|  |  |  |

今日もみんな元気よく集まってくれました。
今日は、10月2日の大天使聖ミカエルの祝日をお祝いするミサに向けての準備をしました。

まず最初に「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

img_5588

10月2日のミサに来てくださる岡田大司教様は、今年で司教様になって25年です!
また、10月は岡田大司教様のお誕生月でもあります。
その両方のお祝いをかねて、教会学校から折り鶴のロザリオを作ってプレゼントしようと思います。

というわけで今日はひたすら鶴を折ってもらいます!

みんな折り鶴ロザリオのことや鶴の折り方を忘れてしまっていたようですが…
昨年も作りましたよね??

見本を見せたら「これ首からかけるの?」と言う声も。
錬成会でロザリオのブレスレットを作ったから、身につけるというイメージがあったのでしょうか。
ロザリオはアクセサリーじゃありません!お祈りの数を数えるための物ですね。

ロザリオを作るためには約60羽の鶴を折らなければいけないので、今日はひたすら折ります!

img_5590

折り紙の鶴って、意外と難しいですよね…
それに、丁寧に折らないとちゃんとした形の鶴になりません。
みんな一生懸命頑張ります。

14303801_645037559003701_1662791141_o

折り方を知らない子や忘れちゃった子はリーダーに教わりながら頑張りました!

14315693_645037545670369_1243422566_o

鶴の作り方を知っていて、さくさくいっぱい作ってくれた子もいました!

img_5591

一生懸命折っていたらあっという間に時間が過ぎてしまいましたね。

今日はロザリオづくりだったので、最後は「アヴェ・マリアの祈り」で終わりました。

img_5593

来週も元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

今日から2学期が始まります。久しぶりの教会学校です!
たくさんの子どもたちが集まってくれました!

img_5448

 

今日は始業式ですが、幼稚園で行いました。

一学期はみんなミサについて勉強してきましたね。
二学期は、イエス様について勉強していこうと思います。
とくに宣教を始める前のイエス様について勉強します。

そして、二学期はとにかくイベントが多いです!
例えば…みんなは9月29日が何の日か知っていますか?
松戸教会の守護聖人、大天使聖ミカエルの記念日です。
今年の9月29日は平日なので、お祝いのミサは10月2日になります。岡田大司教様が来てくださいます!

そして、クリスマス…「クリスマスはどんな日ですか?」というリーダーの質問に、みんな「イエス様が産まれた日!」と答えてくれました。
クリスマスのミサでは、今年はみんなに劇をやってもらいます!
去年はクリスマス会で朗読劇をやりましたが、今回は台本を見ながらの朗読劇ではなく、ちゃんとした劇をやってもらいます。だから台詞を覚えなくてはいけません!
しかも、クリスマス会ではなくミサの中で発表してもらいます!

これは責任重大ですね。リーダーが「教会学校の時間に練習するから、休まないようにしてください」と伝えると、「ぜったい休みたくない!」という声も聞こえました。がんばって毎週来て、皆で息を合わせて楽しいクリスマスを迎えられるようにしましょう!

img_5450

次に校長先生からのお話…としたいところでしたが、校長先生は今不在です…。
そこでリーダーからお話がありました。

 

今日は大事な2つのことがあります。

まず1つ目…今日、列聖される方がいます。
列聖というのは、聖人に加えられるということです。

聖人ってどんな人だっけ?
助祭のころ皆と一緒に教会学校で過ごしてくれた松永神父さまが、授業の中で聖人について教えてくれたことがあったけど、覚えていますか?
松永神父さまは「聖人とは教会が天国にいると認めている人」だと教えてくれましたね。

コルカタの聖テレサってみんな聞いたことあるかな?
マザー・テレサ…と言ったら聞いたことあるよね。
今日列聖されるのはマザー・テレサです。

「マザー・テレサって何をした人か知っていますか?」という質問に、「病気の人を助けた」と答えてくれました。
そのとおりですね。貧しい人や、病気の人たちを助けました。
コルカタというのはインドの地名です。カルカッタと言われたりもします。
そこでたくさんの死にそうなくらい苦しんでいる人たちを助けたのです。

コルカタの聖テレサについては、みんな本を読んでみたりしてね。

そして2つめ…今年から新しく、今日9月の第1日曜日が「被造物を大切にする世界祈願日」になりました。
被造物っていうのは、神様が造ったもののことです。
神様がつくったものってなんだろう?
みんな「地球」「人間」「動物」「宇宙」「命」などなどいっぱい答えてくれました。
言ってしまえば「全て」神様がつくったものです。

みんなが言ってくれたように「地球」も大切にしないといけません。
教皇様が、「地球温暖化」についてメッセージを出しました。
「回勅 ラウダート・シ——ともに暮らす家を大切に」というタイトルで本にもなっています。
地球温暖化がどう起こって、皆がともに暮らす家である地球がどうなるか…
食い止めるためには…そして地球温暖化とキリスト教の関係についても本に書いてあります。

