|  |  |  |

今日も元気に子供達が集まりました。
「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

最初は歌練習です。
王たるキリストの祝日に歌う歌
「あめつちをつくり」と「イエスさまがいちばん」の2曲を練習しました。
行列をイメージしてぐるぐる行進しながら歌いました。

歌の練習が終わり…リーダーから質問!
王であるキリストの次の日曜から、
教会はどんな季節になるでしょうか?

その日から祭壇に何かが置かれるね。

正解は、待降節です。
祭壇には4つのろうそくが置かれますね。

待降節はイエス様が地上に来られる(御降誕する)のを待つ季節、
王様としてお迎えするための準備をする季節です。

クリスマスのミサは、みんなが奉仕します。
イエス様が来られる大事な大事な日に、ちゃんとしてないとだめです!

そしてクリスマスのミサには、信者じゃない人もいっぱいきます。
だからクリスマスの大事さを信じてない人にも伝えられるように
みんなに聖劇をやってもらいます!

今日は聖劇のキャストを発表します!
リーダーから配役が発表されました。

みんな自分の役はなんでしたか?
台本も配りました!大事にしてね!

そして早速、聖劇の練習に入りました。

聖歌隊の役だったみんなは教室に残って、歌の練習をしました。

今日は「あめのみつかい」を練習しました!
イエス様は動物がいる小屋(うまや)で生まれましたね。
イエス様が生まれたら…天使の大軍が歌いました!
「あめのみつかい」は天使という意味です。
そのイメージで歌ってくださいね!

一方役者チームは…
今日もらった台本の読み合わせを行いました!

セリフは覚えられそうでしょうか?
シーンのイメージはつかめましたか?
「劇」なので、動きや立ち位置も今後は練習していきます。頑張りましょうね!!

最後、全員もう一度集合して、
アヴェ・マリアの祈りと栄唱を唱えて終わりました。

来週からも聖劇の練習をどんどん進めていきます。
みんなおうちでも頑張って練習してきてくれると嬉しいです!
クリスマスの本番に向けて頑張っていきましょう!!




 |  |  |  |

今日も元気に集まりました。
最初に「教会学校・始めの祈り」を唱えてスタート!

今日は、宮原助祭のお話です!
どうぞよろしくお願いいたします。

カトリックでは、11月は死者の月です。
亡くなった人のためにいのり、亡くなった人たちのことを考える月です。
亡くなった人のことを思いながら祈ったり日々を過ごす月なのです。

去年、助祭は、福岡の神学校にいました。
福岡の神学校に住んでました。
神学校にも聖堂があります
福岡の神学校には、聖堂入り口に納骨堂がありました。
亡くなった神父様の骨がおいてあり、
亡くなられた神父様のところで祈るのです。

とっても聖堂の音が響くのですが、
去年みんなでお掃除してました。

掃除で使うものってなんでしょうか?
ほうきとちりとり?
ぞうきん?
ルンバ?

掃除機を使って掃除しました。
ブオーンとかぎゅおーーーんとかキュイーンとか
すごい大きな音がしますね。

掃除機の音は、空気を吸う音と、空気をはく音です。

神父様の骨があるところに行くと…
もっと大きな音がした気がしました。
誰かが喋っているような…?
そう思って掃除機を止めてみた、という経験があります。

息を吸う、息を吐く。
亡くなると、自然に息を吸ったり吐いたりするのが終わります。

自分が息をする音聞いたことありますか?
普通にしているとき、息をする音はしますか?
あんまりしないですね。
でも息を吸っていますね!

息をしていると声が出せます。
息止めてると声が出せないね。
大きな声出すときは、いっぱい息を吸いますね。
歌の練習の時もいっぱい息を吸いますね。

亡くなった人は息を引き取られるから、息をしません。

亡くなった人のこと考えてみて…
目を閉じて休んでいるのでしょうか。
どうなるのでしょうか。

亡くなったひとたちは楽しく自由に語り合っているんじゃないかな?
私たちのためにお祈りしてくれているんじゃないかな?
と助祭は思います。

イエス様もなくなりましたね。
十字架の上で…。
そして息をしなくなって…お話ししなくなりました。
お墓に入れられて、そのあと復活しました。

亡くなって、喋れなくなったイエス様は、
復活した後は、息止めてたでしょうか??
喋らなかったでしょうか??
そのまま天国行ったのでしょうか?

