|  |  |  |

毎月、第1週、小集会室で中高生の勉強会が行われています。
今月は、参加したのは5人。

今月も、「洗礼」を意識した内容を行います。
堅信を受けたメンバーも、もう1度「キリスト者になる」ということはどういうことか思い起こしてみましょう。

 


 

 

今月のテーマ

● 聖霊降臨 ●

 

今月も、求道者の高校生が参加するということで、入門講座の内容に合わせて行おうと思います。
今日のテーマは、聖霊降臨です。
この内容は、堅信を受ける際にも勉強しましたね。求道者の高校生も堅信に与る際にもう1度しっかり勉強することになると思います。

 

 

まず、はじめに典礼聖歌集の352番を開いてみてください。
毎年、聖霊降臨の主日にこの曲を歌います。ミサのどの場面で歌うか、覚えていますか?堅信を受けたメンバーは、もちろん覚えていると思います。(お・覚えているよね?)
…………この曲は、アレルヤ唱の前に、助祭が先唱をして歌います。

では、聖霊降臨の主日以外で、続唱を歌う日はいつですか…?(ヒント…カトリック教会にとって1年で一番大事な日です)
はい。そうですね。復活祭の日(復活の主日-日中-)ですね。
つまり、この「聖霊降臨の主日」というのは、復活祭に匹敵するくらい教会にとって大事な日だということです。続唱を歌うのは、教会にとって、つまり、私たちにとって、本当に大事な日だけです。

 

さて、イエス様は、ご復活後、何日間、弟子たちと共に過ごしたか覚えていますか?
………40日間ですよね。
この『40』という数字…もちろん、意味があります。
例えば、ノアの洪水は40日40夜続きました。出エジプト記 34章28節 や申命記9章18節によれば、モーセもシナイで、四十日四十夜、パンも食べず水も飲まず主の前にひれ伏しました。そして、ユダヤ人たちは約束の地に入るまで、40年間荒れ野を彷徨いつづけました。またエリヤが、まことの神を信じない女王イゼベルの手をのがれようとシナイ山に向かって歩んだ日数も、同じく40日40夜でした(列王記上 19.8)。そして、イエス様が洗礼者ヨハネから洗礼を受け、荒れ野で過ごしたのも40日間でしたね。
求道者の高校生が洗礼に受ける復活徹夜祭の前には、四旬節という「洗礼を受ける準備をする」暦があります。私たちは、逆に「洗礼を受ける方々を迎い入れる準備をする」暦ですね。四旬節という名前の通り「40日間」(実際の日にちは、主日があったりして変わってきますが…)です。
これらの事に共通していることは分かりますか?
そう、これらの時間は「試練」だったり「修練」だったり…「何かを準備する時間」です。つまり、40という数字はそういう意味が含まれているわけです。

では、このイエス様がご復活されてから、弟子たちのもとに現れたこの40日間は、何を準備する時間だったのでしょうか?
そうですね。昇天されたイエス様に代わり、キリストの体となる教会を作り、全世界の人々に福音宣教する役割を担うための準備ですね。
この期間に、イエス様は、聖ペトロに3度自分を愛しているか問い天国の鍵を受け取り教会の頭になることを命じられたり、これから「迫害にあう」弟子たちが、福音宣教をするための準備をされました。

それでは、聖書を開いてみましょう。
ヨハネによる福音書 14章16-17節を開いてください。

 

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。 

 

 

イエス様が昇天された後、今度は「聖霊」を遣わし、永遠に私たちと一緒にいてくださるようにして下さる。と約束して下さいました。弁護者というのは、聖書が書かれているギリシャ語を直訳すると「そばにいて助けてくださる方」と意味になります。弁護者というと弁護士みたいなイメージになってしまいますが、この「そばにいて助けてくださる方」という方が分かりやすいよね。しかし、イエス様が仰っている通り、「見ようとも知ろうともしない」人たちは、聖霊を受け入れることは出来ません。でも、私たちは聖霊がどのような方か知っています。そう、私たちはイエス・キリストという存在を知っているからです。

そして、その続きの26節にはこうあります。

弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。

 

共にイエス様の受難・死・復活を経験したにも拘らず、全てをまだ理解していない弟子たちが、全てを理解することができる。そして、聖霊によって、イエス様と同じような権能を得ることが出来る、そうおっしゃっています。しかし、もちろん、この時、弟子たちは何を言われているのか、何も理解していません。

 

ご復活してから40日後、イエス様は体ごと天にあげられました。それを見送っても弟子たちはまだ何も理解できていません。
「目の前にある事実」を見る事とその奥にある「真実」を見る事は全く意味が違うのです。私達人間には、それはとても難しいですよね。

 

そして、その10日後(つまり、ご復活から50日後)……イエス様が約束されたことが起こります。
その日、イスラエルでは、イスラエルの民がシナイ山でモーセを通して神様から『十戒』を与えられ、神様と契約としてことを記念した(出エジプト記 19章1~16節)五旬祭という祭日でした。世界中にいるイスラエルの民が集まり、お祝いしていました。(五旬祭は、過越祭から50日後に行われる)
一方、弟子たち、使徒達やマリア様は、迫害を恐れ、隠れて暮らしていました。イエス様を磔刑に追い込んだサドカイ派やファリサイ派、そして、長老たちは、イエスの弟子たちも当然捕まえ、罪に問おうとしていたからです。まだ、今に固執し、本当に価値あるもの、永遠の命に与る事を信じれないでいたんですね。喜びよりも恐怖に支配されていたといってもいいかもしれません。

では、使徒言行録2章1~4節を読んでみましょう。

五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。 
そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

 

 

