|  |  |  |

3月8日(水)嘉松宏樹神父様にご指導願い一日黙想会を開きました。
「教皇様の四旬節メッセージを深めましょう」というテーマを選んでいただきました。
メッセージの内容は「みことばはたまもの、他の人はたまもの」という題で、金持ちとラザロのたとえ話〈ルカ16・19―31参照〉が取り上げられ、真の幸福のためにどのように行動したらよいか、そして
心から回心するよう導く内容でした。

「他の人はたまもの」「罪は私を盲目にする」「みことばはたまもの」3つの項目ごとに講話と黙想の時間を持ちました。耳で聴いて、心で聴きました。今まで何度も聞いて知っていたはずのたとえ話でしたが、
嘉松神父様の講話を通して、教皇様のおもいが、教皇様のおもいを通してイエス様のおもいが、参加した
一人ひとりに光の筋となって届いたように思います。

第一講話で「ラザロは、例えば路上でティッシュを配っている人かもしれない。差し出された時、どのような態度ですれ違っているだろうか?断るにしても一人の顔を持った人〈他の人はたまもの〉として相手に
しているだろうか?」と神父様の問いかけは、自分を見つめるきっかけになりました。

ラザロに見向きもしなかった金持ちには「金銭の執着、虚栄心、思い上がり」など罪の腐敗が現れているとメッセージは伝えています。金持ちとは程遠いと思っていた私に「問題は財産の多さではなくどれほど執着しているかが問題なのです」と神父様の言葉は「自分から目を背けないように」という警告に思えました。

金持ちは死後の世界でアブラハムに「父よ。」と呼びかけたことは、人生の中で神の入る余地はなかった
金持ちも神の民に属していたことを証明しているとなのだとメッセージは伝えています。神のみ言葉に心を閉ざし、みことばに耳を傾けないことによって、神を愛さなくなり、隣人を軽蔑するようになっていた。
再び神に立ち返らせることが出来るのは、みことばの生き生きした力だと伝えています。

嘉松神父様から、みことばを次のような流れで聴くことを勧めていただきました。

  1. 聖書に書いてあるありのままを聴く
  2. 黙想〈自分に何を言っているのかを考える〉
  3. 祈り〈②で聴いた後、神様に返事をする〉
  4. 観想〈神様が何を望んでおられるのか考える〉
  5. 行動〈それを実行に移す〉

み言葉を聴き、回心の歩みを続けましょうと締めくくられました。

感謝のミサを捧げて、1日黙想会を終えました。
教会の内外から、平日にも関わらず、80数名の参加者がありました。
神に感謝!




 |  |  |  |

始めの祈りの後、フィリップ神父様から、「神の栄光のため教会は全世界をみてイエス様の福音のために皆で努力しなくてはならない。女性の立場からも力をあげて将来の事を考え、新しい活動を自分のゾーンから出て、神の力と共に出発しなくてはならない」等のお言葉がありました。

2016年の活動報告、会計報告の後、毎年8月15日の聖母の被昇天の日に追悼する対象についての確認を取りました。
従来の細則では、帰天した信者のみを追悼していましたが、近年、信者の配偶者、子どもまでを追悼していました。配偶者、子どもの死までを把握するのは困難が伴う事を説明し、細則通り、信者のみを追悼するという提案に賛成多数で可決されました。
また、3月8日の黙想会についても承認され、今後マリア会内部での黙想会のあり方について地区連絡会などで話し合う事となりました。

なお、フィリップ神父様からマリア会委員会名簿にホームページ委員の記載がないことのご指摘がありましたが、後日、複数部署に確認したところ、委員名簿にホームページ委員の記載は不要であり、ホームページ委員もマリア会からの選出ではないことを確認しました。

終わりの祈りの後、総会を終了しました。




 |  |  |  |

マリア会主催黙想会

 

本日、午前9時半から正午までの間、「御手の中で生きる」というテーマで、半日黙想会を開きました。
宣教協力体の豊四季教会から4名を合わせて47名の参加がありました。

指導を担当された松戸教会信徒の講話と黙想、そして、分かち合いの時を持ちました。

イエスキリストと共に生きることを選んだ私たちですが、普段の生活の中で目先のことにとらわれキリストから離れていないだろうか?静かな時の中で見つめなおす機会を頂きました。
イザヤ(43:1~5)、イザヤ(49:15)「わたしはあなたと共にいる」「わたしはあなたを決して忘れることは無い」という愛である神の強いメッセージ、ルカ福音書「放蕩息子のたとえ」の、み言葉を聴き、黙想しました。

御手の中で生きる」とは…
キリストを生活のど真ん中においてイエス様の気持ちを真に受け行動し、生活のよりどころにしていくこと。そのためには、「イエスに聴く」こと。心を開いて心で聴く。それは祈りに通じること。すぐに祈りの応えは返ってこなくても、「時を待つ」こと等々。各自の日常に照らし合わせながら心の中に落ちていくお話しでした。

私たちは神様の計画を知ることはできないけれど、神様の計画に参与していくように招かれた存在であること。神様に委ねるとき賛美にかわるということを伝えていただきました。
その後、黙想の中で響いたことを互いに分かち合い、豊かな黙想会でした。




 |  |  |  |

マリア会主催黙想会

 

マリア会主催・黙想会が下記のとおり、行われます。

 

テーマ

御手のなかで生きる

日時

2016年7月28日(木) 9:30AM~12:00PM
* 受付開始 9:10~

場所

松戸教会 聖堂

プログラム

9:30~ 開始、講師紹介(聖堂)
9:35~ 講話
10:25~ 黙想
10:45~ 講話
11:30~ 分かち合い
11:50~ まとめ
12:00 終了

 

*終了後、地下ホールに茶菓の用意があります。(ご自由にどうぞ)

 

 

多くの方々のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、午前9時15分より、マリア会総会が開催されました。
フィリップ神父様も参加され、2015年の活動報告、2016年の役員の紹介などがありました。

016f6989f6bbd381a36d64bfb80d95c6b622d4c0c3

 

また、2016年度の活動予定を確認し、予算の承認も行われました。

012ba491d10b8db4175bda561b815efed287a24b60

 

総会資料は事務所前に置いてありますので、ご自由にお持ちください。
皆様のマリア会へのご参加をお待ちしています。