みんなも地球温暖化を防ぐためにできることはいっぱいあります。
例えば身の回りの物、紙とか鉛筆とかを大切にするとか…
「被造物を大切にする世界祈願日」を機会にできることを実行してみようね。

 

 

リーダーのお話の次はみんなでゲームをしました!
皆、教会学校のお友達の名前をちゃんと覚えているかな…?びみょうですよね…
ということで、お名前を覚えるための「自己紹介ゲーム」をしました!

img_5451

 

ゲームのために、みんな向かい合ってもらいます。

ゲームのルール

  • 自己紹介として、自分の「夏休みの思い出」と、自分の「名前」を言ってもらいます。
  • 自己紹介する人は、自分の前に自己紹介した人の「夏休みの思い出」と「名前」を言ってから、自分の自己紹介をします。

 

例えば…「何々をした○○くんのとなりの、何々をした○○です!」という感じに、どんどん自己紹介していきます!

img_5453

一番小さい子からスタートして、どんどん自己紹介していきました。
けっこう難しかったですね!
最後の一番高学年の子には、自分の4人前の子の自己紹介から言ってもらいました!!

そして最後に、何人かの子に1人ずつ立ってもらい、名前あてクイズをしました。
みんなけっこう覚えられてきたのではないでしょうか?
これからは「ねえ」とか「君」とかじゃなく、名前で呼び合うようにしましょうね。

 

最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

img_5455

 

来週も元気に集まりましょうね!!!




 |  |  |  |

053

 

教会学校では、毎週日曜日に1年生から6年生までのお子さんを対象に、歌をみんなで歌ったり、工作や絵を描いたり、ゲームをしたり、おはなしの読み聞かせを聞いたりすることによって、子どもたちが楽しくキリスト教を学び、みんなで信仰を育てていけたらと思っています。

今年度の錬成会は、さいたま教区の黙想の家「那須高原マリアの家」に行き、3日間、共に過ごすことによって、様々な経験をすることが出来ました。

 

 

2学期は、来週9月4日(日曜日)から始まります。
2学期は10月に聖ミカエル祭バザー、12月にはクリスマスなどたくさんの催しが行われます。

みんなで一緒に教会で楽しく過ごしましょう!

 

開校日時

毎週日曜日 午前9時半~10時15分
 

対 象

小学生

(洗礼を受けていないお子さんももちろん入校できます)

 

費 用

無料
 

(注)錬成会・催しなどで実費を頂くことがあります。
 

募集期間

随時

 

申込みは、教会事務所前にある申込用紙に必要事項を記入のうえ、青少年育成担当までご提出ください。




 |  |  |  |

教会学校錬成会、3日目、最終日です。

今回のテーマは、「100% JESUS」です。

 

朝6時に起床。
今日もリーダーに起こされます。
もう270度くらい回転して寝ている子がいました。
「グルグル回っていたよ!」と、指摘を受ける子も…言っているその子も90度くらい回転していましたが……

IMG_7393

 

 

3日目も「菜の花体操」からスタートです。

IMG_7397
IMG_7398 - コピー
IMG_7404 - コピー
IMG_7405 - コピー

 

 

 

 

そして、朝の礼拝を行います。
3日目の礼拝は、今回の錬成会のテーマ「100%JESUS」に合わせて、行われます。
最終日ということで、今回の錬成会のまとめになるような礼拝が出来ればと思い、リーダー達で企画しました。

 

今日は。リーダーがオルガンで弾く「あなたの息を」が流れる中、侍者が、十字架をかかげ、入堂し、朝の礼拝が始まります。

IMG_7408

 

そして、先唱を務めるリーダーの導きで、回心の祈り、集会祈願をみんなで唱えます。

IMG_7410
IMG_7411

 

 

第1朗読は、「イザヤ書 61章1~3、10節」です。イエス様の使命が、福音、「よい知らせ」を知らせる事だということが記されています。
この箇所は、イエス様が宣教をはじめられた時に、読み上げられ、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話されたものです。
今年は、「いつくしみの特別聖年」というまさに「喜びの年」です。この箇所を、朗読し、深く黙想して、神様のいつくしみにもう1度味わってほしくて、この朗読箇所を選んでみました。

 

難しい朗読箇所でしたが、大変上手に出来ましたね。

IMG_7413

 

第1朗読後、少しの間黙想し、「詩編138章1~3、7~8節」をみんなで唱和し、第2朗読が行われました。

 

 

第2朗読は、「ヘブライ人への手紙 4章14~16節」です。
イエス様が「神の子」であり、私たちと神様の橋渡しをする存在である「大祭司」である事を、聖パウロは私たちに訴えています。
イエス様は、罪を犯さなかった方であるにもかかわらず、ご受難を受けられました。
全ては、私たちのためです。イエス様は、本当にいつくしみ深い方なのです。イエス様の憐れみの恵みを受け、その助けを受けるために、よりイエス様の近く、神様の意思に沿う生活をしましょう。

 

第2朗読を行ったのは、6年生。小学校最後の錬成会での朗読です。さすが、しっかりと朗読をすることが出来ましたね。
来年度からは、中高生として、みんなを纏められるように頑張りましょうね。

