|  |  |  |

主の平安

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

暑いですね。
昨日は、30度を超えるところもあったとか……
でもまだ、本格的な夏とは違い、気持ちの良い風が流れてますね。こんな時期は、ちょっと外でボォ―とする時間がつくれたら本当に最高ですよね。

松戸教会では、皆さん集まって「長寿感謝の集い」の準備にお忙しそうです。
今年は去年よりもたくさんの方々が集まってくださる予定とのことで私たちもすごく楽しみにしています。

 

松戸教会にいらした時は、教会入口から聖堂までの道でちょっと上を見て頂けたらいいなぁ…。

 

 

IMG_3201

 

そう、ザクロの花が咲いています!
今年は、ザクロの実が採れそうですね。聖ミカエル祭バザー(10月第3週)の頃には、きっと大きな実が出来ていると思います!

 

IMG_3200

 

ザクロは、聖書の中でも沢山出てきますよね。

 

「すなわち金の鈴にざくろ、また金の鈴にざくろと、上服のすその周囲につけなければならない。」

出エジプト記 28章34節

「ついに彼らはエシコルの谷に行って、そこで一ふさのぶどうの枝を切り取り、これを棒をもって、ふたりでかつぎ、また、ざくろといちじくをも取った。」

民数記13章23節

「どうしてあなたがたはわれわれをエジプトから上らせて、この悪い所に導き入れたのですか。ここには種をまく所もなく、いちじくもなく、ぶどうもなく、ざくろもなく、また飲む水もありません」

民数記20章5節

「小麦、大麦、ぶどう、いちじく及びざくろのある地、油のオリブの木、および蜜のある地、」

申命記8章8節

「格子模様の浮き彫り二つに付けるざくろの実四百、そのざくろの実は、柱の頂にある二つの柱頭の玉を覆う格子模様の浮き彫りのそれぞれに、二列に並べられていた。」

列王記 上 7章42節

「あなたのくちびるは紅の糸のようで、その口は愛らしい。あなたのほおは顔おおいのうしろにあって、ざくろの片われのようだ。」

雅歌 4章3節

 

このように旧約聖書では、ざくろは多数の種子を持つことから肥沃や繁栄の象徴として、さまざまな物語や絵画などに登場しています。
たとえば、ルネサンスのフィレンツェの巨匠ボッティチェリの作品に「ザクロの聖母」というのがあります。 マリア様が抱くイエス様の手にもザクロの実が握られています。これは、後の「受難と復活」のシンボルとされています。

 

 

 

ザクロの木の下には、紫蘭が満開を迎えています。
紫蘭の花言葉は、「あなたを忘れない」「お互い忘れないように」「変わらぬ愛」です。
この時期に満開を迎える紫蘭の花は、イエス様と弟子たちの思いを代弁しているようですね。

 

IMG_3198

 

 

 

 

 

坂を上り、聖堂入口前のルルドの薔薇も満開です。
今月は聖母月。
ルルドのマリア様も初夏の光を浴び、薔薇に彩られて本当にお美しいです。
長寿感謝の集いで久々に教会にいらっしゃれる方々もこのお美しマリア様を見て、また「来年も来よう」と思って下さったらいいですね。

 

IMG_3199

 

 

この時期は、実は夏以上に紫外線が強いですし、今年は本当に熱くなりそうですから、小まめな水分補給を忘れずにしてくださいね。
私たちも土いじりの際には気を付けます。
復活節も残り僅か…。この喜びを忘れないように…日々過ごしていけたらと思います。

…ふぅ、今日は長い道のりだった…
さぁ筆を置いて、ビールでも一杯…

(^_^)/□☆□\(^_^)




 |  |  |  |

主の平安

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

5月は、教会行事が盛りだくさんです。
来週は、長寿感謝の集い、再来週の聖霊降臨の祭日には、教区の合同堅信式や松永神父様の初ミサが行われますね!沢山の方々の喜びに満ちた1か月になりそうですね。

そして、5月は、聖母月!
このたくさんの喜びをマリア様に捧げられば良いなぁと思います。

 

教会入口の聖母子像の花壇の薔薇も満開です。
今年はピンク色の薔薇ですね。

 

