|  |  |  |

10:30からのミサの後、教会学校の子どもたちが
メキシコ大地震の被災者支援募金の呼びかけを行いました。

メキシコでは、9月に2度大きな地震が発生しました。
その被災者の方たちの支援のための募金を、子どもたちが大きな声で呼びかけてくれました。

多くの方が募金にご協力くださいました。ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日も元気に子どもたちが集まりました!
10月はロザリオの月、ということで、今日はロザリオの祈りについて勉強しました。

 

最初に、「はじめの祈り」として歌を歌いました。
こんどまた、このあいだのミカエル行列のように行列を行う予定があります。
そのときに歌う歌、「あめつちをつくり」(カトリック聖歌集281番)を歌いました。

現代語ではなく少し古い日本語なので、言葉がちょっと難しいですね。
普段から歌う曲ではないし、メロディーも難しいですね…。

たくさん歌いました!

 

さて、歌の練習の後は授業に入ります。

プリントが配られました。

プリントにはロザリオのイラストと祈り方が書かれています!
今日はロザリオの勉強をします。
ロザリオの祈りは、今年の錬成会でも2日目の朝やりましたね。行った人は覚えていますよね?

 

ロザリオは「主の祈り」1回、アヴェマリアの祈り」10回、「栄唱」1回を「1連」といい、
5連唱えると「1環」です。

プリントには「主の祈り 1回」の後にカッコ(  )がありますね。
このカッコのところで、「神秘」を黙想します!

神秘には大きく4つ、それぞれ細かく5つに分かれています。

修道士さんたちはむかし、150の詩編を一週間で全部唱えるということをしていました。
いまも修道会によってはやっているところもあります。

でも、現代は字を読める人がいっぱいいますが、昔は読めない人も多く、
特に昔は聖書はラテン語で読んでいたので、
詩編が読めないという人も多かったです。
そのため、字が読めない人は詩編の代わりに「主の祈り」を150回唱えました。
それが変化していってロザリオを祈るようになったと言われています。

そして、ロザリオを祈る時、聖書が読めなくても聖書に出てくるいろんな場面をイメージして祈るようにしていました。
それが「神秘」です。

 

 

「神秘」についてイメージしやすいように、絵を持ってきました!
それぞれの神秘にあった絵があります。
2人ずつのグループになって、神秘の順番通りに絵を並び替えてみてください!

さて、出来ましたか?

それぞれの並び替えた絵をみながらそれぞれの神秘についてみていきました。

「喜びの神秘」のお話は、みんなよく知っているはずです!途中まで、クリスマスのお話だからです!
昨年のクリスマス、聖劇をやりましたよね?だから知っているはずですね!

 

「苦しみの神秘」は、何のときのお話だか分かりますか?
「喜びの神秘」はクリスマスでしたね。こっちも重要な季節のお話です。
「四旬節」です。

 

「栄えの神秘」はイエス様のご復活、聖霊降臨、マリア被昇天のおはなしです。

 

最後の「光の神秘」は、2000年に入ってから神秘に含められました!
新しい神秘です!

最後に席に戻り、プリントの穴埋めをしました。
それぞれの神秘は、黙想する曜日が決まっています。
「喜びの神秘」は月曜と土曜
「苦しみの神秘」は火曜と金曜
「栄えの神秘」は日曜と水曜
「光の神秘」は木曜日です!

キリスト者は…洗礼を受けると…いろいろやらなければならないことがありますね。
ミサに来なきゃいけない…教会学校に来なきゃいけない…
隣人を愛さなければいけない…
そして、祈らなければいけません!

どうしてキリスト者は祈らなければならないのでしょう?

皆は何を信じているでしょうか?
使徒信条を思い出してみてください。
使徒信条は「これを信じるとあなたはキリスト者です」ということです。

例えば「私たちの主、イエス・キリストを信じます」「聖霊を信じ…」などとありますが、
みんなはイエス様が見えますか?聖霊がみえますか?
たまに見えるという恵みを頂いている方もいるようですが、ほとんどの人が見えません。
信じていても見えない、見えないけど信じていますね。

見えないけど、どうしたらよいでしょうか?
お祈りがそれを解決してくれます。

お祈りの最初は、語りかける形で始まるものがおおいですね。
「天におられる私たちの父よ…」「聖霊来てください…」「アヴェ・マリア…」等です。
このように、自分から語りかけることで、信じていくことが出来ます!

今日はここまでです!最後にマリア様に語りかけて(「アヴェ・マリアの祈り」をお祈りして)終わりました。

 

 

そして…

今日、10時半からのミサで侍者デビューした子がいます!

これからもどんどん侍者やってみましょう!がんばってくださいね!




 |  |  |  |

本日、年間第25主日、松戸教会では、教会の守護者「大天使聖ミカエルの祝日」をお祝いするため、教皇大使チェノットゥ大司教様をお迎えして、国際ミサが行われます。
教会学校でも、昨年に引き続き「聖ミカエル行列」を行い、大天使聖ミカエルの祝日をお祝いします!

今日のために歌の練習(9月10日9月17日9月24日)もたくさんしてきました。

 

そして、今年の錬成会で総監督賞を受賞した子が、侍者を務めます!

