|  |  |  |

今日は少し早めに集合してもらいました。
「ゆるしの秘跡」をうけてもらうからです!
まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

3月1日から、四旬節です。もうすぐですね。
四旬節の神父様の服の色は何色でしょうか??
「紫」と答えてくれました。

「紫」ってどんな意味か覚えていますか?
紫には「反省して神様のもとに戻りましょう」という意味があります。
神様のもとに戻るため、今日ゆるしの秘跡を受けます!

旬とは「10」という意味があります。
四旬節は40日という意味です。実際は44日間です。

40という数字は聖書にも色々出てきますね。
モーセがエジプトから民を率いてさまよったのは40年間…
ノアの方舟のお話で洪水が続いたのは40日間…
イエス様が荒れ野で悪魔の誘惑と戦ったのも40日間です。

四旬節は次の水曜日「灰の水曜日」からです。
ミサの中でみんなおでこに灰で十字架のしるしをつけます。
反省して神様の元に戻りなさい、という意味のしるしです。
この日は夜にもミサがあるので皆も来れたらきてくださいね。

四旬節は、ご復活を待ち望む期間です。
復活の前には受難と死がありますね。そのことも心に留めておいてください。

これから「ゆるしの秘跡」を受けますが、「ごめんなさい」と言って怒られに行く…とは考えず、
神様の元に戻るんだ!という気持ちで行って来てくださいね!

準備ができている人から聖堂へ移動して、順番にゆるしの秘跡を受けました。

ゆるしの秘跡の中で、神父様から「償いの指示」があります。
例えば「主の祈りを2回」「アヴェ・マリアの祈りを3回」等です。
戻って来た子どもたちは、リーダーといっしょに神父様から指示されたお祈りをしました。

みんな神様の元に戻れて良かったですね!

「ゆるしの秘跡」が終わった人は幼稚園の二階でゲームをしました。
ハンカチ落とし…ならぬ手袋落としゲームです。

とっても楽しそうでしたね!

最後は「アヴェ・マリアの祈り」で終わりました。

来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

 

6月18日・キリストの聖体の祝日に行われる初聖体の勉強会が4月から本格的に始まります。
それにさきがけ、初聖体のための保護者説明会が行われます。

日時

4/2(SUN) 9:15 – 10:00

場所

聖ミカエル幼稚園マリア教室

対象

2017年4月現在で小学二年生以上でまだ、初聖体を受けていない方

(注)中学生・高校生・大学生などで、初聖体をまだ受けていらっしゃらない方も参加出来ます。

 

 

ご希望される方は、教会事務室前(教会学校ボックス横フォルダー入れ)に申し込み用紙がありますので必要事項をご記入の上、4月2日までに教会事務室前にある「教会学校のボックス」に入れるか、青少年育成担当までご提出ください。

(注)対象の方で、まだ洗礼を受けていない場合は、先に洗礼の申し込み用紙を提出の上、初聖体の申し込みをしてください。

 

 

The Preparation  for First Communion will begin to from  April 2. An explanatory session for it will be held from 9:00AM on April  2nd at St. Michael Kindergarten.

The application is  in front of an office. Please fill in the required item and submit. The application dead line is April 2nd.

 

また、お知り合いの方で初聖体を受けていない新小学2年生以上のお子さんがいらっしゃいましたら、お声掛けをお願い致します。




 |  |  |  |

今日も子どもたちが元気に集まりました。
最初は「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

今日は最初に歌を歌いました。
今日歌った歌は「愛をください」です。

今日の福音は、イエス様が「自分を愛してくれる人を愛するのは当たり前!敵対している人も愛しなさい!」と弟子たちに教えてくれるところが読まれます。
でも…人間は弱いから、自分を攻撃してくる人を愛するのって難しいですよね…。だから、イエス様から愛を頂きましょう!
イエス様から愛を頂けば、「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈る」ことも出来るようになります。

歌詞を音読し確認してから、歌いました。

 

歌が終わったら教室を移動しました!

 

 

今日はゲームをしてお勉強します!!

まずはチーム分けをします。代表2人のこどもにじゃんけんしてもらって、勝った方からメンバーを選んでもらいました。

チームが決まったら、リーダーが一人一枚プリントを配りました。
プリントには聖書に出てくる人物の名前と、その人物の説明(自己紹介)が書かれています。

 

ここでゲームのルールを説明します!
Aチームが「人間をとる漁師にしよう!私について来なさい!」と言って、Bチームの1人を指名します。
指名された人は自分が持っているプリントの説明の部分を読み上げます。
Aチームはその説明を聞いて、それが誰か当てます。チームの皆と相談をして答えを考えましょう!
みごと正解した場合はその指名された人を自分たちのチームに加えることが出来ます。
不正解だった場合は、指名された人はそのままBチームに残ります。
そして次はBチームが指名する番…と、これを繰り返し、
チームが0人になってしまったチームが負けとなります!

