1日 初金ミサ[9:45、18:50]
*
4日 主の奉献
*
朝祷会[7:00]
白井地区家庭ミサ[14:00]
*
6日 年間第4主日
*
司牧評議会[12:30]
*
聖歌練習[9:00]
*
軽食「シャローム」[11:30]
*
10日 聖歌練習[10:30]
山谷おにぎりの会[9:00]
*
9日 東葛飾宣教協力体 1日学びの集い[10:00]
於 松戸教会
*
10日 年間第5主日
英語ミサ[13:00]
*
ヨゼフ会例会[9:00]
マリア会総会[9:15]
教会学校スタッフ会議[12:30]
*
めぐみの会[11:30]
*
11日 世界病者の日ミサ[13:30]
於 東京カテドラル聖マリア大聖堂
*
17日 年間第6主日
*
聖歌練習[9:00]
*
軽食「シャローム」[11:30]
*
21日 山谷おにぎりの会[9:30]
*
24日 年間第7主日
タガログ語ミサ[15:00]
*
28日 聖体礼拝の会[10:00]

 

 

松戸教会公式ツィッターアカウントにて、毎日のミサ、行事や催し・勉強会のご連絡をしています。

是非、フォローをお願いします。

  • 第1週土曜日は、15時から18時まで聖体顕示を行っています。

 

  • フィリップ神父様は、13日から21日までお留守にされます。14日から21日までの朝ミサ・夕ミサはお休みになります

 

 

  • 毎週木曜日に行われているフィリップ神父様による聖書講座「主日のミサの聖書朗読」は、7日、14日、21日はお休みになります。

 

  • キリスト教講座(入門講座)金曜日クラスは、お休みの予定はありません。

 

  • キリスト教講座(入門講座)日曜日クラスは、お休みの予定はありません。



 |  |  |  |

青年の同人誌「野ばら」を編集チームが主催する朗読会が行われます!

日時

2月17日(日) 午後1時から

 

場所

カトリック松戸教会 地下ホール

 

内容

  1. 服部 剛氏のダウン症をもつ息子についてのお話と詩の朗読
  2. 野ばらのメンバーの詩の朗読
  3. 服部 剛氏と野ばらのメンバーの御言葉を味わう対談

 

参加費

無料

 

 
たくさんの方々のお越しをお待ちしています!

 

 

同人誌「野ばら」

青年有志たちで作っている同人誌です。
「野ばら」は、2016年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。
現在は、2019年1月13日に17号が発刊されています。

服部 剛

詩人(日本現代詩人会会員)
ドン・ボスコ社「カトリック生活」連載。
心のともしび「服部 剛の心の糧」
著書「詩集 我が家に天使がやってきた―ダウン症をもつ周とともに




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、本日・主の公現のミサのなかでフィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

8時のミサ

 

10時半のミサ

 

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
1月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!




 |  |  |  |

今日は、主の公現の祭日です。
本来、1月6日が主の公現の祭日ですが、日本は守るべき祭日でないので、1月2日から8日の間の日曜日に祝います。

 

「主の公現」とは…

神の栄光がキリストをとおして、すべての人に現れたことを祝う日です。
東方の三博士たちが幼子を礼拝した出来事を記念する。そこにすべての人を救う神の子の栄光の現れがある、という意味で「現れ」のお祝いです。

 

 

入堂の際には、教会学校の3人の子どもたちが一緒に入堂し、馬小屋にそれぞれ3人の東方の三博士像を安置しました。

 

 

 

子どもたちが扮した東方の三博士が、三博士像の安置を終えると、司祭が、祭壇・馬小屋に献香し、祝別します。

 

 

福音朗読……。

 

第1朗読 イザヤ書 60章1~6節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 3章2,3b,5~6節
福音朗読 マタイによる福音書 2章1~12節

 

 

三博士を務めた子どもたちも無事役割を果たし、ほっとしています。

 

感謝の祭儀が始まり、祭壇の準備が整うと、司祭が、馬小屋と祭壇に献香します。

 

 

 

 

 

神の栄光がキリストにおいて現れ、すべての人におよぶ救いの光が輝きはじめていることを賛美しました。
闇の中に光がさしこむかのように馬小屋に太陽の光が注ぎ、まるでキリストの降誕によって主が私たちと共におられることが明らかにされているようでした。




 |  |  |  |

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

さて、本日・1月1日は、神の母聖マリアの祭日です。(日本のカトリック教会では、守るべき祝日とされています)
御降誕から8日目の今日「イエス」と名付けられたことを祝うとともに、救い主の誕生の秘義においてマリアが果たした役割を思い起こす日と位置づけています。

また、「世界平和の日」とし、世界の平和のために祈る日ともされています。

 

 

カトリック松戸教会では、11時(31日深夜23時)、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

 

第1朗読 民数記 6章22~27節
第2朗読 ガラテヤの信徒への手紙 4章4~7節
福音朗読 ルカによる福音書 2章16~21節

 

 

元日ということもあり、ご家族でいらっしゃっている方々も多くも見られました。
元日に行われたミサの祭壇奉仕は、中高生が行ってくれました。みんな久しぶりということもあり、緊張していましたね。

派遣の祝福の際には、フィリップ神父様が、聖水をミサを与った方々に散水し、祝福してくださいました。