|  |  |  |

今日は、「聖パウロの回心」について勉強しました。

今日は主日でなければ、「聖パウロの回心」の祝日だからです。

 

まず、みんなで「イエス様がいちばん」を歌いました。

 

IMG_2332a

 

 

 

去年も聖パウロの回心については勉強しましたが、リーダーにその事を聞かれると「覚えていない」という悲しい答え…ということで、今回こそちゃんと覚えてもらうために、松永助祭に「聖パウロの回心」についてお話してもらいました。

 

IMG_2335
IMG_2336

 

そして、教えて頂いたことを確認するためにリーダーが作ったプリントをそれぞれ行いました。
6年生に答えを発表してもらいました。

 

IMG_2337

 

プリントを終わらせた後は、リーダーが描いてきた「ダマスコに向かう最中に復活されたイエス様に出会い、落馬し、目が見えなくなってしまったシーン」の絵に色を塗りました。
そこには、イエス様・聖パウロ(この頃はまだサウロですね…)・聖霊が描かれています。みんな思い思いに色を塗っていきます。

 

IMG_2339

 

助祭が仰っていた「改心」と「回心」の違い、分かりましたか?
聖パウロは、復活されたイエス様に出会うことで、神様に目を向け、180度違う人生を歩み始めました。
私たちも聖パウロにならって、神様の御心に叶った生活をしていこうね!

 

最後に今日のミサで侍者デビューした女の子を紹介します。

これからもたくさん侍者の奉仕をしてくださいね。

 

IMG_2342

 

 

来週は、松永助祭の最後の授業です……
みんな元気に集まって、松永助祭に「ありがとう」の気持ちを伝えましょう!




 |  |  |  |

教会学校3学期が始まり、2回目の授業です。
今日も子供達がいっぱい集まりました。
今日もお祈りから授業を始めます。

 

18 - 6

 

今日はモーセのお話でした。
「みんな、モーセの事知ってるかな?」の質問に、子供達は元気よく
「知らない!」
と、期待通りの返事をしてくれました。

 
そこでリーダーが紙芝居を使ってモーセのお話をしてくれました。
 

18 - 2

 
最初は少しおしゃべりをしていた子供達も、リーダーの巧みな話術に惹きつけられていきます。
 

18 - 4

 
モーセは神様から、イスラエルの民をエジプトから約束の地に導く使命を受けました。
エジプトの王ファラオは当時奴隷とされていたイスラエルの民を連れて行くことを何度も拒みましたが、神様の働きにより、とうとうイスラエルの民を解放します。
解放されて約束の地に向かうイスラエルの民を困難が襲います。
ファラオの追っ手、飢え、乾き、民の反発…
その都度モーセは神様に祈り、神様の助けを受け、困難を乗り越えて行きます。

 

18 - 8

 

モーセは十戒を神様から受け取り、イスラエルの民の守るべき掟にしました。
 

 
紙芝居を終えた後は、松永助祭からお話を頂きました。
 

18 - 1

 
「このモーセの話は、ミサ聖祭との共通点が多く見られます。
神様から与えられた「マナ」は、私達がミサ聖祭でいただく御聖体を暗示していますし、
紙芝居に描かれているモーセが神様に祈る姿勢は、司祭が祈る姿勢と一緒です。
神様がモーセに使命を与えて、エジプトからイスラエルの民を助け出すこの出来事は、時代を超えて今の私達にたくさんの事を学ばせます。
この出来事と、今の私達との共通点を探してみましょう」

これを機にもっと聖書に興味を持って、聖書に触れていきましょう。




 |  |  |  |

今日から教会学校3学期が始まりました!
まずは、お御堂で始業式が行われました。

 

……9時半になっても4人しか来ない……
それでも時間になったので…スタートです。

フィリップ神父様がお留守にされていましたのでまず松永助祭からお話を頂きました。

 

IMG_2282

 

 

 

始業式、終了後、幼稚園に移動して、お祈りの勉強です。
下級生は、助祭に「主の祈り」「アヴェマリアの祈り」「栄唱」という3つの大事なお祈りを教えて頂きます。

 

IMG_2284

 

 

上級生は、リーダーが担当です。

上級生は、覚えていて当然のはず!ですから、「使徒信条」も加えて、覚えてもらいます。
でも、男の子たちは、余裕を感じているのか、なかなか真面目にちゃんと覚えようとしてくれません!
そこで、1人ずつみんなの前で1人でお祈りしてもらうことにしました。

そうしたら、さすがにみんなまじめに覚え始めました!

 

_367386
367383
IMG_2285

 

時間がきたので、約束通り1人ずつお祈りしてもらいます。

 

_367389
_367388
_367385
_367387

さすが上級生たちは、みんな1人でお祈り出来ましたね。

これからも時々お祈りを勉強する時間をとります。

みんなの前で1人でもお祈り出来るように家でもちゃんとお祈りしてくださいね。




 |  |  |  |

037

 

教会学校では、毎週日曜日に1年生から6年生までのお子さんを対象に、歌をみんなで歌ったり、工作や絵を描いたり、ゲームをしたり、おはなしの読み聞かせを聞いたりすることによって、子どもたちが楽しくキリスト教を学び、みんなで信仰を育てていけたらと思っています。

 

3学期は、来年1月11日(日曜日)から始まります。

みんなで一緒に教会で楽しく過ごしましょう!