いいえ!
マリア様や弟子たちのところにいって、喋りましたね。
「あなたがたに平和があるように」
みんなへの挨拶のことばでした。

今日松戸教会では、亡くなられた方のために祈ります。
亡くなった人たちも自由に語り合ってるんじゃないかな?イエス様のように。
亡くなった方々もイエスさまが弟子たちのために祈ったように、
私たちのために祈ってるんじゃないかな?

亡くなった人たちは耳聞こえるかな??
どうでしょうか?
聴こえなかったら、私たちのお祈り届かないかもしれませんね。
きっとちゃんと届いていますね。

私たちは声を出して祈るけど
一人で祈ると一人分の声です。
みんなで祈ると大きな声になりますね。

おとなもこどもも教会に集まって声を合わせて祈ります。
イエス様の助けによって、私たちは誰かのために祈ることができます。

弟子たちやマリア様、聖人をとおして
亡くなった人のために祈ることができます。

掃除機よりもいっぱい吸って掃除機よりもいっぱい吐いて祈りましょう。

亡くなった人たちのために、みんなで祈れたら、いい11月を過ごせると思います!

これで助祭のお話はおしまいです!
宮原助祭ありがとうございました!

今助祭がお話ししてくださった「息を吸う」ということを意識して、
歌の練習をしましょう!
先週に引き続き、「あめつちをつくり」と「イエス様がいちばん」を練習しました。

最後に…
今日のミサでは亡くなった方の名前がいっぱい読まれます。
長くなると思いますが、今日の助祭のお話を思い出しながら、
みんなも亡くなった方々のことを思ってお祈りしましょうね。

最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

10:30のミサのあと、教会学校の子供達が、
「2019年ワールドユースデー支援募金」の呼びかけを行いました。

大きおな声で元気一杯呼びかけました。
募金してくださったみなさま、ご協力ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
お祈りをして始めます。

最初に歌の練習をします。

みんな、教会の暦(教会のカレンダー)の始まりはいつだかわかりますか?
教会暦の最初の季節は「待降節」ですが、
今年は12/2(日)から教会の新しい年が始まります。

では、一年の最後は?
今年は、11/25(日)が教会の一年の終わりです。
なんの日でしょうか?
「王たるキリスト」です。
一年の最後の日曜日が「王たるキリスト」の祝日です!

この日みんなは行列を行います。
まず、聖母子像の前で、「イエスさまがいちばん」を歌います。
そして行列の時に「あめつちをつくり」を歌います。

今日はこの二曲とも練習しました。

さて、授業に入ります!
プリントを2枚配りました。
1枚は「マルコによる福音」が書かれたプリントです。

まず、「マルコによる福音」の12章28〜34節を助祭が朗読してくださいました。

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」という質問に、
イエスさまが「第一は神さまを愛すること、第二は隣人を自分のように愛すること」とお答えになったというお話です。

なんでクリスマスにイエス様はきたのでしょう?
2枚目のプリントに、書いてあります。
私たちが住む世界を「神の国」にするためです。

「神の国」ってどういう国でしょうか?
今日はそれをみんなで考えてみましょう!

神さま見たことある人、いますか?
いませんね…。
「天国」は神さまがいる場所です。
神さまがいないところ、見えないところでも幸せにするためにイエスさまはきました…
神様が見えなくても幸せなところ、それが「神の国」です。

聖書をヒントに、「神の国」がどんなところか考えてみましょう!

2つのグループで別れて、助祭やリーダーに手伝ってもらいながら
「神の国」について書かれているところを探してみました。

さて、それぞれのグループで、聖書の中で「神の国」がどんなところかわかる箇所を見つけられたでしょうか?