 

 

 

午前10時、地下ホールに集まり、大天使聖ミカエル像の写真の前に並びます。

 

最初に「大天使聖ミカエルへの祈り」を全員で唱えます。

大天使聖ミカエルへの祈り

大天使聖ミカエル、悪との戦いにおいて私たちを護り凶悪な企みに打ち勝つことができますように。
神の命令によって悪魔が人々を害することができないようにお願い致します。
天軍の総師、人々を惑わし食いつくそうと探し回っているサタンと他の悪霊を神の力によって地獄に閉じ込めて下さい。アーメン。

 

そして、代表者3名が共同祈願を唱えました。

  • 私達の守護者 大天使聖ミカエルよ。
    いつか私たちが、あなたと共に神の御国で、神の御栄えを仰ぎ見ることができますように。
  • 私達の守護者 大天使聖ミカエルよ。
    目の前で起こっている現実に負けず、私たちが、あなたにならって、常に神様に忠実で、その御旨を尊み、その御言葉を守ることができますように。
  • 私達の守護者 大天使聖ミカエルよ。
    私たちに悪の誘惑がある時、誘惑に負けず、神様に向かって歩む事ができますように。

 

 

そして、聖母子像へと行列を進めます。

 

 

 

聖母子像では、みんなでアヴェマリアの祈りを唱えました。

 

そして、チェノットゥ大司教様、フィリップ神父様をお待ちします。

 

 

 

 

チェノットゥ大司教様、フィリップ神父様をお迎えして、再び行列をスタート!

 

「みつかいの」3番を繰り返し歌いながら、聖堂へと向かいます!

 

 

 

そして、エントランスホールで「みつかいの」3番を繰り返し歌い、皆さんが御聖堂に入るのを待ちます。

カトリック聖歌集「みつかいの」3番

正しきみ旨の 行なわれんためこの世に光と 平和をもたらす
大天使ミカエル 御使いの長よ 永遠に守りませ
ただしき み旨の 行われんため この世に 光と 平和を もたらす
大天使ミカエル 御使いの 長よ とわに 守りませ

 

 

 

ミサ開祭の合図となる香部屋前の鐘が鳴り、入堂とともに、行列が祭壇に安置されている聖ミカエル像へと進みます。

 

そして、聖ミカエル像に2人ずつ献花しました。

 

 

昨年から始めた聖ミカエル行列も、2度目。
今年も教会学校で松戸教会の守護者大天使聖ミカエルの祝日をお祝いすることが出来ました!

これからも、みんなのことを「悪の誘惑から守ってくれる」と思います!
これからもお祈りを欠かさず、善い子になれるように頑張りましょう!




 |  |  |  |

今日は、国際ミサの前、10時から聖ミカエル行列が行われます。
教会学校の時間はそのリハーサルをします!
みんなにはいつもより30分早く9時に集まってもらいました。

まずは、行列の並び順を決めました。

侍者以外のこどもたちは、学年順で背の順になる感じに、2列に並んでもらいました。
6年生ひとりは先頭で、皆をひっぱってもらいます。

 

本番では、会衆の皆さんが入られてから、神父様たちと一緒に入堂します。

 

中央通路を通り、聖ミカエル像の前に献花します。

 

 

1人ずつ献花する練習をしてみましたが、時間がかかるので、2列に並んでいる隣同士の人と一緒に献花することにしました。
もう一度、2人組で献花する練習をします。
2人一緒にそろって動いてもらいたいですが、同時にスムーズにやらないと時間がかかってしまうので、頑張りましょう。

 

 

 

リハーサルを一通り終えて、幼稚園に移動します。
今度は行列中に歌う歌の練習です!
「みつかいの」をひたすら歌い続けます!

最後の方になると、大きな声で歌える人も増えてきましたね!
本番もその調子でお願いします!

 

さて、10時が近づいて来たので、スタート地点の地下ホールに移動します。
いよいよ本番です…!しっかり頑張りましょうね!




 |  |  |  |

来週はいよいよ「松戸教会の守護者大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ」が行われます。

教会学校から大司教様にプレゼントを贈るために、今日教会学校の時間のなかで、5年生に英語で聖ミカエルへの祈りを書いてもらいました。

 

そして、リーダー達は、プレゼントを完成させるために頑張ります。
ところが、今日は3連休…リーダー達も旅行に行ったり、用事が合ったりして、みんな早く帰ってしまいました。
残ったのはリーダー1人とサブリーダを務める高校生1名…

子ども達の写真を選ぶべく、ホームページや今まで集めていた写真をみて、全員分の適当な写真を選びます。

 

なかなか良い写真が見つからない…時間は刻々と過ぎていきます。

 

明日が休日という事もあり、保護者の方に許可をもらい、完成するまで残ってくれることになりましたが…午後10時を過ぎても…終わらない…

 

 

ようやく完成に近づき、プレゼントに合わせて写真をトリミングします。
「貴婦人と社長」と名付けられた2人の子どもたちの写真を見て、少しほっこり…

 

 

そして、10時55分…ようやく完成!

 

「普段、リーダーたちが裏でどれだけ頑張ってるか改めて分かった」そうです。
リーダーになった時、この経験で得た思いを子どもたちに向けて、より良い教会学校にするように頑張ってください!

チェノットゥ大司教様にもきっと喜んでいただけると思います!

 

 

(*)この後、片づけをして、リーダーが家まで車で送りました。