使徒たち、そして、マリア様は、おびえて1つの部屋に籠っていた。誰かに見つからないように…人目を避けながら、どうすればいいのか?彼らは恐怖のなかにいたことでしょう。
その時、イエス様が約束して下さったことがこの時起こったのです。
その瞬間、「聖霊」によって、使徒たちはすべてを理解しました。そして、世界から集まった人たちに、その人たちの言葉を使い、「喜び」を伝え始めます。
ただの(もちろん、聖書の学識もなく、ヘブライ語も、ギリシャ語も話せない)漁師であった人が、常に共いてくださる聖霊により、イエス様と同じ権能を得て、人間を漁る漁師になった瞬間です。
彼らは、部屋を出て、福音宣教を開始します。もう恐怖はありません。喜びと力に満ち溢れています。

 

 

この日から、弟子たち、つまり、わたしたちによる「福音宣教」が始まりました。
堅信のための勉強をした時にも言いましたよね。「堅信を受けたその日から、私たちは福音宣教の使命」を負います。前も話しましたが、「キリスト教を信じてください」と大勢の人たちに伝えるのが「宣教」ではありません。福音とは、「よい知らせ」という意味でしたね。神の国が始まったという「よい知らせ」を知り、感じ、そこに喜びを感じる。喜びを感じた人は、いてもたってもいられず、みんなに知らせたくなる。神様、イエス様に出会える喜び、神の国が始まっている事の喜びを伝えるのが福音宣教です。使徒たちと同じように、私たちも、喜びを伝え、イエス様からキリスト者の掟を守り、周りに喜びを伝える者になります。
そして、同時に私達信者は、聖霊によって、キリストの体として、1つになりました。つまり、この日は、教会がうまれた日です。
そう、だから、神様・イエス様・聖霊という三位一体の神を信仰し、一人のキリスト者として、福音宣教する…そのために神様の慈しみのあらわれである聖霊の慈しみを願いながら、聖霊降臨の主日には「聖霊の続唱」を歌います。
この歌は、聖霊への祈りというお祈りでもあります。
みんなでいっしょにお祈りしてみましょう。

 

聖霊の続唱

聖霊来てください。
あなたの光の輝きで、わたしたちを照らしてください。

貧しい人の父、心の光、証の力を注ぐ方。
やさしい心の友、さわやかな憩い、ゆるぐことのないよりどころ。
苦しむ時の励まし、暑さの安らい、憂いの時の慰め。
恵み溢れる光、信じる者の心を満たす光よ。

あなたの助けがなければ、すべてははかなく消えてゆき、だれも清く生きてはゆけない。

汚れたものを清め、すさみをうるおし、受けた痛手をいやす方。
固い心を和らげ、冷たさを温め、乱れた心を正す方。

あなたのことばを信じてより頼む者に、尊い力を授ける方。
あなたはわたしの支え、恵みの力で、救いの道を歩み続け、終わりなく喜ぶことができますように。
アーメン。

 

 

 

さて、みんなは、聖霊をどんな時に感じますか?
1人ひとり聞いてみましょう…(正解不正解なんてないから…)

 

 

そうですね。
色々な時に聖霊を感じれると思います。
イエス様が言っているように、みんなはもう聖霊がどんな方だか知っているはずです。
「神様・イエス様を感じれた時」「神様・イエス様の慈しみを感じれた時」それは、聖霊が働いているのです。
みんなが答えてくれたように、聖変化やご聖体を頂く時も、そうでしょう。他にも、人のやさしさを感じた時、思わぬ助けを受けた時…みんなそうですよね。

 

そして、私たちが、堅信を受け、聖霊を受けた時、7つの賜物を受けます。
イエス様のようになるために必要な7つの要素と言ってもいいかもしれません。人によって、神様から与えられたミッションによってそれらがどう働くか…私たちには分かりません。
しかし、祈りによって、私たちはその賜物を強めることが出来ます。
みんなのなかにある賜物を、強めるために神様に聖霊に祈ってください。

それでは、7つの賜物の説明を1つ1つしていきます。

 

  1. 上智

    • すべてのことを神の眼差しで見る恵み。
      わたしたちは物事を自分の好みや、その時の気分で、愛や憎しみや妬みをもって眺めてしまうことがあります。しかし、これは神の眼差しではありません。上智は、わたしたちがすべてのことを神の目で見るようにとの、聖霊の働きかけです。
  2. 聡明

    • 物事の深みを神が理解するように理解できるようになる恵み
      この賜物により、物事を神の聡明によって、神が理解するように理解させてくれます。
      『人の目が見たことも、耳が聞いたことも、心に思い浮かんだこともなかったことを、神はご自分を愛する者たちのために用意された』神はわたしたちにそのことを聖霊を通して啓示してくださいました。(1コリント 2,9-10)。
  3. 賢慮

    • 神との交わりのうちにイエスやその福音の論理に従ってどのように行動すべきかという具体的な選択を可能にする賜物。
      わたしたちが心の中に聖霊を迎え入れたとたん、聖霊はすぐにわたしたちの考えや感情、意向を神のみ心に沿って方向づけ始めます。そして同時に、心の目をわたしたちの行動、そして父なる神や兄弟たちと関わりの模範としての、イエスの方に常に向けさせます。
  4. 勇気

    • 神のみ言葉の成長を妨げるわたしたちの心の土地を、主のみ言葉を喜びの中に実行できるよう、無気力や不安やすべての怖れから解放してくれる恵み。
      自分自身や愛する人々の生活を揺さぶる非常に苦しく困難な体験に直面している人々が置かれた状態にある時、神の御旨を実行できる力。
      「勇気」の賜物を得るためは、わたしたちの心の謙遜が必要です。そうすれば「わたしに力を与えてくれるお方において、わたしは何でもできる」と聖パウロと共に言うことができるのです (フィリピ 4,13)。
  5. 知識