 

 

では早速ゲーム開始です!まずはAチームが指名します。

最初の問題は…
使徒の1人です。他の弟子たちからイエス様が復活したと聞いても信じられず、「イエス様の傷に指を入れないと信じられない」と言いました。そして現れたイエス様に、傷に触ってみるように言われます。
この人物は…??

チームにはそれぞれリーダーがいて、リーダーはもちろん答えを知っていますが、教えません!
今回はなんとこの弟子が誰か知っている子がいて、みごと正解!答えは「トマス」です!

 

次はBチームの番です。

次の問題は…
弟子の1人で、元漁師でした。イエス様の重要な場面にいつも、ペトロとヨハネといっしょにイエス様のそばにいました。「雷の子」と呼ばれていました。ヨハネと兄弟です。

長い時間相談していましたが、なかなか答えが分からなかったみたいですね。
リーダーが「同じ名前の弟子がもう1人いて、大とか小とか名前の前につくよ」とヒントを出しますが…

相手チームから「はやくーーー」と野次が飛びます!
「誰でもいいから弟子の名前言ってみれば当たるかもよ?」とリーダーが言いますが…シーン。
タイムアップで答えられず終了しました。
答えはヤコブです!
ペトロ・ヨハネ・ヤコブの3人は重要な場面に登場するので、是非覚えておいてほしいです…

 

さて、時間もないのでどんどん行きましょう!Aチームのターンです。

次に読まれた説明は…わたしはギリシャ人のために福音書を書きました。B年に読まれます。パウロといっしょに旅をしました。わたしのシンボルはライオンです。

リーダーが色々とヒントを出して答えを導きます…
福音記者って誰がいたっけ?皆が持っているプリントに福音記者が2人いました。ルカとヨハネです。
他の2人は…?「マタイ!」と答えてくれました。マタイはA年である今年に読まれているから、違いますね。
じゃあもう1人は…
「マルコ!」と答えて大正解でした!

 

次はBチームが答える番です!

メンバーが減って来てしまったBチームは戦力が必要…ということでリーダーを指名!

リーダーが読んだ説明は…
私は12弟子のひとりで、元漁師です。兄弟はヤコブです。私は福音書を書きました。私の福音書は御復活や御降誕などの大事なときに読まれます。私のシンボルは鷲です。私はイエス様が奇跡を起こしたときはすべてイエス様のそばにいました。イエス様が十字架上で亡くなるときもそばにいました。イエス様が亡くなった後マリア様のお世話をしました。弟子の中で唯一殉教しませんでした。
答えは「ヨハネ」ですね。今度はBチームも正解することが出来、リーダーをゲットです!!

 

 

リーダーがいなくなってしまったAチームにサポートのリーダーがかけつけます。

 

 

さて、Aチームのターンです!

次に読まれたのは…
私は弟子の1人です。お金の管理・会計係をしていました。イエス様に裏切りを預言されました。最後の晩餐の時イエス様に「あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい」と言われました。ファリサイ派の人たちにイエス様を銀貨30枚で引き渡しました。イエス様が捕まった後、後悔して首を吊って自殺しました。

この問題は簡単でしたね!でも、名前だけじゃなく「〜の○○」と答えないとダメです!
これも知っている子がいてみんなで確認してからせーので答えました。
「イスカリオテのユダ!」正解です!

Aチームは仲間が増えていっぱいですね。

対してBチームは3人だけになっちゃいました。

 

 

最後にBチームのターンです。

指名された子が説明を読み上げますが…

実は…最後に指名された子のプリントが見えちゃってたようで、答えが分かっていたようです…
でもリーダーが「見えちゃってたとかはおいといて…」といっしょに考えます。
ペトロの兄弟という説明があったのですが、ペトロのプリントはBチームにありました。
ペトロの兄弟は「アンデレ」と書かれています…答えは「アンデレ!」

 

ここでタイムアップです!

今回はAチームの勝利です!
「Aチームの方がカンタンすぎた」という意見もありましたが、そんなことないと思いますよ。
Aチームのメンバーがよく知ってたおかげだと思います。
またゲームをする機会もあるかもしれません。勝つためにいっぱい勉強して覚えましょうね!!