IMG_7417

 

 

そして、福音朗読です。
全員起立して、福音を迎えます。

IMG_7419

 

福音朗読は、「ルカによる福音18章35~43節」です。有名なバルティマイのお話の箇所です。

本来は、神父様が朗読される箇所です。代表して、参加者最年長の高校生に朗読してもらいました。

IMG_7420

 

 

福音朗読後、リーダーから、みんなにお話がありました。

 

 


 

2016年教会学校錬成会 リーダーからのメッセージ

今回の錬成会のテーマを覚えていますか?「100%JESUS」です。

実はこのテーマ、あるブラジル人のサッカー選手が大事にしている言葉から頂きました。サッカーを知らない人でも「バルセロナFCに所属するネイマール Jr.」という選手は聞いたことがあると思います。日本でもコマーシャルにも出ていますね。ネイマールJr.は、あるプロテスタント教会の信徒です。お父さんもお母さんも熱心な信徒で、みんなと同じように毎週日曜日に教会に行っていました。サッカーも子供の頃からはじめていましたが、ちょっとだけ早起きして、まず教会に行ってから、サッカーの練習に行っていたんですね。
ネイマールJr.は、ある2つの事がきっかけでこの「100%JESUS」という言葉を大事にするようになりました。

1つは、牧師さん、カトリック教会でいうと神父様ですね、牧師さんに「君はサッカーがとても上手だね。その君のサッカーの才能は、神様が与えてくれたものだよ。だから、神様に感謝して、その才能を一生懸命練習して伸ばせば、きっと素晴らしい選手になれるよ」と言われたことでした。自分の才能は「神様のもの」、自分は「神様の作品」なのだとネイマールJr.は信じているのです。

もう1つは、ある日、ネイマールJr.が大好きなお父さんが自動車事故にあい、死んでしまうくらいのとてもひどい怪我をおってしまいました。
ネイマールJr.は、大好きなお父さんのために神様にお祈りしました。「お父さんを助けてください!」ずっとずっとお祈りをしました。そのお祈りが叶い、お父さんはなんとか命を取り留めることが出来ました。ネイマールJr.は心から神様に感謝し、賛美し、より信仰を強く持ち、自分は「イエス様の奴隷」「イエス様のモノ」というようになりました。
100%JESUSという言葉の意味にはこの「自分は神様の作品」という意味と「自分は神様・イエス様の奴隷(もの)」という意味と2つの意味があるのです。

さて、今日朗読された福音書でも、バルティマイという目の見えない物乞いが、イエス様にお願いします。バルティマイには、「イエス様はキリスト・救い主だ!」とすぐわかったのでしょう。目が見えないからこそ、余計な事を考えず、「キリスト」と気付けたのかもしれませんね。私たち大人も時々余計な事をかんがえて本当のその人の姿に気づけない事があります。
そして、だから、彼は、イエス様を「ダビデの子」と呼びます。「ダビデの子」というのは、「キリスト」という意味です。そして、イエス様に「憐れんでください」と大きな声で呼びかけます。みんなにとめられても、怒られても、大声でイエス様に声をかけます。

この当時、目の見えない人というのは、「神様から罰を受けている人」と思われていました。だから、働く事も勉強する事も出来ず、みんなから仲間外れにしていました。働けないからお金もないし、住むところもない…家族もいない…友達もいない…それがどのくらいつらい事かみんなにも想像できると思います。

イエス様は、そんなバルティマイを憐れみ、ご自分のところにお呼びになりました。「憐れむ」とは、その人と同じように苦しみや哀しみを自分の事として感じることです。バルティマイが今までの人生で苦しんできたこと、悲しかったこと、全てをイエス様は、バルティマイと同じように苦しみ、悲しんでくださったのです。

そして、イエス様を「キリスト・救い主」と信じ、心の底から憐れみを願ったバルティマイに、イエス様は「あなたの信仰があなたを救った」と、仰います。
このイエス様が仰った「信仰」は、「イエス様はキリスト、救い主だ」と信じるような頭の中の信仰ではありません。「この方ならなんとかしてくださる」という必死の思いでイエスに向かっていった態度そのものです。自分の希望と信頼のすべてを神とイエスにかける、と言ってもいいかもしれません。

イエス様を心の底から信頼し、イエス様を心の底から希望としたからこそ、イエス様は、バルティマイの目を見えるようにして下さりました。そして、バルティマイは、その後、イエス様の弟子となります。きっと、弟子たちと兄弟・姉妹として今までの生活が嘘のような日々を送ったのだと思います。
第1朗読のなかでイザヤも言っています。神様は「打ち砕かれた心を包み捕らわれ人には自由をつながれている人には解放を告知させるために。嘆いている人々を慰め シオンのゆえに嘆いている人々に灰に代えて冠をかぶらせ嘆きに代えて喜びの香油を暗い心に代えて賛美の衣をまとわせるために。」イエス様をお遣わしになりました。
バルティマイのように心に傷をおい、不自由な状態にあった人が自由になり、慰められ、喜びの心を与えてくださるのです。