「神の国」て言うのは?
一人一人みんな神さまを一番に考えていて、
自分と同じようにみんなを愛すしている状態です。

みんな、「主の祈り」を覚えていますか?
「私たちの日毎の糧を今日もお与えください」
というところがありますね。
糧というのはご飯のことです。
みんな、自分のごはん…と思って祈りますか?
それとも、お腹が減っててもご飯が食べれない人のことを考えて祈りますか?
みんながそういう風に、他の人のこと考えられる世界が神の国です。

例えば、「よいサマリア人」のたとえ話では、
サマリア人は自分のお金を全部使って、傷ついている人を助けました。
当時は、みんな傷ついている人や病気の人に近づいちゃいけないと思っていました。
だけどサマリア人は近づいて助けました。

今日の福音(「マルコによる福音」10章46〜52節)で、
イエスさまは目見えない人を見えるようにしました。
他の箇所では、立てない人立てるようにしたこともありますね。
イエスさまはいつも人を癒した後にこう言います。
「あなたの信仰があなたを救った。」
これは、「あなたが神様と繋がってるから、治ったんだよ」という意味です。

神さまとみんなが繋がってる!
そんな状態が神の国です!

神の国はもう始まっていると、イエスさまはいっています。
イエスさまを観たら神さまを感じられるからです。
でも今のみんなイエスさまを観たことないけど…
なんで2000年間キリスト教は続いたのでしょうか?

それは、神さまの存在を感じていたからです。
そして神様と繋がりたいと思わせることがずーーっとあったのです。

「教会」ってなんでしょうか?
みんなは場所とか建物のことだと思うかもしれませんが、違います。
イエスさまを信じる一人一人が集まったら、教会です。
お互い、会った時に神さまの存在を感じるというのが教会です!
だからキリスト者は、会ったら神様を感じさせる人じゃなきゃダメなのです。

そのためには…さっき助祭が読んでくださった「マルコによる福音」にあった、
イエス様が言った2つの掟を守ることが大事です!

錬成会のこと、思い出してください。
配膳係の子に、チームの仲間の飲み物より先に、自分の飲み物をまずとった人もいました。
チームの仲間のご飯が用意されていないのに、ご飯を食べ始めたチームもありました。
これでは、「隣人を愛しなさい」という掟、守れていなかったね。
「神様は何してほしいか?」を考えて毎日を過ごしましょう。
イエス様はその見本を一番にやってくださったので、
「イエス様だったらどうするか?」考えるとよいですね!

どうしてもイエス様のことが考えられないなって時もあるかもしれませんね。
そんな時、「ロザリオの祈り」を唱えましょう!
マリア様も、とてもお手本になる方です。
ロザリオのお祈りをして、マリア様だったらどうしようって考えてみましょう。
「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」はみんな覚えているよね?
覚えていれば、口で唱えている間もほかのこと考えられますよね。
ロザリオを唱える間「マリア様助けてください、イエス様みたいになれますように」って祈ってください。

最後、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて、教会学校を終わりました。
解散する前に、神父さまがくださったロザリオをみんなに配りました。

ぜひ使って、「イエスさまみたいになれますように」と祈りましょう!

また来週も元気に集まってください!!




 |  |  |  |

ついに聖ミカエル祭バザーの日がやってきました!
今年も教会学校はジュース販売とゲームコーナーの担当です。
去年に負けない聖ミカエル祭にするため、子ども達、リーダー達も頑張ります!

 

ジュースコーナーは子どもたち担当!しかし、あいにくの天気!
1時間ごとに4チームに分かれて、いつもより大きな声を出して呼び込み、ジュースをたくさん売るために頑張りました!

今回も見事完売!
みんな、本当に頑張りましたね!

 

聖ミカエル幼稚園の2階のゲームコーナーは、教会学校のリーダーや青年達、保護者の方々が担当です。
今年もたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!

大人気のストライクアウト!

 

輪投げ!は、簡単そうでなかなか入らない。でも、一番シンプルでわかりやすくて、大人気でしたね。

 

釣りゲーム!は、みんな大物を釣り上げようと一生懸命でした!

 

ボール転がし!は、小さい子にも大人気でしたね!

来てくれた子どもたちにゲームをたくさん楽しんでもらえたと思います!
 

来年もまた来てね!

 

今年もたくさんの青年や中高生がお手伝いに来てくれました!

 

さて、来週からは、通常の教会学校が行われます。
これから待降節に向かって大事な時期です。みんな元気に集まってくださいね!