 

 

開校日時:毎週日曜日 午前9時半~10時15分

対 象 :小学生

(洗礼を受けていないお子さんももちろん入校できます)

費 用 :無料

(注)錬成会・催しなどで実費を頂くことがあります。

募集期間:随時

 

申込みは、教会事務所前にある申込用紙に必要事項を記入のうえ、青少年育成担当までご提出ください。




 |  |  |  |

12月24日、6時からシリル・ヴェリヤト神父様(イエズス会)の主司式で「子どもの奉仕するミサ」が行われました。

 

普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子供の奉仕するミサ」を行います)

 

 

神父様が入堂される前に、先唱を担当するリーダーが、聖堂でのマナーの呼びかけをしました。

 

IMG_2589

 

 

 

いよいよクリスマスミサが始まります。

 

IMG_2591

 

入堂後、シリル・ヴェリヤト神父様が馬小屋、祭壇に献香し、祝別しました。

 

DSC00288

 

栄光の讃歌では、鈴が鳴りびきます。

復活祭やクリスマスなど特別な祭日のみに行われます。

 

IMG_2601

 

 

そして… 第1朗読

実は、日本に来てまだ1年くらいしか経っていない6年生がやってくれました。

旧約聖書は、大人でも難しい言葉があり、とても難しいのですが…上手に朗読出来ました。本当にたくさん、練習してくれたのですね。

侍者も普段から奉仕をしてくれているので一番安心して見てられました。

 

IMG_2607

 

 

第2朗読。

さすが6年生。しっかり朗読出来ましたね。

侍者も実質初めて行うことになりましたが、本当に初めてかというくらい上手に出来ました。

 

IMG_2608

 

福音朗読。

アレルヤ唱の後、聖書に献香し、シリル・ヴェリヤト神父様の福音朗読。

朗読の後、いつも忘れちゃうお辞儀も今日はちゃんと出来ました。

 

DSC00294

 

 

お説教では、子どもの奉仕するミサということでシリル・ヴェリヤト神父様が、「子供たちに向けてのお説教」をしてくださいました。

聖劇に登場する東方の3人の博士のお話には、実は別の話が合って、4人目の博士がいたというお話です。

「実は、4人の博士がイエス様のご降誕を祝うためにベツレヘムの星を目指して旅をしていたのですが…1人の博士は(博士の)国で問題が起こり、どうしても戻らなくてはいけなくなりました。その問題の解決には、結局30年ちかくの時間が必要でした。問題が解決した後、博士は30年数年前に生まれた「王となるあかちゃん」を探すため、イスラエルに1人で向かいました……。しかし、30年前の出来事を覚えている人はみつからず途方に暮れていると、エルサレムのゴルゴダの丘に大勢の人が集まっていた。そして、ようやくそれがその時の「王となるあかちゃん」であることを知りました。しかし、十字架の前にたどり着いた時には、イエス様は絶命していて、その場で彼は黙想したのでした…。そして、そのまま、彼も命を終えました。多分…彼はイエス様と一緒に天国にいることでしょう……」

 

DSC00295

 

 

 

共同祈願。

担当のリーダーが一生懸命考えた共同祈願を大きな声で唱えてくれました。
お御堂の端までしっかり聞こえたと思います。

 

IMG_2613

 

 

 

奉納では、教会学校に入って、1年生が初めてしてくれました。

6年生が一緒にしてくれたこともあり、しっかり出来ましたね。

 

IMG_2616

 

また、奉納の時、献金箱を教会学校の卒業生がしてくれました。

クリスマスということで、本当にたくさんの卒業生が来ていました。

 

IMG_2618

 

 

 

 

聖体拝領に並ぶ方々の数を見ると…本当に大勢の方々がミサに与りに来てくれたのだなと実感します。

 

IMG_2623

 

 

 

先唱の子どもたちも、色々アクシデントがあったなか、滞りなくミサを進行してくれました。

 

IMG_2624

 

 

 

聖体拝領後、シリル・ヴェリヤト神父様が幼子のイエス様を抱き、飼葉桶に置かれました。

 

IMG_2626

 

 

 

そして、教会から今日のミサに来てくれた子どもたちにプレゼント!

大学生が、運んでくれ、シリル・ヴェリヤト神父様が祝別してくださいました。

 

IMG_2628
IMG_2634

 

子どもたちにプレゼント!

クリスマスに教会に来て、良かったね!

 

IMG_2639

 

もちろん、教会学校の子どもたちにも!

 

IMG_2641
IMG_2642

 

 

 

 

そして、閉祭。

閉祭の歌も大きな声で歌います。
去年は、お菓子のプレゼントくらいでちょっと集中力を切らしてしまった感じでしたが、今年は最後まで頑張れました!

 

IMG_2644

IMG_2645

 

 

 

 

ミサ後のティーパーティが、地下ホールで行われました。

一仕事終えた後の一杯は、本当に美味しいよね。

 

IMG_2649

 

シリル・ヴェリヤト神父様、フィリップ神父様、シスター清水も笑顔で!

 

IMG_2652

 

 

今日も、たくさんの方々から、「いいミサだった」とほめてもらいました。

始まる前は、本当に心配だったのですが…本当にさすが!みんな達という感じでした。

リーダー達への神様からのクリスマスプレゼントだったかも!