    • 被造物を通して神の偉大さやその愛、すべての被造物と神との深い関係をわたしたちに理解させてくれる恵み。
      大自然の美と宇宙の壮大さにおいて、わたしたちはすべてが神とその愛を語っていることに気づくのです。これらはわたしたちの中に大きな驚きと深い感謝の念を引き起こします。それは、わたしたちが芸術作品や、天才や創造性のすばらしい実りを目にして感じるのと同じ感覚です。これらを前に、聖霊は、わたしたちに心の底から神を賛美させ、それらの中に神の計り知れない恵みと、わたしたちへの神の無限の愛のしるしを認めさせてくれるのです。
      「知識」の賜物は、このように、美をわたしたちに見せてくれます。神を賛美し、これほどたくさんの美を与えくれた神に感謝しましょう。
  6. 孝愛

    • わたしたちの神へも帰属、神との深い絆を示す恵み。
      「孝愛」は真の宗教心、神に対する子としての信頼、そして心の謙遜な人々の特徴である、愛と単純さをもって祈る能力。
      その絆は、たとえ大きな困難や苦悩の中にあっても、わたしたちの生活全体に意義を与え、神との交わりの中にわたしたちをしっかりと支えてくれるものなのです。
  7. 主への畏敬

    • わたしたちが神とその愛を前にいかに小さい者であるか、そして謙遜と尊敬、信頼をもって神の御手に自らを委ねることが大切であるということを思い出させてくれる、聖霊の贈物。
      主への畏敬は、すべては神の恵みによるものであり、わたしたちの真の力は、主キリストに従い、御父からその優しさと憐れみを注がれることにあると悟らせます。神の優しさと憐れみがわたしたちに注がれるように心を開くことが出来るようになります。

 

 

聖霊によって、私たちと神様、そして、わたし達キリスト者同士が繋がっていくのが分かりますか?
前も話しましたが…十字架のしるしでもわかる通り、私たちは、神様とイエス様、そして、聖霊、キリスト者の繋がりの中にいます。
賜物を頂き、私たちは、その繋がりをより強くするのです。
そして、私たちは、賜物を頂き、より強く神様の心に適う者として生きれるようになれます。私たちは、イエス様のように、悪魔の誘惑に勝ち、神様を求めます。それによって聖霊の実を得られるのです。聖霊の実は、愛、喜び、平和、忍耐、親切、善意、寛容、柔和、誠実、謙遜、節制、貞潔です。聖霊の実は、神様の存在、聖霊の働きがあることを示してくれます。イエス様の存在を感じさせてくれます。

 

よく人生を自分1人で生きていると思っている人がいます。
よく「私は負けない」と言いながら、歯を食いしばって、何かと戦っている人がいます。
でも、その人たちは一体何と戦っているのでしょうか?
人の悪意を感じたり、自分以外の価値観を持つ人とでしょうか?挫けそうになる自分とでしょうか?

これから、みんなも高校受験や大学受験、就職活動や社会に出て様々な困難に当たると思います。でも、それは「戦い」ではありません。
人の悪意も自分以外の価値観とも争う事はありません。だって、たとえ、それに勝ったとして、勝利の先に何がありますか?

そう思う時、聖霊への祈りを唱えてみてください。
「人の悪意と感じるもの」「違う価値観」と決めたのは、自分というエゴの塊です。裁くのは、神様であって、自分ではありません。私たちは、弱い生き物ですし、原罪をおっていますから、つい「正義を自分に置いてしまう」ことがあります。
たとえば、戦いは、相手がいないと出来ません。むしろ、より強い結びつきを持った友人なんです。それなのに、それを「敵」と感じてしまうとしたら、それはまさに悪霊の誘惑に負けているようなものではないですか?
私たちがもし戦うとしたら、自分以外の人間を敵と思ってしまう自分の弱く貧しい心とです。

 

人生は、個人戦ではありません。人生は、チーム戦です。
私の出来ないことは、みんなが出来ます。みんなが出来ない事は私が出来ます。そうやって、お互いが助け合って、生きていくのです。これは、頑張らなくていいということではないですよ。むしろ人の分まで頑張らないといけないということです。自分の役割を果たせなければ、人に迷惑が掛かります。ただ、その時、決して1人ではないという事です。みんなが悲しい時、一緒に歩むみんなも悲しみます。みんなが嬉しい時、一緒に歩むみんなも喜びます。
みんなそれぞれの人生は、自分だけのものではなく、みんなのものです。そして、神様のものです。

そんな事言っても、結局、自分を救うのは自分と思う人がいるかもしれません。

でも、ありませんか?
なんでこんなにうまくいくんだって時。
ありませんか?
その時、願いが叶わくても、違う時、違う機会に、思わぬところで、誰かがそれを覚えていてくれて、それが違う形で叶ったこと?
みんなも誰かが頑張っていたら応援したくなるし、頑張っていることを覚えていたりしませんか?