こうして、この「憐れみたまえ!」という言葉は、カトリック教会で大事なお祈りの一つになりました。ミサの中でも必ず歌いますよね。こんなシンプルな言葉がお祈りなんです。「神様!助けて!」こうお祈りするだけで立派なお祈りなんです。
神様を、イエス様を心から信頼し、イエス様を希望と思い、心の底から「憐れみたまえ!助けてください!」とお祈りすれば、きっとその思いを神様は憐れみ、わたしたちを救ってくれます。

みんなも「ネイマールJr.」と同じように「神様の作品」です。神様は、みんな1人ひとりに「力」を授けてくださいました。みんな1人ひとりが、「神様の作品」です。神様を信頼していれば、神様が造ったみんな一人ひとりに対しても心から信頼し、大事にすることが出来ると思います。

私たちは、昨日のミサでご聖体を頂き、イエス様と一致したものになりました。まさに100%イエス様です。

みんなは、神様から与えられた「力」を何に使いますか?
イエス様のように、神様を信頼し、神様から与えられた力を、神様の思いが叶えられるように使いますか?それとも、自分のためだけに使いますか?
バルティマイのように神様を心から信頼して、少しの間、神様と静かにお話してみましょう。

 


 

リーダーからのメッセージを聞いた後、少し黙想の時間をとりました。

 

 

そして、全員で信仰を宣言し、共同祈願を唱えます。

1人目は、「いつくしみの特別聖年のための祈り」でした。
さすが6年生ですね。長くて、難しいモノでしたが、しっかりお祈りを唱えることが出来ました。

IMG_7562

 

2人目は、「世界中のこどもたちのために」お祈りを捧げました。3人目は、「私たちのために祈ってくださる松戸教会の信徒の方々のために」お祈りを捧げました。
共同祈願は、侍者が側にいるわけではなく、完全に1人で行わなければいけません。しかし、2人とも、難しい所作もしっかりと出来ましたね。

IMG_7421
IMG_7422

 

 

次に、先唱を務めるリーダーの導きで、みんなで主の祈りを唱え、平和の挨拶をしました。

IMG_7424

 

 

そして、最後に「霊的聖体拝領の祈り」を全員で唱えて、しばらく、黙想し、礼拝を終えました。

IMG_7423

 

リーダーがオルガンで「マリア様の心」を演奏する中、侍者が十字架をかかげ、退堂します。

IMG_7425

 

 

 

 

そして、食前の祈りをして、朝食を頂きます。
このチョコパン…本当に人気があったみたいで、みんな2日目同様、たくさん食べていましたね。

IMG_7426

 

 

 

 

朝食後、3日間お世話になった「那須高原マリアの家」を心込めて、お掃除します。

トイレも……

IMG_7427
IMG_7435

 

お風呂も…

IMG_7431
IMG_7432

 

自分達の宿泊した部屋も…

IMG_7436
IMG_7434

 

食堂も…

IMG_7437

 

 

 

 

そして、お別れの時です。
那須高原マリアの家を出発します。

出発する前に、お世話になった那須高原マリアの家を管理されているご夫妻にご挨拶しました。
総監督の掛け声でみんなでお礼を伝えます。

IMG_7440

 

ご夫妻から錬成会を無事過ごせたことに関してお褒めの言葉を頂き、「この那須高原マリアの家を、第2のおうちだと思って、また、是非来てください」というお言葉を頂きました。

IMG_7439
IMG_7441

 

お礼の印として、みんなで感謝を込めてご夫妻のために作ったロザリオをプレゼントしました。

IMG_7442

すると、「この5つの種類の石の色は世界5大陸の色だね。この5つがそろっているという事は、平和を願ってという意味かな。本当に素敵なプレゼントをありがとうございます。」とお礼の言葉を頂きました。
総監督が中心になってみんなで作ったのですが、そんな意味があったんですね!(総監督、さすがです!)

 

 

出発前に、不思議な伝説があるマリア様の前で記念撮影。

IMG_7443

 

ご夫妻と一緒に!

DSC_0358


本当に3日間ありがとうございました!

 

 

 

 

 

そして、那須高原マリアの家を出発し、バスで松戸教会へと向かいます!
まだ、余韻が残っているのか…ちょっとはしゃいでます。本当にこの3日間で、みんな仲良くなれましたね!

IMG_7444

 

そして、TEAMガブリエルの班長に腕相撲を挑みます。

IMG_7452

 

TEAMガブリエル班長…遊ぶことなく、瞬殺します。

IMG_7453

 

こちらは、早速寝ようと、リクライニングを倒しました。総監督が隙間から怖い顔をのぞかせています。早く戻しましょう…。

IMG_7447

 

途中、寄ったパーキングエリアで謎の戦いを挑んでいる子もいました。

IMG_7455

 

本当に個性豊かなメンバーですよね。神様は本当にたくさんの賜物をみんなに与えてくださっていると感じます・・・・

 

 

でも、やっぱり疲れていたんですね。しばらくすると、みんな就寝モードです。

IMG_7448
IMG_7449
IMG_7457
IMG_7450
IMG_7451

 

 

 

 

 

午後1時頃、無事到着し、御聖堂にて、早速、閉会式が、始まります。

IMG_7467

 

 

閉会式では、勝利者チームの発表と個人賞の発表が行われました。

今回の勝利者チームは……………
TEAMガブリエルでした!!!おめでとうございます!みんなとても仲良く、班長を中心に頑張りましたね!

