|  |  |  |

今日の教会学校は人数が少なかったのですが、中高生が2名来てくれました。
高校生の伴奏で、「神様といつも一緒」を歌います。
下を向いてしまいがちですが、顔を上げて神様に歌いましょう!

 

9月は日本の殉教者の記念日が、9月10日と、9月28日の2回あるので、今日は殉教者の話をします。
8月15日は聖母マリアの被昇天の祭日です。日本に初めてキリスト教を伝えたのは 

フランシスコ・ザビエル。

今から470年前の8月15日に、ザビエルは鹿児島に上陸しました。
この日が聖母マリアの被昇天の祭日だったので、ザビエルは日本を聖母マリアに捧げ、マリア様が守ってくださるように祈りました。その後、たくさんの人がキリスト教の洗礼を受けました。

あまりに多くの人が洗礼を受けキリスト者になったので、当時日本を治めていた豊臣秀吉は怖くなり、キリスト教を信じてはいけないと、“禁教令”というものを出して、イエス様を信じるのをやめさせようとしました。

それでもイエス様を信じることをやめない多くの人々には、ひどい苦しみを与え、ついには殺してしまいました。

イエス様を信じることをやめないために命を失うことを”殉教”といいます。

 

日本の教会はとてもたくさんの殉教者を出しているのですね。

その中には、12歳のルドビコ茨木という少年や、5歳の少年もいました。

今日、初めに「神様といつもいっしょ」を歌ったけれど、この殉教した人々は、神様といつもいっしょという思いの中に生きていたと思います。

イエス様はあなたたちといつもいっしょだよというしるしをくださるけれど、それは何でしょう。  

「……パン?」   

そう、パンの形をした御聖体ですね。

最後に「アベマリア」の祈り、そして、今日、怪我のために来られなかったお友達のために元気になって教会学校に来れますようにと祈りました。




 |  |  |  |

今日はみんな楽しみにしていた、教会学校レクの日です。

お天気が心配されましたが、爽やかな秋の日になりました。

教会を出発して、近くの公園へ。
公園に着いて、教会学校はじめのお祈りを唱えました。

さて、教会学校に参加している青年と友達と鬼ごっこスタート!
こおり鬼をしました。

子どもたちは、滑っても、転んでも、逃げる逃げる!速い!
大人はヘトヘト。

大人対決の場面もありました。

最後まで捕まらなかったのは、女の子2人でしたね。おめでとう!楽しかったですね。

 

主の祈りを唱えて、今日のレクは終わりです。
教会に戻ります。

 

教会に着いてから、心身を整えて、御ミサに与りました。
また、来週も元気に集まってくださいね。




 |  |  |  |

今日は、松戸教会の主任神父様である伊藤淳神父様がお話ししてくださいました。

 

テーマは 「ゆるしの秘跡」でした。

 

神父様のお話の後、「神様がわかるでしょう」の歌を歌って、最後にアベマリアの祈りをしました。

来週はゲームをして楽しみましょう。

 
子供達が教会学校の間、保護者会が開かれました。
来月のバザーの打ち合わせを中心に話し合われました。
 
 
 
今日も先週に引き続き、ミサ後に点字・手話訳聖書支援の募金活動をしました。



 |  |  |  |

教会学校も今日から新学期です。
始業式をお御堂で行いました。
教会学校はじめのお祈りを唱えます。
伊藤神父様も、来てくださいました。教会学校にはなんできているのか?どうして、来なくちゃいけないのか?わかっていますか?それが分かってないと、行くの面倒だな~って、思ってしまいますよね。教会学校では、「なんでかな?」ということを教えてもらえます。元気に、毎週来てください。とお話いただきました。
始業式を終えて、教室に移動。まずは主の祈りです。中高生会スタッフも来ています。
「イエスさまがいちばん」を歌います。みんな夏休み明けで、声が出て来ません。
体をほぐして、もう一度!少しこえがでてきましたが、まだ小さいですね。
始業式ということで、早速にお祈りテストをしました。「主の祈り」と「アベマリア祈り」を紙に書きます。教室にこの二つのお祈りが貼ってあったので、あわててリーダーが隠しました。気づいていた子もいましたね!スラスラと書ける子、悩む子、色々でしたが、頑張りました。
小さい学年には難しいので、まずは口にして覚えます。
書けた子は、リーダーと中高生スタッフがチェックします。全部は書けなかった子は、一緒に完成させました。
 