だから、もし困難にあったら、もし「結局、自分を救うのは自分」という風に思ったら、聖霊に祈りをささげてください。そして、人生はチーム戦だという事を思い起こしてください。
みんなが誰かを支え、そして、誰かに支えられている。みんなが誰かのために祈り、誰かに祈られているということを忘れないでください。
常に側にいてくださる「聖霊」を忘れないでください。

 

それでは、最後に主の祈りを唱え、終わりにしましょう。

 

 


 

来月の勉強会は11月5日、9時15分から行われます。
筆記用具をもって、集合して下さい。
来月も、求道者のための内容にします。みんなももう1度自分の信仰について基礎から考えてみる良い機会です。
是非集まってください!




 |  |  |  |

毎月、第1週、小集会室で中高生の勉強会が行われています。
今月は、参加したのは3人。

今月から、求道者の高校生も正式参加ということで、「洗礼」を意識した内容を行います。
堅信を受けたメンバーも、もう1度「キリスト者になる」ということはどういうことか思い起こしてみましょう。

 


 

 

今月のテーマ

● バルティマイのお話 ●

 

今月から、求道者の高校生が参加するということで、求道者のメンバーが、入門講座を休んでも大丈夫な内容にしたいなぁと思います。(出来るだけ同じ内容のものに出来たらと思います。)既に堅信を受けたメンバーも、良い機会ですから、もう1度「キリスト者になる」とはどういうことか、考えてもらえたらなぁと思います。

(今日は、先日、帰天された小川神父様のために子どもたちと一緒にお祈りするために、途中で教会学校の始業式に参加します。9時半になったら1度御聖堂に行きましょう)

 

さて、今日は、「バルティマイの話」をしたいなぁと思います。この話は、何度か話したことがあります。覚えていますか?
バルティマイの、「バル」というのはアラム語で、息子って意味です。つまり、バルティマイは、「ティマイの子」という意味ですね。他にも、使徒にはバルトロマイという方がいらっしゃいますね。「トロマイの子」という意味です。

実は、この話、マルコ福音書にしか載っていない話です。
前にも、お話しましたが、福音書はそれぞれ書かれている時代や誰に向かって書かれたかが違います。

  • マタイ福音書

    使徒聖マタイによって記された福音書。A年の年の福音朗読となる。70年代に成立したとされている。
    イエス様とともに行動した使徒である聖マタイが、主にユダヤ人のために記されたとされる。

  • マルコ福音書

    聖マルコによって記された福音書。B年の年の福音朗読となる。60年代に成立したとされている。
    聖ペトロや聖パウロと共に行動した聖マルコが、ユダヤ教の理解のあまりない異邦人のために記されたとされる。

  • ルカ福音書

    聖ルカによって記された福音書。C年の年の福音朗読となる。70年代に成立とされている。
    聖パウロと行動を共にした聖ルカが、ローマやギリシャの身分の高い人々、高い知識を持った人々のために記されたとされる。

  • ヨハネ福音書

    使徒聖ヨハネによって記された福音書。待降節や四旬節や復活節などに朗読される。100年頃に成立とされている。
    イエス様とともに行動した使徒である聖ヨハネが、4つの福音書の一番最後に記したとされる。

 

マタイやマルコ、ルカ、ヨハネは、自分の共同体やその時代に必要なメッセージを込めたからでしたからですよね。
だから、時代背景やその共同体の現状によって、内容が少しずつ変わります。同じ出来事でも違うように書いてあったり、このバルティマイの話のように、ある福音書には載っているけど、他の福音書には載っていない話というものもあります。
福音書は、聖霊が福音記者を導き、福音記者によって記されたものです。私たちが、福音をより深く理解出来るように、そして、救いの源となるみ言葉を深く味わえるように、4つの福音書を用意して、4つの視点から私を導いています。

 

さて、では、まず、マルコ福音書10章46節を開いてみましょう。

 

一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人が道端に座って物乞いをしていた。
ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と言い始めた。
多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。
イエスは立ち止まって、「あの男を呼んで来なさい」と言われた。人々は盲人を呼んで言った。「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。」
盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。
イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。
そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。

 

 

はい。
ありがとうございます。

この話には、いくつかのポイントがあります。
では、順に追って話をしていきましょう。

  1. エリコという町

    このエリコという町は、有名な街ですね。
    旧約聖書のなかでも、モーセの後継者ヨシュアが、約束の地であるカナンに入る時に、始めに戦闘を行った話が記されています。
    その時に、エリコの人々は城門を堅く閉ざし、誰も出入りすることができませんでした。しかし、神様の言葉に従い、イスラエルの民が契約の箱を担いで7日間城壁の周りを廻り、角笛を吹くと、その巨大なエリコの城壁が崩れ、エリコを占領できたというお話です。(ヨシュア記6・20参照)
    ヨシュアはヘブライ語の呼び方で、アラム語で読むと「イエス」になります。そう、イエス様と同じ名前の預言者です。ヨシュアは、このエリコを足掛かりに「カナンの地」に王国を築きます。そして、イエス様は、この後、エルサレムに入城し、受難・死、そして、復活し、私たちに神の栄光と神の愛を示してくださいます。

    ヨシュア、イエスという名は、「神は救う」という意味です。まさに2人とも、受けた名前にふさわしいことをなさったわけです。

  2. バルティマイという盲人が道端に座って物乞いをしていた

    もう1度、当時のユダヤ人社会について、思い出してみましょう。
    当時、ユダヤ人といわれる人は、「ヤコブ(イスラエル)の12人の子の子孫である12部族の民であること」、そして、「ユダヤ教に信仰をおいている人」という2つの条件がありました。そのどちらかが欠けても、ユダヤ人とは呼ばれません。
    例えば、異邦人と呼ばれる人も聖書には出てきますよね。他にも、サマリア人も出てきます。彼らは、ユダヤ教を棄教してしまっていたり、または、(ユダヤ教を信仰していても)混血してしまったりした人々ですので、条件にあてはまりませんよね。彼らは、ユダヤ人社会の外の人として認識されます。
    そして、バルティマイのような盲人はもっと悲惨でした。
    当時ユダヤ人社会では、盲人や皮膚病、足の不自由な人などは、「神さまから罰を受けている人」とされ、人々はその人たちとの関係を断ちます。自分も罪を負うことになってしまうからです。ですから、当然のように「仕事にもつけず、友達もいない」という状況になってしまいます。つまり、バルティマイは、ユダヤ人でありながら、ユダヤ人社会の外にいる人ということになります。だから、彼は「物乞い」をするしかない状況になってしまうわけです。
    想像してみてください。
    目も見えず、友達もいない。誰も助けてくれない。働けない。生きている意味すら感じられないかもしれません。
    まさに真っ暗闇の中にいる状況ですよね…