 

さて、最後に教室を移動します。

リーダーから宿題のプリントが配られました!「宿題する時間ない」と文句がありましたが、頑張ってね。
来週は、みんなにゆるしの秘跡を受けてもらいます。自分が神様にごめんなさいと謝りたいことを考えて来てください。
例えば「宿題さぼっちゃった」とかだったら、それだけじゃだめです。
どうしてさぼっちゃったのかな?と考えて、例えば「宿題出した人のことが嫌いだから」とかだったら、
どうして嫌いだって思っちゃったのかな…とどんどん深く考えてきてくださいね。

最後に「主の祈り」で終わりました。

 

来週までにしっかり神様に「ごめんなさい」したいこと考えて来てくださいね!




 |  |  |  |

今日は侍者会を行いました。
最初はお祈りでスタート!

三学期は、卒業式で「子どもの奉仕するミサ」をします。
侍者会の時間があまりとれないから、もしかしたら今日だけかもしれません…
だから今日の練習しっかり頑張りましょうね!

最初にミサの流れを確認しました。
最初は…入祭
朗読が行われるのは…ことばの典礼
次は…感謝の典礼です。
感謝の典礼でとっても重要なことがありますが何でしょう。
聖変化・聖体拝領ですね。

侍者をやるためにはミサの流れをちゃんと理解していないといけないですね。
逆に言えば、いっぱい侍者をやったことがある子はミサの流れがちゃんとわかっていますね。

今日は感謝の典礼の中で行われる「奉納」を重点的に練習します!
侍者上級者チーム・中級者チーム・初心者チームでそれぞれ違う練習をしました。

侍者経験豊富な上級チームの皆は、中級チームのみんなが練習している様子を見て、間違ったときやわからなくなっている時、指示を出してもらいます!

初心者のみんなは、奉納する人の役を練習してもらいました。
侍者の役割ではないけど「子どもの奉仕するミサ」では子どもたちが行いますから、一生懸命練習してくださいね!

中級チームは更に2チームに分かれて練習しました。
うしろの上級チームが助けてくれます!

迷っている間にどんどん進みます!神父様役のリーダーが困ってしまってます!

上級チームからの指示が飛び交っていましたがスムーズに出来ませんでしたね。

次に2チーム目も挑戦です!

2チーム目は1チーム目をよく見てたからか、けっこうスムーズに出来たのではないでしょうか。

今度は指示なしで通してみました。

スムーズに出来ましたね!
最初の上級チームの指示がよかったのか、ちゃんとできました!

でもちょっと忘れやすいポイントがありました。
祭壇に上がる前「礼をすること」です。
祭壇に上がるときだけではなく、御聖体の近くを通るときは必ず礼をしましょうね。

さて、一通り奉納の練習を終えて、一度集合です。

こんどは、上級チームは鈴の練習、中級チームと初心者チームは朗読者の誘導の練習をしました。

祭壇に上がる前十字架に礼をします。
祭壇に上がったら神父様に礼をして、朗読台まで行きます。
侍者は朗読者の後ろに立ちます。
朗読が終わったら「神に感謝!!」と大きな声で言いましょう。
戻る時も、祭壇の中央で神父様に礼をし、降りたら十字架に礼をします。
朗読者の人は一歩後ろに下がります。侍者はその前を通って先に歩きます。
席に戻って朗読者の方と一緒に座ります。

「神に感謝!」と大きな声で言えていてよかったと思います!

上級グループは、リーダーから鈴の説明を受けました。
タイミングやならす回数がちょっと難しいですが、頑張りましょう。

そしてタイムアップ!

最後に「アヴェ・マリアの祈り」で終了です。
みんな今日も頑張りましたね!
また来週元気に集まってください!




 |  |  |  |

今日も元気に子どもたちが集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

先週はビンゴをやりましたね。
クイズ付きという特別ルールでしたが…みんな結構正解できていましたね。
みんなちゃんと知っていてくれてよかったと思いました!
これからも勉強頑張りましょうね。

今日は、先週のミサで読まれた福音について勉強します。
覚えているかな?

みんなにとって、「幸せ」ってなんでしょうか。
子どもたちが「嬉しい」「楽しい」と答えてくれました。

では、「嬉しい」「楽しい」「幸せだな〜」って感じるときってどんな時でしょうか?