総監督から、みんなにご褒美が渡されます。

IMG_7462

 

次に、個人賞です。
今回、もっとグラティアスカードに名前が書かれ、色々な活動でポイントをえたのは……6年生!
2日目の礼拝やミサでは、朗読を、3日目の礼拝では、共同祈願を行い、森の探索でのクイズでも正解数が一番多かったですね!
何よりたくさんのグラティアスカードをみんなに書き、そして、みんなからもたくさん書いてもらっていました。

IMG_7464

 

そして、今回、(昨年までサブリーダーとして参加し)始めてリーダーとして参加したリーダーから特別賞が授与されます!
TEAMミカエルの班長が一番後ろの席で祈っています!サブリーダーとしての面目を守るためにも是非受賞したいです!

IMG_7465

 

特別賞は!!こちら!
2日目の礼拝での共同祈願、3日目の礼拝での侍者、そして、何より今回の錬成会を全力で楽しんでくれていました!

IMG_7565

 

特別賞のご褒美は…「10月2日に行われる岡田大司教様司式の国際ミサで侍者が出来る!」でした!頑張ろうね!(あんまり、嬉しくなさそうなのは…気のせいですよね)
一番後ろで、TEAMミカエルの班長も拍手を送ります!

IMG_7466

 

 

 

 

 

閉会式後、地下ホールに降り、保護者の方々が用意して下さったお弁当やアイスを頂きます!
総監督の掛け声で、用意して下さった保護者の方々にお礼をし、お祈りをして頂きます!

IMG_7468
IMG_7469

 

 

食後は、みんなで今回の錬成会の感想文を書きます。
昨年よりは、筆が軽そうですね。でも、雨が降ったせいで企画が出来なくて…そういう意味ではちょっと書きづらそうでした。
1日目のリーダーの出し物、ミサや礼拝について書いている子もいましたね。

IMG_7470
IMG_7473
IMG_7474

 

 

 

 
これで…2016年教会学校錬成会を終わります!
みんな、それぞれが「100%JESUS」です。
グライティアスというのは、ラテン語で「ありがとう」という意味です。
みんな、それぞれのメンバーの良い所をたくさん発見してくれました。それは、神様が、みんなに贈ったプレゼントをみんなが人のために使ったからだと思います。そして、それを感じる心が、みんなにあるのだと思います。きっと、聖霊がたくさん働いていたのですね。そんな、みんなに神様もすごく喜んでいると思います。

世の中には、色々な人がいますが、みんな神様からプレゼントを受けています。
これからもたくさんの人と出会って、たくさんの人に神様から与えられたプレゼントを使ってあげてください。

 

さて、今年の錬成会はどうだったでしょうか。
楽しい事ばかりじゃなくて…大変なこともたくさんあったと思います。お祈りもたくさんしましたね。
この3日間したことをお家に帰って、家族の方や友達とたくさん話してみてください。
来年はもっと良い練成会が出来るようにリーダーたちも頑張って企画しますので…来年はもっともっとたくさんの子供たちに集まってほしいなぁ…と思います。




 |  |  |  |

教会学校錬成会、2日目です。

今回のテーマは、「100% JESUS」です。

 

朝6時に起床。リーダーに起こされます。
毎年、男子の部屋は、リーダーに暴力……強制的に起こされますから、今年は、前もって起きている子が現れました。錬成会の朝は、早いのです!

IMG_7237

 

そして、みんなでシーツやお布団を片付けます。

IMG_7240

 

 

片づけが終わると、外に出て、一昨年昨年に引き続き、千葉県の体操「菜の花体操」を行いました。
担当のサブリーダーが言うには「千葉県の誇り」らしいのですが、何度やってもなぜか笑いが起きてしまいます……

 

 

 

 

 

体操を終えると、そのまま御聖堂に行き、朝の礼拝を行います。

まず、侍者が、十字架をかかげ、入堂し、朝の礼拝が始まります。

IMG_7242

 

侍者が、席に座ると、先唱者を務めるリーダーの呼びかけで、祈りを捧げ、詩編62『平和を神に求めて』を、TEAMミカエルTEAMガブリエルが交読していきます。

IMG_7244

 

そして、先唱者によって、集会祈願が唱えられ、(2日目の礼拝を担当したリーダーが選んだ箇所の)福音朗読が行われます。
朗読者には、事前に朗読箇所を渡しておき、練習しておいてもらいました。その甲斐もあり、しっかり、朗読出来ましたね。

IMG_7246

 

共同祈願では、3人のリーダーたちが、『1.子供たちのための祈り』、『 2.錬成会を支えてくださる方々のための祈り』、『3.教皇、司祭のための祈り』を、それぞれ唱えます。