  3. ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください

    前にもお話ししましたが、「ダビデの子」というのは、「キリスト」という意味ですね。
    そして、聖書の中で、「憐れむ」という動詞は、「神様やイエス様」にしか使われない言葉です。だから、この「憐れむ」という言葉を使うこと自体、すでに「神様」や「メシア」に向かって言っているのと同じ意味になります。
    ちょうど先週(年間第21主日)、聖ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と、答える箇所が福音朗読でした。
    バルティマイは、聖ペトロのように弟子としてずっとイエス様の側にいたわけでもなく、数多くの奇跡を実際に目の前で見たわけでもありません。きっと、どこで誰を救ったとか、どのような話をし、ファリサイ派や長老たちと言い争ったか(論破したとか)等の噂話をしているのが聞こえてきたのでしょう。いつしか興味を持ち、自分でイエス様の話を聞いて回ったかもしれません。そして、「自分を救えるのはイエス様しかいない」と思うようになったのでしょう。
    バルティマイにとって、イエス様が自分の住むところに現れたことが人生において、最大の、そして、最後のチャンスだったのかもしれません。
    だから、(もちろん、そういう人物-神様から罰を受けている人-が来ればイエス様を守るために、そして、自分達が関わらないために、止めようとするでしょうが、)誰が止めても、イエス様のいるだろう方角に向かって大声で「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と、叫び続けたのでしょうね。
    もうイエス様しか、神様しか頼るものがない!助けてほしい!まさに、必死に、心の奥底から、イエス様を、神様を求める光景が浮かびますよね。
    バルティマイの気持ちになって考えれば、みんなにもわかると思います。

    教会に集う人たちの気持ちをここで当てはめてみてください。

     

  4. 行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。

    イエス様は、必死で自分を呼び続けるバルティマイを呼ばれます。
    バルティマイは「上着を脱ぎ棄てて」と、ありますね。当時は一枚布のチュニックのような「下着」をまず来て、マントルのような「上着」を着ます。
    バルティマイにとって、「上着」は「彼の持っている全て」だったに違いありません。
    全てを捨てて、呼んでくださったイエス様のところにバルティマイは駆け付けます。
    そして、イエス様に目が見えるようになりたいと訴えます。
    そのバルティマイにイエス様は、何をなさるわけでもなく、ただただ「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った」と、言います。
    旧約の預言者達も数々の数々の奇跡を起こします。死んだ人を生き返らせたエリヤやエリシャもいます。
    しかし、イエス様のように何もせず「ただ言葉をかけるだけで癒した」という事はありません。これは、神そのものであるイエス様と、「神様の言葉を預かる」預言者の違いなのでしょう。

    この言葉「あなたの信仰があなたを救った」という言葉は、他の箇所でも見ることが出来ます。

    1. マルコによる福音書 5章34節
      ヤイロのもとへ行こうとされる時に、「十二年間も出血の止まらない女」がイエス様に触れ、病気が治った時…
    2. ルカによる福音書 7章 50節
      ファリサイ派のシモンの家で食事をしている時に、罪深い女が後ろからイエス様の足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエス様の足に接吻して香油を塗った時…
    3. ルカによる福音書 17章 19節
      重い皮膚病を患っている十人を癒された後、唯一サマリア人が大声で神を賛美しながら戻って来て、イエス様の足元にひれ伏して、イエス様にお礼を言った時…。

    私(イエス様)が救ったのではなく、「あなたの信仰が、あなたを救った」と、イエス様は仰います。こんなうれしい言葉ないですよね。
    私たちが何かをイエス様のために何かしたからでもなく、ただただ「イエス様を神の子、メシアと尊び、神のいつくしみを深く求める信仰」が、私たちを救うということですよね。
    神様が、アブラハムやイサク、ヤコブと契約された時、そして、罪のないイエス様を十字架上での死、復活を通して、新たに契約を結ばれた際に、まったく私たちに条件が与えられなかったように、イエス様は癒すために、私たちに「何かの条件」を、与えたわけではありません。

    ただただ「全てを捨て、神様を信頼し、そのいつくしみを求める」こと、そんなシンプルなことが私たちを救う。こんなうれしいことがありますか?

  5. 盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。

    始めに、この話を始める時、マルコ福音書にしか載っていない話と言いましたよね。
    数多くある「盲人を癒す(目を見えるようにする)話」のなかで、この話は、盲人の名前「バルティマイ」という名前をわざわざ残しています。
    当時のマルコの共同体(ユダヤ教の理解がない異邦人たち・ローマの人たち)の間でも「バルティマイ」は知られた存在だったのではないかと言われています。
    つまり…「なお道を進まれるイエスに従った。」とあるように、大変な迫害にあっていた当時の初代教会の1人として、彼は信仰を守っていたのでしょう。

    さて、そのバルティマイは「元・盲人」として有名だったのでしょうか?それとも、「元・物乞い」として有名だったのでしょうか?「元・可哀想な人」としてでしょうか?
    きっと、違いますよね。
    彼がその後どのような人生を歩んだのか、聖書には残されていませんし、分かりません。
    でも、きっと「イエス様によって目が見えるようになって、初めてバルティマイは、何の色もつかない、バルティマイというひとりの人として、アイデンティティを取り戻し、他の人との関わりを持つことが出来た」のだと思います。それは、彼にとって、目が見える事より、はるかに嬉しかったことではないでしょうか?

