|  |  |  |

今日は聖金曜日です。
「ミサ」を捧げず、イエスの死を思う「主の受難の祭儀」が行われます。
全体は「言葉の典礼」「十字架の崇敬」「交わりの儀」の3つの部分で構成で行われます。

 

祭壇は、昨晩の「主の晩餐の夕べのミサ」の時に裸にしたまま、十字架も蝋燭も置かず、祭壇にも布をかけません。

 

 

入場されると、司祭は祭壇にひれ伏してしばらく沈黙のうちに祈られます。

 

 

福音書の朗読(「ヨハネによる主イエス・キリストの受難」)は、キリスト(神父様)、エバンジェリスト(語り手)、ピラト(朗読者)や群衆(会衆)などに分かれてキリストの審判の場面から受難の模様が朗読されます。

 

 

 

受難の朗読後、神父様の説教があり、その後、「盛式共同祈願」を行いました。
教会・教皇様・教会に仕える全ての人・洗礼志願者・キリストを信じる全ての人々・キリストを信じない人々・神を信じない人々・困難に直面する人々のためにそれぞれ祈りました。

 

 

「ことばの典礼」が終わると、司祭、侍者はいったん退堂され、「十字架の礼拝」が始まり、聖堂を去った司祭と侍者が、紫の布に覆われた十字架を捧げて聖堂に入ってきます。途中、三度、「見よ、キリストの十字架、世の救い、ともにあがめたたえよう」と歌われ、おおわれた布を徐々にはずしていきます。

 

 

 

 

 

顕示が終わると、十字架が祭壇の前を置き、司祭・奉仕者・会衆の順に行列して十字架の前に進み、深い礼をして崇敬を表します。その間、「十字架賛歌」「とがめの交唱」を歌います。

 

 

 

 

十字架の礼拝を終えると、司祭、侍者はまた一度退堂し、「交わりの儀」が始まります。

ご聖体が入堂し、祭壇に置かれます。主日のミサとは違い、司祭が主の祈りに招くと、主の祈りの副文と応唱を唱えた後、すぐに拝領前の信仰告白を唱え、拝領が始まります。

 

 

 

 

聖体拝領の後、司祭が集まった会衆のために祈願を唱え、退場し、典礼は終わります。

 

明日はいよいよ復活徹夜祭です。

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章13節~53章12節
第2朗読 ヘブライ人の信徒への手紙 4章14~16節・5章7-9節
受難の朗読 ヨハネによる福音書 18章1節~19章42節

 

 

(*注意)信徒の顔はプライバシーを考慮して修正をしています。



 |  |  |  |

今日は、「主の晩餐の夕べのミサ」が行われました。今日から、「聖なる過越しの三日間」が始まります。
聖木曜日の夕刻に行われるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うように命じた「最後の晩餐」を直接記念します。

 

今日の「主の晩餐の夕べのミサ」は、東京大司教区の寺西英夫神父様が司式をしてくださいました。

 

 

 

 

説教が終わると、イエス・キリストが最後の晩餐の夜、自ら弟子たちの足を洗うことにより、ご自分が「仕えられるためではなく、仕えるために来た」ことをお示しになったことを記念し、洗足式が行われます。

12人の信徒(使徒・ヤコブ<別名イスラエル>の子たちの数)が代表して、神父様に足を洗っていただきました。

 

 

 

 

 

 

キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うよう命じた最後の晩餐の記念します。共同体全体が1つに集まってささげるミサ本来の姿が表されます。そして、同じ1つのパンを分け合うことを通して、キリストとの一致を深く味わいます。こうして、ミサが一致の秘跡であり、キリスト者の生活の中心であることが明らかにされます。

 

 

 

 

聖体拝領後、司祭・侍者が祭壇上の全てのものを取り除き、裸の状態にします。そして、ご聖体を別の場所に移動します。キリストの受難と死がはじまったことのしるしです。

そして、ご聖体を仮祭壇に移し、献香してから聖体を仮の聖櫃におさめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に信徒たちは、左右に分かれ、詩編55と詩編27を唱和して祈ります。

 

 

 

その後、その場で閉祭の歌を歌い、閉祭となりますが、その後も仮祭壇の前でお祈りされている信徒の方が大勢いました。

 

明日は、主の受難の祭儀です。

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 12章1~8,11-14節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 11章23~26節
福音朗読 ヨハネによる福音書 13章1-13節

 

 

(*注)信徒の顔はプライバシーを考慮して修正をしています。




 |  |  |  |

4月14日(日曜日)、10:30からのミサ後、日本カトリック神学院の大山悟神父様をお迎えして「信仰年」の勉強会(第2回)が行われます。
去年11月25日に行われた1回目の講話会も非常に好評でした。多くの方の参加をお待ちしています。

 

テーマ『信仰を深める』

日時:2013年4月14日(日曜日) 10:30のミサ後(11:30頃より)

場所:松戸教会 地下ホール

講師:大山悟 神父 (日本カトリック神学院)

 

なお、第3回目は2013年6月23日(日曜日)を予定しています。




 |  |  |  |

四旬節最後の主日である今日は受難の主日(枝の主日)でした。聖週間が今日から始まります。

 

あいにくの空模様でしたが、幸いにも雨は降らず、10時半からのミサの前にはイエス様のエルサレム入城を記念し枝の式、枝の行列を行いました。

 

DSC00312_1

 

信徒は、下の広場で神父様をお待ちして、手に持った枝(棕櫚の葉)を祝福して頂きます。福音朗読があり、その後、お御堂まで聖歌を歌いながら神父様に続いて聖堂に向かいます。

 

DSC00323_1

 

DSC00325_1

 

DSC00315_1

 

福音朗読 ルカによる福音書 19章28-40節

 

DSC00330_1

 

入堂後のミサのなかで行われる福音書の朗読は、イエス様の受難の箇所を神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。(普段のミサの福音書の朗読は、司祭(助祭)が行います)

いよいよ典礼暦の頂点「主の過ぎ越しの3日間」が、近づいてきます。

 

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節
第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節
受難の朗読 ルカによる福音書 23章1-49節

 

(*注意)信徒の顔はプライバシーを考慮して修正をしています。



 |  |  |  |

IMG_0901

 

松戸教会では、東北支援活動の一環として、毎月、第3日曜日に「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を行っています。
今月もわざわざ福島から数時間かけて来てくださり、おいしい野菜を販売してくださっています。

 

IMG_0902

 

今月のおすすめは芳香な香りと甘さの「とちおとめ(いちご)」です。
いちごは5月6月くらいまで購入できるようです。そのあとは、さくらんぼ、もも…と続くそうです。
福島のフルーツは美味しくて有名ですから楽しみですね。

 

● 仙台教区サポートセンター・福島デスクのブログ