IMG_7249

 

次に、ザカリアの賛歌を、TEAMミカエルTEAMガブリエルが交読していきます。

IMG_7243

 

そして、先唱者を務めるリーダーが、結びの祈りへと導き、最後に『諸聖人の連祷』が行われました。洗礼式などに行われる祈りです。
実は、この連祷には、今回、参加した子ども達、そして、サブリーダー(班長)、リーダー全員が、霊名を頂いた聖人、大天使の名前が含まれていました。
これに気づいた子は、10ポイント!が得られるのですが……難しいかなと思っていました。

ところが、始めて参加した3年生の女の子2人が、なんと気づいていました!他のメンバーは、ぜんぜん…きづいてなかったみたいですね……。

 

『諸聖人の連祷』が終わると、しばらく黙想し、侍者が十字架を持ち、退堂して、礼拝を終えました。

IMG_7252

 

 

礼拝後、明日の礼拝に備えて、オルガンの練習をリーダーがしていると、その様子を覗き見に、子どもたちがやってきました。
なんでも出来ちゃうリーダーはすごいなぁと…尊敬を集めます。

IMG_7255

 

こちらでは、TEAMミカエルの班長が、みんなを集めて、昨日の時点までのグラティアス(ありがとう)カードなどで得たポイントの総計の(個人の)順位を発表し、「2日目頑張りましょう!」と、声をかけていました。
班同士のポイントでは、ややTEAMガブリエルがリードしているようです。TEAMミカエルは、班長のいう事を聞かない子がいて、チームワークが少し乱れているのが、マイナスポイントでした。

IMG_7256

 

 

 

 

そして、食前の祈りをして、朝食を頂きます。

IMG_7259

 

チョコパンが美味しくて、みんなすごく食べていたみたいですね。

IMG_7260
IMG_7261
IMG_7262

 

 

 

 

朝食後、外に出て、十字架の道行を行います。

ところが、雨が降っています!
リーダーの指示で、部屋に帰って、雨具を用意し、十字架の道行を行いました。
昨年も行いましたね。覚えていますか?
先唱担当のリーダーに続き、子ども達・サブリーダー、リーダー、それぞれが、先唱し、祈りを捧げます。

IMG_7263

 

ここで、みんなの祈りが通じたのか…雨が止み、暑いくらいの日差しが今度は降り注いできます。

IMG_7264
IMG_7269
IMG_7270
IMG_7271
IMG_7272
IMG_7273

 

ところが…ちょうど第12留、イエス様が亡くなる場面で、また、雨が強く降ってきました。慌てて雨具を用意します。

IMG_7275

 

無事、14留まで終え、最後の15留でご復活されたイエス様に主の祈りを捧げました。
全員、1留ずつは、必ず先唱を唱えてもらいました。
イエス様のご受難・死・復活……改めて、お祈りすると『神様の私たちへの慈しみ』『イエス様の私たちへの愛』を実感できますよね。

ところで、昨年、錬成会に参加したメンバーは、気づきませんでしたか?
そうです昨年と同じ『留』をみんなには担当してもらいました。
実は、この事に気付くと、10ポイント、いや、20ポイントをあげても良かったのですが、誰も気づいてくれませんでした。

十字架の道行は、大事な信心業です。
松戸教会でも、四旬節の毎週金曜日に行っていますから、みんなもぜひ参加してみてください。

 

最後の15留では、素敵なお出迎えがありました。
アマガエルがご復活されたイエス様の足元で雨宿りをしていたのです。

IMG_7276

 

 

 

 

十字架の道行終了後、リーダー達で話し合い、今日予定していた企画をとりあえず全て中止することにしました。
敷地内の森を使った『オリエンテーリング』や『泥ケイ』……リーダー達もみんなとやりたかったのですが…安全を最優先しないといけませんから…しょうがありません。

 

 

そこで、まず、午後行う予定だった「ミサの練習」を、御聖堂で行いました。
練習を始める前にリーダーからみんなに「スケジュールの変更」について、話がありました。

そして、「松戸教会の錬成会は、侍者講習を泊りがけですることから始まりました。練成会は、みんなが成長するために、教会の方々が送り出してくださっています。今回の錬成会は、ミサや礼拝など、みんなにそれぞれ、少し上のレベルのことをやってもらいます。みんなリーダーの話を聞いて、しっかり練習しましょう」と話がありました。

 

今回、実際にミサで先唱を務めるリーダーに、式次第にそって、行ってもらい、侍者や朗読者、共同祈願など、特に松戸教会と違う動きとなる箇所を集中的に練習しました。
実は、先唱を務めるするリーダーも、先唱は初めての経験です。リーダーも含めて、チャレンジです!