    だから、彼はずっと残り続け、「イエス様に従いつづけた」のだと思います。
    バルティマイが有名だったのは、まさにバルティマイこそが「福音の見える現れ」であり、「神の国の欠片」だったからではないでしょうか。
    そして、バルティマイの喜びが、迫害にあう人々を支えていたのではないでしょうか。きっとですけど…

    みんなは、どうでしょうか?
    それぞれみんな「イエス様に呼ばれ」集まった者たちですから、一人ひとりの喜びに満ちた共同体になるはずです。
    アイデンティティを取り戻した本当の自分は、「極めて良い(創世記1章31節)」ものです。
    そして、マタイによる福音書6章33節には、こう記されています。

    神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、他のものはそれに添えて与えられます

    共同体に受け入れる側も、これから洗礼を受ける側も、バルティマイが上着を脱ぎ棄てて、イエス様のところにいつくしみを求めてきたように、まず全てを捨て、イエス様のところに集い、他の人と関わりあう事によって、喜びに満たされます。そうすれば、他のものは自ずとそれに添えられて与えられます。だから、神様を信頼して、全てを捨てて、飛び込んでみてください。

 

 

さて、時間も押し迫ってきたので…そろそろまとめます。
私たちもバルティマイのように、強い信仰を持つことが出来れば、どれだけ幸せでしょうか?
こんなシンプルな事が私たちには、なかなかできないでいます。
福音書のなかには、神様を求めて、神様のいつくしみに触れたくてもがいている人たちがたくさん出てきます。
私たちは、そういう方達の信仰から、多くのことを学べるはずです。

前も言いましたが、このバルティマイの「ダビデの子イエスよ、あわれみたまえ!」は、立派なお祈りです。

「主よ、憐れみたまえ」

これから、ミサのなかで私たちは歌いますよね。歌は祈りです。
私たちが、バルティマイのように「全てを捨てて、あなたのもとに歩めますように!」という強い思いで歌ってみてください。

それでは、最後に主の祈りを唱えて終わりにしましょう。

 

 


 

 

来月の勉強会は10月1日、9時15分から行われます。
筆記用具をもって、集合して下さい。
来月は「聖霊降臨について」勉強します!




 |  |  |  |

今日は、中高生の集まりが行われました。
普段、なかなか教会に来れない中高生が夏休みの機会にみんなで集まろうという企画です。

(兄弟が参加した教会学校の子どもたちも含め)高校3年生から中学1年生まで、午後5時半から集まり、フィリップ神父様にもご参加頂き、親交を深めました。

 

まずは、乾杯!

 

みんなでお肉をみんなで頬張ります!
今日の日のために、教会の方や保護者の方々が用意して下さいました!

 

 

青年たちが置いているグルーブやボールを使って、キャッチボールをしたり、水風船で遊んだり…お腹いっぱいになった後はみんなで話したり、遊んだり…

 

仕事を終えた教会学校のリーダーも到着!
久々の再会となる中高生の成長にビックリしていましたね…

 

 

 

 

ここで、6月4日に行われた東京教区合同堅信式で堅信に与った中高生へ、フィリップ神父様から教会からのお祝いが贈られました。

 

来れなかった中高生は、代父さんが…代わりにいただきました…

来ている教会学校の子どもたちも、後何年かしたら、必ず堅信に与りましょうね!

 

 

食後には、教会の方が中高生のために差し入れしてくれたアイスをみんなでいただきました!

 

 

最後にみんなで記念撮影!

 

高3から中1までと、年齢差もあることから、「初めて会った」なんてこともあったみたいですね。
でも、誰々のお兄ちゃんとか誰々の弟とか分かると、「なるほど」みたいな…

もっとたくさんの機会を作って、たくさんの中高生に参加してもらって、親交を深める機会を作りたいですね。
これからも、月1の勉強会、そして、様々な企画を行っていきますので、是非みんな集まってください!
教会学校にも顔を出してあげてくださいね!)




 |  |  |  |

中高生

 

毎月、第1週、小集会室で中高生の勉強会が行われています。
今月は、参加したのは3人。

今日は、今まで勉強したことをベースにもう1度、秘跡、教会、そして、キリスト者の生き方について、一緒に考えてみましょう。

 


 

 

今月のテーマ

● 秘跡としての教会 ●

 

先週は、洗礼を受け新たに信者になった方のお祝いの会がありました。
そして、その前の週には、みんなの後輩たちが、初聖体に与りましたね。そして、初聖体に与った後ミサの後には、パーティを行いました。
なぜ、わたしたちは、これらのことを祝うのでしょうか?
儀式を済ませたから?祝うべきことだから?