IMG_3007

 

ピンク色の薔薇の花言葉は「しとやか」「上品」「感銘」
まさにマリア様を表した言葉ですよね。

私も実は【しとやか】で【上品】なのですよ!
え?お酒で酔いつぶれたり?
そ…そんなことあろうはずが…あったりなかったり…
。。(〃_ _)σ∥



このところ、夏日が増えてきましたね。
みみずの会の活動もこれからが一番大変な時期に入ります。大変ですが、マリア様の見守る中、楽しい土いじりが出来るのですから、頑張ります!
土いじりをしている私たちを見かけたら、是非声をかけてくださいね!
(忍びのもの(リンク)がいても決して怪しくありませんので…)




 |  |  |  |

主の栄光

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

すっかり春ですね。
春の嵐を乗り越え、日に日に日差しが夏のものへと変化していっているように感じます。
( ☆∀☆)
この時期は、復活祭で受洗されて新たに兄弟姉妹になられた方々を始め、信徒の方々にも笑顔が満ち溢れ、教会全体が喜びに満ちているように感じられますね。

 

前、お伝えした(お気づきですか? Vol.2)で、八重咲きのチューリップも満開!

ご復活されたイエス様を共に喜んでくれているようです!

徹夜祭の前に咲いていた八重咲きは黄色でしたが(お気づきですか? Vol.4)…ピンク色のチューリップが聖母子像を彩っています。

ピンク色のチューリップは、「誠実な愛

春の日差しを浴びながら、ご復活したイエス様に聖ペトロが3度お答えになるように松戸教会共同体の神様への愛を表現しているのだと思います!

 

IMG_2966

 

 

つつじも満開です。

つつじの花言葉は、「節度」「慎み」だそうです。
ええ勿論ビール飲み過ぎて地下ホールで倒れたりとか
和室に担ぎ込まれたりとか、
もうあり得ないほど今は「慎み」深い気持ちです
(;´_ゝ`)
花の色ごとにも花言葉があって、赤いつつじの花言葉は「恋の喜び」。白いつつじの花言葉は、初恋です。
たくさんの喜びを節度と慎みをもって、表現する…という感じかな。初恋・恋の喜びって本当に「春」って感じですよね。
子供の頃、つつじが咲いていると花をとって、蜜を吸っていた人もいたなぁ。と、思い出しちゃいますよね…(わたしは、軽く潔癖症なせいか、それが出来ませんでした…)

 

IMG_2967

 

この時期の教会には色々な喜びが満ち溢れています。
皆さんもちょっとしたことでもよいので、発見をしたら、みみずの会のメンバーに是非教えてください!

お待ちしています!




 |  |  |  |

みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

聖週間もいよいよ佳境、後、数時間後には、イエス様がご復活します!
洗足式主の受難も個人的に何かしらのお役目を頂いていまして、すごく緊張していましたので、ホッとしています。今日は、主のご復活、そして、10人以上の新しい兄弟姉妹の誕生を待ち望みながら、ミサに与ろうと思います!
心配していたお天気の方もなんとか持ちこたえそうですし……。

今日は、早めに教会に着いたので、少し教会内をウロウロしました。
典礼委員の方々や役目のある方々、シスターがお忙しくしているので、聖堂にいるのがちょっと申し訳なくなってしまったこともあるのですけどね……。

 

すると……
教会入口のマリア様のところに八重咲きチューリップが!
以前、お伝えした時(お気づきですか Vol.2)は、まだ芽が出たばかりだったのに!

えっと…黄色いチューリップの花言葉は…………

 

011f41e2c43a716d1614de4e16040a7f4b8c122b70

 

望みのない愛…

…………… (*´;ェ;`*)
イ・イエス様が亡くなっている時間ですし……弟子やマリア様は、た・たしかにそんな思いだったかも……

 

 

もうちょっと…ウロウロしましょう。

 

そうすると………
教会外壁の十字架の下、駐車場の所にある花壇のところに…また、蕾がほころんで咲き始めている花を発見!やっぱり…春ですね!

