|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を奇数月第3週に行っています。
今月はもうすっかり秋モード。秋のフルーツなどが並び始めます!

 

 

● 今月のおすすめ品

桃(暁星)

暁星は、あかつきの枝変わりとして発見された桃です。福島県伊達郡で育成され、1986年(昭和61年)に品種登録されました。
サイズは240~260gくらいの中玉で、甘味が強くて酸味は少なめです。果肉は乳白色で紅色が差すこともあり、果汁が多くてなめらかな口当たりです。また、肉質は緻密でかたく、日持ちがよいのも特徴です。収穫してすぐなので、1日2日、見ていただいて召し上がると、食べごろになるそうです。
あっという間に売り切れてしまいましたね!

 

黄桃(黄ららのきわみ)

ゆうぞらと川中島白桃の交配から生まれた『黄ららのきわみ』は、名前の通り、黄色い外見と果実の桃です。『黄ららのきわみ』は黄金桃、甘甘燦燦、黄貴妃に続く黄色く珍しい品種として、菱沼農園でも2015年度より収穫と出荷を開始した新しい品種のひとつです。肉質は、硬めの桃ですが、追熟させて、3,4日常温で置いて、柔らかくなってから食べるととてもちょど良いです。眩しいくらいに黄色い外見と水々しさを兼ね備えた果実が特徴的です。

 

ぶどう(高尾)

果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。生産方法や販売方法などについての試行錯誤を繰り返しながら、次第に認知され、現在「高尾」は贈答用高級ブドウのブランドとして定着しています。 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
ナスなど秋を感じさせる野菜もありますね!葉物はシャキとして新鮮さが伝わります!

 

 

次回は、11月の第3週11月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

  • NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクトのブログ

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

宮原神父様には、年間第22主日のミサの翌日の月曜日の朝ミサも主司式していただき、お別れとなりました。
別れを惜しみ、多くの信徒が朝ミサにも参加しました。(普段、朝ミサには参加されない信徒もたくさんいらしゃいました)

 

宮原神父様の叙階記念カードです。
実は、松戸教会の信徒がデザインしたものでした。叙階記念カードは、たくさん持ってきてくださったのですが、あっという間になくなってしまいました。

 

宮原神父様、本当にお忙しい中、松戸教会の信徒のために来ていただき、本当にありがとうございました!

これからのご活躍、心からお祈りしています!




 |  |  |  |

初ミサのパーティ後、青年達で集まり、宮原神父様の叙階のお祝いと初ミサのお礼の感謝の会を開きました。

 

宮原神父様のお導きで、食前のお祈り!をして、乾杯!!

 

近況を報告し合ったり、青年から教会の事を相談をしたり、いろいろ盛り上がりました。

 

先に帰る(教区報のある記事で載っていた)青年に、神父様からの「訓示」!

 

所用があり、遅れてきた青年達も近況を神父様に伝えます。(こちらは、某アイドルグループの握手会に行った際に、握手したメンバーを全員報告しています…)

 

宮原神父様のお導きで食後の祈りをして、散会となりました!

 

 

お別れする前に、祝福を受けます!

 

ロザリオの祝福もしていただきました。

 

 

残ったメンバーは、青年恒例のラーメン締め!

 

 

その後も、夜遅くまでお付き合い頂き、青年とお酒を酌み交わしました。
本当にありがとうございました。

青年達が長崎に行った際には、是非訪問させていただきます!
これからも、松戸教会の青年たちのためにお祈りをお願いいたします!




 |  |  |  |

本日・年間第22主日の10時半のミサ後、宮原神父様初ミサの祝賀会が行われました。

 

 

まず、司牧評議会委員長から開会の挨拶があり、伊藤神父様から初ミサにお越しいただいた宮原神父様に感謝の言葉がありました。

 

 

宮原神父様から改めてご挨拶していただきました。

 

 

そして、司牧評議会委員長からも挨拶があり、乾杯!!

 

 

祝賀会の間、宮原神父様のもとには、お食事をする暇がないほど、信徒たちが集まります。
お祝いを述べたり、お話されたり、祝福をお願いする方々、そして、記念撮影をお願いする方々が行列になってしまいました。

 

宮原神父様にお世話になった中高生や教会学校の子どもたちも集まりました。

 

 

宮原神父様には、教会学校など、様々なご奉仕を頂くなど、本当に大変お世話になりました。
これからの活躍をお祈りしています。

上京した際には、是非、松戸教会にお立ち寄り下さい!お待ちしています!




 |  |  |  |

本日、年間第22主日のミサは、2018年4月から2019年1月まで松戸教会で司牧実習され、3月21日(日)に司祭叙階された長崎教区の宮原大地神父様を浦上教会からお迎えして、初ミサが捧げられました。

 

 

多くの方々が、初ミサの恵みに与りました。

 

 

司祭としての初めてのお説教。
浦上教会での司牧のお話もしてくださり、近況をお伝えくださるとともに、その中で気づかれた「へりくだる」という事について、分かりやすくお話しくださいました。

 

 

感謝の祭儀が始まり、奉納が行われます。

 

私達、松戸教会の信徒の前で初めての聖変化。

 

そして、聖体拝領。

 

 

聖体拝領後、司牧評議会委員長より、松戸教会を代表して初ミサの感謝の気持ちが贈られました。

 

改めて宮原新司祭よりご挨拶を頂きました。

 

そして、派遣の祝福!

 

 

初ミサのお約束を果たして頂き、本当にありがとうございました。
土曜日・日曜日に行われた全ての主日のミサを司式して頂き(月曜日の朝ミサも司式して頂きました!)、多くの方々が初ミサの恵みを味わえたことに、信徒一同、心から感謝しています。

10時半からのミサ後、祝賀会が行われました。

 

本当にありがとうございました!