「祝ってもらう」「祝ってあげる」と思っているならば、それは違います…
受洗された人、受堅された人、初聖体に与った子ども達だけに喜ばしい事があったのではありません。
私達一人ひとりに、同じくらいの喜びがあったから、共に祝うのです。
それは、本当にとても素晴らしいことが、私たち一人ひとりに起こったからです。

前に、教会の話をしましたね。教会とは、エクレジア・呼び集められた者です。キリスト者として、共に喜び、共に悲しむことができる人が加わったのです。

そして、私たち共同体は、1つのキリストの体として共に祈り、ともに神の国を目指すのでしたね。
つまり、新たに入信の秘跡(洗礼・聖体・堅信)を受けた方々が加わったということは、私たちがまた1つ大きな力を得て、神様のもとに歩めるということです。
だから、私たち、それぞれに大きな喜びがある出来事なんです。

 

さて、ところで、みんなは7つの秘跡、覚えていますよね。
みんなで1つずつ言ってみましょう。

そう、洗礼・聖体・堅信・叙階・結婚・ゆるしの秘跡・病者の塗油でしたね。
私たちは、秘跡を与ることによって、「私たちが見る事の出来ない神様の愛、存在を感じる事が出来る」ようになります。
つまり、秘跡は、神様との出会いそのものなのでしたね。
そして、信仰の弱い私たちは、「わたしはある」という名前の神様の存在を感じ、信仰を強めていきます。

また、イエス様は「わたしを見た者は、父を見たのだ(ヨハネによる福音書14章9節)」と、仰っている通り、イエス様を通して、神様の存在、神様のことを感じることが出来ますよね。
私たちは聖書を通してそれを現わしている出来事を知っています。

イエス様においてのみ、一度だけ神の恩恵が人類に余すところなく完全に示されました。神のしるしとして、人間としてお生まれになったイエスは、同時に神御自身でもありますから、非常に「特別なしるし」だと言えます。カール・ラーナー師(20世紀を代表する神学者・イエズス会)は「実在的シンボル」と呼んでいます。

そう…キリストご自身が秘跡そのものなのです。この事を原秘跡と言います。
「原」という言葉には、他のすべての秘跡がイエス様において示された神の恩恵に由来しているという意味が込められています。

 

 

この2つのこと(私達共同体がキリストの体であること・秘跡のこと)を踏まえたうえで、今日の話をしましょう。

みんなは、十字のしるしの意味をおぼえていますか?

父と子と聖霊のみ名によって

神様・イエス様・そして、聖霊とのつながりの中にいる自分。その中に含まれる自分。
そして、使徒信条には、「聖徒の交わり」という言葉があります。
私達は、「神様・イエス様・聖霊(そして、その聖霊を注がれている信者)の交わり」によって、そして、そのなかで、生かされている…これが、十字のしるしに含まれる意味の一つです。

「聖徒」とは、使徒聖ペトロたちイエス様の時代の弟子たちから今の私たち、そして、将来のキリスト者のことを言います。
ミサで行われる聖変化の時、まさに私たちは、時空を超え、イエス様が最後に弟子たちと食事をした「最後の晩餐」の場にいます。そして、2000年間それは絶えることなく行われてきました。そして、これからもそれは続いていくでしょう。
過去、現在・未来の聖徒たちが心を合わせ、イエス様の体を頂き、繋がっていく。これこそが聖体の神秘なんですよね。それこそ、まさに「聖徒の交わり」です。
つまり、「十字架のしるし」は、時空を超えた全ての信徒との関わり、交わりをさしてもいます。

先日、ある勉強会の分かち合いのなかでで、信徒の方が、「祈りとは、自分が祈ると同時に祈られている、という事」と仰っていました。
私たちが誰かのために祈る時、誰かも私達のために祈っているということ。
みんなの亡くなった高祖父さんや高祖母さんはどうでしょう?みんなのことをきっとお祈りしていたと思います。
みんなはどうですか?将来の自分のこども、孫たちのために祈りたいとおもいませんか?
私たち、過去・現在・未来、全ての信者が、祈り、祈られている…祈りとは、私たちが、まさに「十字架の関わりの中にいる」事を認識できるものなのですよね。

 

その「聖徒の交わり」こそが、教会です。
過去・現在・未来において、全ての神様から呼び集められた者達のことを言うのです。

ところで、教会の聖堂には、必ずご聖櫃があり、「ご聖体」があります
イエス様がそこにおられるのです。
今は、様々な事情でなかなか難しいのですが、昔、建てられた聖堂には、本当に建物の真ん中にご聖櫃があります。私たち、集められた者達の真ん中にイエス様がいるということのしるしですね。
そして、聖パウロが「教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちておられる場(エフェソの信徒への手紙1章23節)」という通り、イエス様を、頭とし、私達一人ひとりが、キリストの体という話はよくしていますよね。

ということは、教会は、イエス様の存在を感じる場でなければなりません。つまり、神様を感じれる場所でなければなりません。
「神様を感じれる?」という事は、秘跡とはいうことですよね?
教会は「救いの普遍的秘跡」(教会憲章48)なのです。
ということは、私たち全てのキリスト者に出会った時、出会った人が、神様やキリストを感じてもらえなければなりません。私たち「呼び集められた者」は1つの体となり、ともに神の国を目指します。教会を通して、イエス・キリストとの出会いにおいて完成するとカトリック教会は信じているのです。

キリスト者になることで、キリストの体の一部になることで、私たちはともに歩み、神の国を目指します。
復活徹夜祭の光の祭儀のなかでも、神父様が「始まり(α)から終わり(Ω)まで」といいますね。それは、「神様による創造からイエス様の再臨まで」と言う意味です。

神様は、創造の時から、私たちを幸せにするために、いつか共に神の国に到達できるように、願っていて、私たちがそれを心の底からそれを信じ、1つのキリストの体として、イエス様がもう1度来られる、終わりの時を目指し、歩んでいき、神様・イエス様によって「本当の自分、ありのままの自分が、救われる」と、私たちは信じています。
本当の自分、ありのままの自分とは、決して「わがままし放題してよい」というわけではありませんよね。