えっと……この花は……
ハナズオウ

 

01fb5c673af784fcdca7b4ae9cd749bc02cfc92bcf

 

花言葉は…「不信仰」「裏切り」「疑惑」
…………Σ(゚ロ゚;)

イエス様を裏切り、銀貨30枚で祭司長たちに売り、その後、自責の念にかられ、首を吊り………
そのイスカリオテのユダが首を吊った時に使った木とされるのが…この「ハナズオウ」……なので、別名「ユダ・ツリー」とも言われいている…

もう……

なんて日だ!

受難のデパートや~
( ´△`)

そ・そういえば…日没まではイエス様は亡くなっているんだった……。

 

 

 

でも、よく調べてみると、このハナズオウには、「目覚め」という花言葉もあるみたいなんです。

イエス様は、ユダによって裏切られ、ご受難にあい、十字架のうえで死にます。
しかし、今日、イエス様は復活されるのですよね。そして、私たちは「目覚め」るんですよね!
そうです!受難の数が多いほど、ご復活の喜びもひとしおなのです!
( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

新しい季節、新しい年度にもなりますし!
教会の入り口横にある(お隣のマンションの?)桜も満開ですし!

 

01acd8f13bfa645a00b6151cc324ef0cd399e80087

 

 

 

そうでした!

今日、新たに兄弟姉妹になられた方々のなかで、もし「土いじりが好き!」とか「教会の奉仕のお手伝いがしたい!」と思っていらっしゃる方がいましたら、是非、みみずの会のメンバーにお声掛けください!

これからの季節は、本当に色々な花が咲き始め、土いじりには最高の季節です。新たな「目覚め」とともに、ご一緒に土いじりをしましょう!




 |  |  |  |

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

いよいよ明日から聖週間に入りますね。
松戸教会でも今日は大掃除があって、聖週間を迎える準備を整えます。
信者ではない人には、あまり馴染みがないかもしれませんが、この「聖週間」、そして、イエス様のご復活を祝う「復活祭(イースター)」は、とっても大事な行事なんです!クリスマスと同じくらい、いや、それ以上に大事なんですよね…。ヨーロッパとか中南米、フィリピンみたいなカトリック国では、国をあげてお祭りになりますよね。せっかく、旅行で行ったのにお店が開いてない!なんてこともあったりして……。

復活祭は、2回のミサが行われるのですけど、その2回とも「洗礼式」が行われます。成人になって洗礼を受ける人は、今日まで1年間以上勉強してきようやくこの日洗礼に与るんです!
信者たちも、その姿を見て、自分の洗礼式を思い出し(幼児洗礼の人たちは、記憶がないんですけどね…)気持ちを新たに出来ます…

でも、自分の洗礼式の話になると、「記憶がない」とか「ほとんど覚えてない」って人も多くて…緊張していて覚えてない人が結構多いみたいです。今年、受洗される方たちは、どうなのかなぁ…。

 

復活祭は、毎年、日にちが違いますから、ちょっと風景も変わりますよね。
ここ数年の復活徹夜祭は、あまり天気が良くないのですけど今年はどうでしょう……天気予報を見るとあまり天気が良くないようなんです。そういえば、数年前に洗礼を受けた方のなかに、ものすごい雨男がいるという噂も……

 

もしかして…ハッ!Σ(゜◇゜*)!!

 

今年、洗礼を与る方々は、教会の入り口にある夏みかんの木にたくさん実がなっていたことを思い出すかもなぁ…

 

IMG_2763

 

夏みかんの花言葉は、「純潔・清純」です。なんか受洗者にぴったりの言葉ですよね。
洗礼を受けた時に、今までの罪が赦され、今までの自分から新たに生まれ変わるのですから、本当に受洗者の人たちは、「純潔・清純」なんですから。

甘酸っぱい春の暖かさを思い起こさしてくれる夏みかんを食べるたびに、今年洗礼を受ける人たちが、自分たちの洗礼式を思い出してくれたらいいなぁ…

 

ちなみに果実の味は毎年同じというわけではないようです。

さて今年は「天使」とでるか「悪魔」とでるか…
収穫が楽しみです♪

「悪魔」と出ても、教会内の聖なる息吹を受けて美味しいと思われます!

( ̄∇ ̄*)ゞ