「わかんない」と言ってくれた子もいました。
「三億円当たったら嬉しい」「欲しいものを買ってもらった」「ゲーム買ってもらった」「マラソン大会でいい成績が残せた」等色々出ました。

でも…お金は使っちゃったらまた欲しくなるよね?
ゲームとか欲しいものを買ってもらっても、飽きちゃったらまた別のものが欲しくなるよね?
スポーツでいい成績残せても、次にまたいい成績が残せるとは限らないよね?
それに、もしかしたら、練習中怪我しちゃうかもしれないよね?そしたら幸せかな?

先週は、下原助祭がミサの中で、イエス様が「本当の幸せ」とは何かを語った場面を読んでくれました。
思い出したかな?
先週読まれたところは、カトリック信徒にとってとても大事だから、覚えてほしいと思います!

ここでプリントを配ります。プリントには先週の福音の大事なところが書かれています。

まずはひとりに先週の福音箇所を音読してもらいました。

この場面は「山上の説教」と言われる場面です。
イエス様と弟子と群衆がいて…
イエス様は山にいます。弟子たちもイエス様の近くにきて、イエス様のお話を聞きます。
群衆もイエス様のお話を聞いていました。

イエス様は「幸いである」と言っているけど、「幸い」=「幸せ」ってことです。

プリントの問題をみんな解いてみましょう!
プリントには「○○な人は幸いである」と書いてありますね。
高学年の皆はその下が空欄になっているから、そこをうめてね。
低学年の皆は下にその続きが書いてあるから、正しいものを線で結んでください。

できたら、自分が好きだな〜とか、面白いな〜と思ったことばに印を付けてくださいね!!

さて…みんな出来ましたか?
何人かに気になったことばを発表してもらいました。

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」
「悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる」
「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ」
「義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる」
「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」

リーダーがこの中から一部を詳しく解説しました。

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」
まずは、「心の貧しい人々は、幸いである」。
心の貧しい人ってどういう人でしょうか?
「ひとりぼっちの人」と答えてくれた子がいました。
そうかもしれませんね。

聖書はいろんな「訳」があります。
ある訳では「自分の貧しさを知る人」と訳されています。
ギリシャ語の聖書では「霊において貧しい人」と言う意味で書かれています。
霊っていうのは、聖霊のことです。
みんな三位一体って聞いたことあるよね?神様と、イエス様と、聖霊…この聖霊のことです。

例えば…お金がないという意味で貧しい人は、お金が欲しいですね?
これとお同じように、聖霊において貧しい人は神様を求めます。

そして「天の国はその人たちのものである」
聖書が書かれた時代、国っていうのは王様が支配しているところのことを言いました。
つまり、天の王様である神様が支配している国が天の国です。
天の国にいるってことは、神様と一緒にいるってことです。それってすごく幸せなことですね。

まとめると、神様を求める人は、天の国で神様と一緒にいられるから幸せだよってことですね!

 

「悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる」
先週下原助祭がお説教で悲しみについてお話しされてましたね。
でも、悲しむ人は悲しいんだから、なんで幸せなんでしょうか?
悲しむ人のそばには、いつも神様がいてくれて、慰めてくれているってことを、イエス様は言っています。
神様が慰めてくれるんだから、それはとても幸せなことですね!

 

「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ」
柔和っていうのは「優しい」という意味です。
この箇所は、旧約聖書の詩編(ダビデ王が書いた詩)から取られています。
詩編では「小さな人々は地を引き継ぎ」という箇所があります。この小さな人々っていうのが柔和な人ってことですね。
では小さな人々ってどんな人でしょう?
神様の前で自分を小さくできる人ということです。
神様にむかって「俺は偉いんだぜ!」と言ったりしたら、それは小さくないですね。
神様の前で自分を小さくできる人とは、神様に従う人ということです。

 

「平和を実現する人は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」
平和って何だろう?
「争いがない」って答えてくれましたね。それも平和ですね。
でもそれだけで本当に平和でしょうか?

戦争がなければ平和ですか?違いますよね。
平和の「平」は「たいら」っていう字ですね。
つまり、足りない人に分けてあげたり、みんなと仲良くする…
そういう風に出来たら平和なんじゃないでしょうか?

 

ここでタイムアップです!
全部説明できなくて残念でしたが、今日説明できたところはよく覚えていてほしいと思います!

終わる前に、歌を歌いました。

「Walk in the light (ウォーク・イン・ザ・ライト)」を歌いました。
今日の福音の「地の塩・世の光」のお話にぴったりの歌です。
英語のところもあって難しいけど頑張って歌いました!

そして「アヴェ・マリアの祈り」を唱えておしまいにしました。

今日は先週とは打って変わって、がっつりお勉強でしたが、みんな頑張りましたね。
来週も元気に集まってくださいね!