|  |  |  |

卒業式・修了式の後に、子どもの奉仕するミサの最終確認を行いました。

 

先程、任命されたばかりの第1代サブリーダー、シスターが式次第の流れを確認しながら、子どもたちに自分の役割を確認していきます。

 

DSC01047

 

リーダーは、各役割ごとに担当につき、指導します。

 

DSC01049

 

侍者と第1朗読の練習…

 

DSC01052

 

侍者と第2朗読の練習…

 

DSC01053

 

シスターから指導を受け、より良い朗読が出来るように、最後の確認を行います。

 

DSC01055

 

自分たちで考えた共同祈願をよどみなく出来るように、最後の練習です。

 

DSC01057

 

DSC01063

 

短い時間でしたが、最後の確認をすることが出来ました。これで大丈夫!

クリスマスの時の子どもの奉仕するミサは来て頂いたみなさんにほめていただくことが出来ました。今回のミサもしっかり出来るところを見て頂きましょう。




 |  |  |  |

本日3月16日、教会学校の卒業式・修了式が行われました。

今日で、1人の6年生が卒業します。

 

最初に司会担当のリーダーによる開式の挨拶がありました。

 

DSC01022

 

そして、フィリップ神父様のお導きにより、「主の祈り」を唱えました。

 

DSC01023

 

神父様から卒業生に祝辞、そして、在校生には、1年の勉強の労をねぎって頂き、最後に「勉強をすることはとても大事です。これからも勉強を続けてください」と励ましの言葉も頂きました。

 

DSC01034

 

卒業生から在校生に向けて、リーダー、お世話になったシスターに向けて、メッセージがありました。

 

DSC01036

 

続いて、在校生の代表から、卒業生に挨拶があり、1年間の勉強の思い出、そして、来年度に向けての目標を話してもらいました。

 

DSC01039

 

リーダー達からも今年度の反省と来年度に向けてどんな教会学校にしたいか、話がありました。

来年度は、どんな教会学校になるのでしょう……。

 

 

式の最後に!

リーダーからのサプライズ演出がありました。

 

今年から「プチリーダー」を復活させて、名称を改め「サブリーダー」として、卒業生には活躍してもらうことになりました。

中高生はサブリーダーとして、リーダーをサポートしたり、在校生の子どもたちとリーダーの橋渡しをしてもらえればと思います。錬成会やパーティの時には、中心になって活躍してもらいます!

 

教会学校の校長先生、フィリップ神父様から「サブリーダー任命証」を授与して頂きました。

第3代サブリーダーの誕生です!

 

DSC01041

 

先に卒業していた中高生も改めてサブリーダー任命証を授与 され、第1代・第2代・第3代サブリーダーとして来年から活躍してもらいます。

教会学校から離れることなく、リーダーたちと一緒に教会学校を盛り上げてもらえたらと思います。

 

DSC01043

 

来年度も、楽しく、勉強出来ればと思っています。

リーダー、そして、新たに誕生した3人のサブリーダーとともに!




 |  |  |  |

今日は、2013年度最後の授業になります。

今日の内容は、来週行われる「子供の奉仕するミサ」の練習です。

シスターが、事前に「子供の奉仕するミサ」で、こどもたちが行う奉仕の役決めをしてくださっていたので、子供たちはそれぞれその役割を果たすべく、今日の授業の中で練習をしました。

 

先唱、侍者、奉納係、共同祈願 ・・・それぞれにリーダーがつき、指導します。

 

共同祈願は、シスターと共同祈願担当の子供たちで考えます。

 

DSC01004

 

時間は、まだまだ足りない感じでしたが・・・

 

シスターの導きで最後にみんなでお祈り。

 

IMG_0196

 

さて…来週は卒業式・終了式が行われます。6年生は、いよいよ来週で卒業です。

そして、10時半からのミサは、1年の総マトメとして、子供の奉仕するミサとなります。ぜひ、10時半のミサにいらして、子供の奉仕する姿を見ていただけたらと思います。




 |  |  |  |

今日も先週に引き続き、十字架の道行を通して、イエス様のご受難について、勉強しました。

 

今日は実際に「十字架の道行」のお祈りを経験してもらうことにしました。本当はお御堂のレリーフを前に実際にやりたかったのですが……お御堂は聖歌奉仕グループの練習があったので、地下ホールに急きょ十字架の道行の14枚の御絵をはって、行いました。

 

IMG_0159

 

 

1つの1つの御絵の前で、実際にイエス様のご受難の話をリーダーから聞き、子どもたちにも「自分だったら…」と実際に想像していきます。

 

何も悪いことはしていないのに死刑にされちゃう!

鞭でたくさん打たれた後に自分が磔にされる重い思い十字架を担いで…!?

ずっとそれを見ていたマリア様はどんな気持ちだったのだろう…

十字架に直接釘で打ち付けられちゃうの!

 

様々な思いを、そして、様々な発見をしたと思います。

 

IMG_0160

 

 

今日初めて「十字架の道行」を経験した子どもたちもいたと思います。

こんなにイエス様がつらい思いをしたのは私たちの罪を神様に赦して頂くためということ、そして、それをしてくださったイエス様の愛を子どもたちが感じてくれればと思います。

そして、家に帰って、お父さんやお母さんと十字架の道行について話してもらえたらいいなぁと思います。

 

 

さて…今日で2013年度の通常授業は終わります。

来週は、3月16日に行われる「子供の奉仕するミサ」の練習となります。3月16日の本番で素晴らしい奉仕が出来るように頑張りましょう。




 |  |  |  |

もうすぐ四旬節が始まります。

教会学校でも「イエス様のご受難」について勉強して、少しでもイエス様の愛を感じてもらいたいと思っています。

 

そこで、今日は「十字架の道行き」について、子どもたちに勉強してもらうことにしました。

 

まずは、今日も主の祈りからスタートです。

 

IMG_0129

 

リーダーたちがプリントを用意し、わかりやすく説明していきます。

 

IMG_0130

 

十字架の道行の14枚の絵を子どもたちに見せながらの説明です。

 

IMG_0131

 

イエス様の悲しくて、つらいお話なのですが……子どもたちには勉強のほうがつらかったかも…

 

IMG_0132

 

四旬節に入ると、松戸教会でも毎週金曜日に十字架の道行を行うのですが、学校があってなかなか参加するのが難しいこともあり、今のうちに「十字架の道行」という祈りを知っておいてほしいと思います。

 

来週は、今年度最後の通常授業になるので、みんなの元気な顔をみせてください。リーダーも遅刻しないように集まります!