IMG_7284

 

侍者を務める2人は、初めてリーダー抜きでやってもらいます。高学年の子には、下の子の役割を決め、指示を出してもらいます。

IMG_7282

 

朗読を担当する子には、前日に「聖書と典礼」を渡してあります。所作だけ確認し、しっかり行えるようにします。

IMG_7285
IMG_7288

 

共同祈願は、御聖堂の関係上、松戸教会と少し動きが違いますね。しっかり、所作を確認します。

IMG_7289
DSC_0259

 

約1時間練習し、もう大丈夫というところで、終了としました。
普段から侍者の奉仕を行ってくれているおかげで、みんなの覚えも早いです。

 

 

 

 

練習終了後、少し休憩して、御聖堂に戻ってきて、せっかくロザリオを作ったので、みんなで一環、唱えることにしました。土曜日なので「喜びの神秘」をみんなで唱えます。

1つの神秘ごと、まず、各班の班長が祈りへと導き、TEAMガブリエルTEAMミカエルが先唱を唱えます。

IMG_7292

 

自分で作ったロザリオを使い、アヴェマリアの数を数えながら、祈りを捧げます。

IMG_7294

 

TEAMミカエルが先唱を唱えているときに、TEAMガブリエルのメンバーが、1つ多くアヴェマリアの祈りを唱えていることに気付きました。
ちゃんとロザリオを使えていますね。TEAMガブリエルに20ポイントです!

IMG_7296
IMG_7298

 

総監督は、錬成会恒例の深い瞑想に入っていました。

IMG_7297

 

 

 

 

ロザリオ後、昼食です。
リーダーが言わなくても、自分たちで動いて、準備するようになってきましたね。

IMG_7300
IMG_7301

 

お祈りを唱えて、頂きます。

IMG_7302
IMG_7303
IMG_7304

 

班長が飛んだ汁を拭いてあげていますね。でも、残念ながらポイントはつきません。

IMG_7306

 

 

 

 

昼食後、雨も止んでいたので、みんなで森の探索を行うことにしました。
スタート前にマリア様の前で写真撮影。この立ち位置…どこかで見たような気がしますね。

IMG_7308

 

那須高原マリアの家の森には、9つの橋がかけられていて、1つ1つにエヴァから始まり、マリア様まで聖書で表されている女性の名前がつけられています。
せっかくなので、森の中を歩きながら、9つの橋を順番に通り、リーダーがその橋の女性にちなんだクイズを出していきます。正解した子には、10ポイント!が与えられます。

IMG_7310
IMG_7311
IMG_7312
IMG_7314
IMG_7315
DSC_0285
IMG_7316
IMG_7317
IMG_7319

 

エバ(創世記3:20 )橋からスタートし、サラ(創世記17:15-16)橋、ラケル(創世記30:22-24)橋、デボラ(士師記4:4-5)橋、ルツ(ルツ記4:13, 16-17 )橋、 ハンナ(サムエル記上 1.2, 11, 20 )橋、バト・シェバ(サムエル記下 12:24-25)橋、エリザベト(ルカ福音書1:13 )橋、マリア(ルカ福音書1:30-31)橋と9つの橋を渡り、森を1周してきました。

9つの質問が出たうち、最高の正解者は3つの質問に、正解しました。
バド・シェバの説明をリーダーがすると、「最低じゃん!」「ゲスの極み」という声が聞こえてきました。でも、ダビデは、その後、回心して、みんなに尊敬される王様になりました。ただの「ゲスの極み」じゃないんですよ。そう、イエス様もその「ダビデの子孫」です。

 

 

 

 

森の探索が終わった後、ミサが始まるまで、自由時間としました。みんな思い思いにリーダーたちと一緒に時間を過ごします。

女の子たちは、リーダー達とおしゃべりの時間です。

IMG_7554
IMG_7320

 

男の子たちは、食堂でトランプをしたり…(どうやら指で順位を表しているようです…)

IMG_7331

 

OKって意味ですよね……もちろん…

IMG_7332

 

最終的には、みんな合流して、神経衰弱をしてミサまでの時間を過ごしました。

IMG_7329
IMG_7335

 

 

 

 

そして、午後4時から、足利教会のネルソン・カバシシ神父様に司式していただき、年間第21主日のミサが始まります。
オルガン奏者がいないので、入堂とともに、先唱を担当したリーダーが入祭唱を唱えました。

IMG_7337
IMG_7340

 

第1朗読を、務めた6年生。とても上手に朗読ができましたね。所作も完璧でした。

IMG_7343

 

第2朗読の朗読者を誘導した侍者も練習通り出来ましたね。

IMG_7345

 

福音朗読の際には、しっかり高学年の子が、低学年の子をつれて、移動できました。
松戸教会と違い、朗読台と侍者席が離れているので、移動は難しかったと思いますが、練習通りしっかり出来ました。

IMG_7346

 

お説教では、子供たちもわかりやすく今日の福音の箇所についてお話しくださいました。

IMG_7347

 

 

奉納もしっかりできました。
侍者の子は、初めて1人で奉納行列を誘導でした。ちょっと練習でしたことを忘れてしまい、奉納行列をスタートさせるタイミングが早かったですが、その後は、しっかりと出来ました。

IMG_7530
IMG_7533

 

 

侍者の子は、リーダーがつかない状態で、本当によく出来ました。松戸教会で行われるミサでも、リーダーがいなくてもできそうです。下級生への指導もしっかり出来ましたね。

IMG_7351

 

 

IMG_7353
IMG_7352

 

 

そして、聖体拝領…

IMG_7357

 

神父様が祭壇を片付けられた後、第1朗読を朗読した子が、拝領唱を唱えなます。

IMG_7358

 

 

 

 

聖体拝領後、司式してくださったネルソン神父様に、総監督がお礼をします。

IMG_7359

 

そして、作ったロザリオを祝別していただきます。

IMG_7362

 

 

ミサの最後にみんなで記念撮影。

IMG_7365

 

 

 

 

食事までの間、ネルソン神父様とお話しします。色々お話を聞けましたか?