例えば、1つの点を求める時に、必ず2つの直線が必要になるように、私達も、本当の自分、ありのままの自分を知るためには、2つの直線が必要になります。
そう、まさに「十字のしるし」ですよね。
神様・イエス様・聖霊(聖徒)の交わっているところこそ、「本当の自分・ありのままの自分」なんですよね。
だから、神様だけ、イエス様だけと繋がっていればいいという人が時々いますが、それだけでは不十分です。確かに、神様は、「本当の自分・ありのままの自分」を、慈しみ、愛して下さっています。教会共同体という直線もあって初めて、本当の自分・ありのままの自分を見つけることが出来ます。お互いが交わり合い、分かち合い、愛し合ってこそ、初めて本当の自分・ありのままの自分を見つけることが出来るのです。その「本当の自分・ありのままの自分」こそ、「救われる自分」です。
だから、共同体が成長すれば、自ずと自分も成長することが出来ます。(線がy軸上でプラスになれば、点の位置も変わりますよね)
そうやって少しずつ神の国を目指し、我々は歩んでいくんですね。

だから、昔(第2バチカン公会議前)は、「教会の外には救いがない」と教会は考えていました。
もちろん、それは今でも堅持されています。しかし、私達、キリスト者がその考えにおいて、「貧しい人」を放置しておいてよいという事ではないという事を、第2バチカン公会議では、もう1度思い出します。

よくカトリック、プロテスタント各教派問わず、教会の入り口に書かれている有名なみ言葉があります。ちょうど、来週の福音の箇所ですね。マタイによる福音書11章28節から30節を開いてみましょう。

 

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。
そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

マタイによる福音書11章28~30節

 

はい、ありがとうございます。
では、もう1カ所、今度は、マタイによる福音書28章19節を開いてください。

 

だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、 あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。

マタイによる福音書28章19-20節

 

 

イエス様は、私達全てのキリスト者に「すべての民」に福音宣教を命じられています。
教会は、イエス様によって救われる場であると同時に、私達全ての「呼び集められた者達」が、教会に来た人たち、そして、お互いが、神様・イエス様を感じるものでなくてはいけません。
つまり、教会を通して、全ての人々、に神様・イエス様に出会う喜びを届ける使命を負っているのです。
教会は全人類のための救いの秘跡」だからです。

イエス様は、私たちの重荷を共に負ってくださいます。だからこそ、今度は、私たちが誰かの重荷を負うことが求められているのです。
たとえば、一人ひとりの力は「難しい数学の問題を自分は解けないかもしれなけど、人に優しくは出来る」、とか、「速く走る事は出来ないけど、歌は上手に歌える」って感じです。
でも、1人ではダメなことも、教会「呼び集められた者達」ならば、誰かがそれを担えます。誰かが、それをなせるからです。神様と違い、私たちの力は有限ですが、キリストの体となった時、それは可能になりますよね。

パパ様(教皇フランシスコ)は、教会は「野戦病院であれ」と仰られています。
キリスト者として、常に「貧しい人々」と共にあり、常に最前線の場にいることを、私達一人ひとりが忘れないようにしないといけないですね。
そして、教会は、イエス様のように、常にオープンで、誰もが、どんな人もが、来たくなるような場所でなくてはいけません。

最後に、マタイ福音書の5章13節を開いてみましょう。

 

あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。
あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。

そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。
マタイによる福音書 5章13-15節

 

 

有名な「地の塩世の光」の話です。
「地の塩世の光になりなさい!」じゃなくて、「私たちは、地の塩世の光」と言い切ってますよね。
教会は、私達「呼び集められた者達」は、「地の塩世の光」なんです。
でも、塩気がなくなれば…燭台の上に置かなければ、無意味ですよね。イエス様が仰る通り「捨てられて人々に踏みつけられるだけ」になります。

教会がもし「全ての人々にオープンじゃなくなり」「神様を感じれない場所」になるばら、無意味です。存在の意味はなくなります。だから、私達一人ひとりが、イエス様のように「オープンで」「貧しいものに寄り添い」「互いに愛し合わなければならない」ですね。だって、私達一人ひとりが、教会の一部なんですから。

 

では、もうすぐミサが始まります。
今日は、下原神父様の初ミサです。ミサに与って、たくさんの恵みを頂きましょう。

今日学んだことを思い出しならが、ゆっくりと、十字のしるし、そして、主の祈りを唱えて、終わりにしましょう。

 

 


 

 

来月の中高生の勉強会はお休みです。
その代わり、7月25日にみんなで集まって、BBQをしようと思います!錬成会もありますしね!

そして、9月は、第1週にまた勉強会を行います!
2学期もまた頑張りましょう!!




 |  |  |  |

東京教区の合同堅信式で無事7人の中高生が堅信の秘跡に与りました。

 

今日のために春休みに集中講座を行いました。みんな、内容を覚えていますか?

 

先日の徹夜祭で受洗され、今回堅信に与る方々8名と一緒に堅信に与るためにカテドラルまで来ました。
李助祭、代父母の方々、ご家族とともに合同堅信式が始まるのを待ちます。みんな…ちょっと緊張しているかな…?

 

 

お説教後、いよいよ堅信式が始まりました。

 

 

岡田大司教様から按手を受け、聖香油を塗油されました!
松戸教会は、左側に座っていたので最後の方だったこともあり、他の方が堅信を受ける様子を見ていて、心の準備が出来ていたようでした。

 

 

堅信に与り、これでようやく「入信の秘跡」を終えました!
勉強も大変だったと思いますが、これでようやく1人前の信者ですね!
もちろん、これからも勉強は続きますが…みんなには、神様から「決して消えない神様の愛のしるし」を頂いたのですから、信徒として「教会を善い場所」にする努力も大人と一緒に頑張りましょう!
そして、堅信を受けていない中高生のみんなも是非勉強会に参加して、堅信を与りましょう。

 

最後に…中高生の7人、そして、ご家族の方々、ご堅信、本当におめでとうございます!