大切なお祈り、覚えられたかな?紙には、新学期に教会学校でやりたいことも書きました。楽しみですね!
終わりに「主の祈り」と「アベマリア祈り」をお祈りしました。来週も元気に集まりましょう。
 
ミサの後日本聖書協会の新しい点字聖書・手話訳聖書作成のための募金をしました。
大きな声で呼びかけてくれてありがとう。
 
 
 
 



 |  |  |  |

3日目6:00起床です。

おはようございます。

高校生と青年は先に起きて、手際よく早速朝食の準備を始めています。

ボイルしたソーセージをロールパンに挟むのですね。

ある程度支度をしてから、お御堂で朝の祈りをしましょう。

 
食前の祈りをして、朝食をいただきましょう。フルーツも盛りだくさんですね。

朝食が済んだら、キッチンの片付け、地下ホールと、幼稚園の掃除です。たくさん余ってしまいましたがミサの後お腹すくからまたその時にいただきましょう。それぞれが、持ち場で協力しながら、しっかり動けていますね。

 

 
その頃、中学生が個人活動の模擬授業の準備をしています。
        
いよいよみんなを集めて授業開始です。
マリア様の事で勉強してわかったことを発表しました。

最後にみんなでお祈りをして、終わりました。
さあお御堂で、こどもの奉仕するミサの準備と練習をしましょう。侍者は神父様から直接指導していただいてます。オルガン奉仕の方にもご協力いただきました。

今日は、聖母の被昇天の祭日です。マリア様が肉体のまま天にあげられたことをお祝いする日です。教会入り口にある聖母子のご像に献香し、昨日活けたお花のアレンジメントもお供えます。

 

実際の動きと、マリア様への気持ちをイメージしながらそれぞれの役割を練習します。共同祈願も自分たちで考えます。

 
9:40~ロザリオの祈り
ロザリオ隊長の任命を受けた高校生の先唱で唱えます。

 
いよいよ聖母子のご像の前に集まって、神父様と侍者が降りてこられるのを待ちましょう。

お花の準備もばっちりですね。

神父様が降りてこられました。

献香と献花をします。優しい色合いがマリア様にピッタリですね。

お御堂まで行列してミサが始まります。

 
 
10:30~ミサ聖母の被昇天の祝日

 
 
お御堂のマリア様にも献花と献香します。マリア様の大好きなユリの花ですね。
 
 
先唱

 
第一朗読

第二朗読

福音朗読とお説教

共同祈願

奉納

侍者
錬成会の間、香炉の扱いと練習を積んだ中学生が、今日のミサで初めて献香しました。
オルガン(閉祭の歌)

 
ミサの後、そのままお御堂で閉会式を行いました。
無事に錬成会を終えることが出来、実りある3日間を感謝してお祈りしましょう。
最後に、総監督から神父様にみんなとお揃いの手作りTシャツをプレゼントしました。続いて中学生が赤ラインの侍者服から白服(侍者リーダー)になるセレモニーがありました。錬成会中もたくさん練習を重ねてきましたから、自信を持って侍者をしてみんなのお手本になってくださいね。
さあ、ホールに戻って、恒例の作文タイムです。
書き終わるまでは帰れません。
この3日間(2日間)を振り返り、どんなことを頑張ったか思いだして書いてみましょう。

書けた人から、解散です。すらすら書けた人、悩んで悩んで書き終えた人、色々でしたね。
これで今年の錬成会は終わりです。松戸教会での錬成会はいかがでしたか?
家に帰ってから是非うちの人にもお話してくださいね。
 
神父様を始め、企画・準備してくださった青年の皆様、食事等ご協力いただいた保護者の皆様、教会学校錬成会の為にご協力いただいたすべての方に感謝いたします。