IMG_7368

 

そして、お祈りをして、食事を頂きます。

IMG_7372
IMG_7379
IMG_7380

 

TEAMガブリエルは、リーダーの食べる分にびっくりしていたみたいですね。

IMG_7378

 

 

食後、みんなで感謝を込めてネルソン神父様のために作ったロザリオをプレゼントしました。

IMG_7382

ネルソン神父、様本当にありがとうございました。
お近くにいらした際には、ぜひ、松戸教会にお越しください。

 

 

 

 

夕食中、「色々中止になったから、せめて肝試しはやろうよ」という要望が出始めます。
雨はすでに止み、松戸では見れないような星空が広がっていました。
そのような星空のもと、リーダーは、肝試しが出来るか、十分なチェックを行いました。

 

そして、肝試しを行います!
ある子はテンションがマックスに……でも、ある子は、テンションがミニアムに……
那須高原マリアの家の周りは、電灯が一切ありません。だから、本当に真っ暗…。最高の肝試しスポットです。

IMG_7383

 

コースの確認です。
森のグラウンドからスタートし、那須高原マリアの家へ…
そして、懐中電灯の光が照らされている方向に進みます。
途中様々な指令がリーダーから出されますから、それをクリアして、グラウンドに帰って来てください。

IMG_7535
IMG_7539

 

真っ暗な中を、3つのグループ(3人・3人・2人)に分かれ、懐中電灯の光を目指して、歩き始めます。

IMG_7540
IMG_7546
IMG_7549

 

光に向かって歩いていくと………
十字架の道行でリーダーが待っていて、「十字架の道行の一番奥にある蝋燭をとってきましょう」と言われます。
リーダーの所に戻ってくると……、懐中電灯を取り上げられ、蝋燭に火を点けて、「マリア様の所に向かいましょう」と言われます。

蝋燭の光だけで、マリア様のところにたどり着くと…別のリーダーが待っていて、マリア様の所まで案内され、「蝋燭をマリア様の前に置くように」と言われ、「マリア様の前で目をつぶってゆっくりアヴェマリアの祈りを唱えましょう」と、言われます。。。。

目を開けると……目の前はろうそくの火も消え、マックラ!誰もいない!!

 

………なんだか拍子抜けだったみたいです。
まぁ……普通に真っ暗な中を歩いてきただけでも十分怖かったみたいですが……

 


ところが、そんな中、3つのうち2つのチームだけが、少し不思議な体験をしました……。

スタート地点から、リーダーに言われた通り、懐中電灯の光に向かって歩いていると、確かに「光」が見えました。
そちらに向かって歩いていこうとすると……後ろから懐中電灯を照らしたリーダーが歩いて来て、「何やってるの!?そっちには、何もないよ」と、声をかけられます。
後ろを振り返り、今光のあった方向を見てみると…確かにマックラ…光など、どこにもありません。
リーダーに…「なんで向こう行こうとしたの?」と、終わった後に聞かれて、「光があったから」と答えると、リーダーは「向こうには誰もいないよ…ほら、みんな、そこにいるでしょ」と…確かにリーダー全員が、いました。

あの光はなんだったのでしょうか・・・・・・・・・
(感想文にも、不思議な体験として書かれていましたね)

 


 

 

さて…そんなモヤモヤ感を抱えつつ…その後、お風呂に入ります。
風呂上がりに扇風機を浴び、ホッと一息・・・・・。

IMG_7385

 

全員お風呂に入った後、御聖堂に集まり、「マリアの賛歌」を全員で唱えて、就寝となりました。

IMG_7560

 

御聖堂からの部屋への帰り道…エントランスにあった「典礼暦と祭服」の説明が描かれた円グラフがあり、よく侍者をして、わかっているTEAMガブリエルの子がみんなに説明してあげていました。
なぜか説明を受けている側にミカエル班班長の姿も……すごく納得している顔をしています。これは、TEAMガブリエルにも、教えてあげる子にも10ポイントですね。

IMG_7390

 

 

 

さて…2日目どうでしたか?
雨が降ってしまい、予定していた「オリエンテーリング」や「レク」が出来ませんでした。
実は、みんな以上にリーダー達がガッカリしています。みんなと一緒にたくさん外で遊びたかったのですが……。

明日は、最終日、最後の最後までみんな頑張りましょう!