|  |  |  |

今日も元気にみんな集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

今日は宮原助祭の授業です!
どうぞ、よろしくお願いします。

みんなに質問!
みんなじぶんの心はどんな形していますか!?
考えてみてください。

ハート形?星?まる?
じゃあリーダーの心の形はどんな形でしょうか?

心の形はみえないですね。
私達は目に見えないものを大切にするように神様に教えられています。

最近泣いているお友達みた人はいますか?
自分が泣いちゃったって人もいるかな?

泣いてる人をみたら、何故泣いているのかなって考えさせられますね。

助祭も泣いている人をみました。
テレビで見たのですが、野球の試合で負けたチームも勝ったチームも泣いてました。

次の質問です。助祭の心は何色でしょうか!?
周りのお友達の心は何色かな??
服の色はわかりますけど…心は??
想像してみてください。

お友達の色はいいなーって思う色でしたか?
それとも…?

さて、透明色っていう色はありますか?
あると思う人!…ないと思う人のほうが多いですね。
じゃあ…鏡の色って何色だろうね??

毎週日曜日、神様のことをいつもより考えますね。
では、神様の色って何色かな?
神様って色があるかな?

神様色っていう色がもしあったら、
きっとそれが神様の色ですね。
神様に色がもしあったら、神様のことよくわかるかもね。
でも目に見える形での色がないから見ることができないですね…。

さて、イエス様もときどき泣いていますね。
何回か涙を流したということが聖書にも書いてあります。
そして、周りの人が泣いていたらその人のそばに行っていますね。

イエス様の涙の色は何色でしょう…。
みんなの涙の色は何色??
みんな「透明」と答えてくれました。

しかし、イエス様は見た目は透明に見える涙をただの水とは考えません。
スポーツで負けても勝っても涙を流すけれど、その涙は違いますね。

悲しい涙は悲しい色してるかもしれませんね。
嬉しい涙は嬉しい色かもしれません。

イエス様は人が泣いている時その涙の色をよく見つめてそばにいきます。
涙を流していなくても、その人が苦しかったり悲しかったりしたら、そばにいきます。
そして、優しさを与えます。
イエス様は、私たちには真似できない方法で優しくします。

「私を食べなさい」

イエス様は自分を食べ物として与えて優しくしました。
そこらへんにあるものを与えるのではなく、自分自身を悲しい人苦しい人に与えたのです。
そのへんの食べ物とは比べ物にならないくらいいいものです。

泣いてる人のそばに行って「私を食べなさい」と私たちが言っても、イエス様の言葉を真似しているだけですね。
イエス様は本当に食べさせてくれました。
私達は、ミサで毎週イエス様を食べますね。
そうして、私たちを通してイエス様がはたらいてくれるように、祈らないといけないですね。

悲しくて泣いてしまう時があっても、自分の涙の色わからないね。
でも、イエス様が涙の色をみてくださって、一緒にいてくださいます。
涙の色を感じ取ってやさしくするイエス様…
私たちも同じようにできるように祈っていかなくてはいけないです。

私たちがイエスさまの心の色、涙の色を決めつけてはいけません!
でもイエス様の色は一番いい色だなーと思う色です。
イエス様が与える優しさ「私を食べなさい」は、真似できないけど、2つ目の方法があります!
イエス様は祈りを教えてくれました。
なんの祈り??「主の祈り」ですね!
イエス様が、弟子たちに教えてくれたお祈りです。
覚えていますか?

そして、お祈りは主の祈りだけではないですね。
教会は10月を何の月とよんでいますか?
「ロザリオの月」と呼びます。
日本だけではなく世界中の人が10月を「ロザリオの月」として、ロザリオの祈りをしています。
ロザリオの祈りは、「主の祈り」「詠唱」「アヴェ・マリアの祈り」ですね。
世界中の人と心をひとつにして祈れるといいですね。

イエス様は泣いている人悲しんでいる人のところにいきます。
でも大人気だったからいろんな人がイエス様のところにきました。

イエス様はまた、別の方法でも優しさを与えてくれました。
今日の福音「マルコによる福音」10章13〜16節を読んでみましょう。

イエス様の元にはいろんな人が集まってきました。
奇跡を起こす人だと有名だったから見てみたいと思い集まってきたのです。
集まりすぎてイエス様はなにも出来なくなってしまったりもしました。
満員電車みたいに人が押し寄せてきたかもしれません。
お母さん・お父さんたちは、自分の子供たちをイエス様の近くにいかせたいと思いました。
弟子たちは「ちょっと集まりすぎだよ。」と叱ってしまいました。もしかしたら「子供はまだ早い!」と言ったかもしれないですね。
でもイエス様は、子供達を抱き上げて、手を置いて祝福しました。

抱き上げるというのは神様からの優しさのしるしですね。
こどもたちだからこそだね。

手を置いた…というのを教会では「按手」と言います。
ミサの中でも行われるね。
洗礼や堅信の時もそうだけど、祝福を与えるときに按手します。
按手は神様の祝福のしるしです!
助祭が按手するときも、助祭からの祝福のしるしじゃないです。
神様からの祝福のしるしです。
神父様、大司教様…誰がやっても神様からの祝福ということには変わりがないのです!

「私を食べなさい」
お祈り
按手

どれもイエス様の優しさです。
聖体拝領のときはみんなはイエス様を食べるから祝福(按手)はないけど、
ミサの最後にみんな祝福されますね。(派遣の祝福)

では、最後に、ロザリオの月なので、マリアさまの御像のところに行って
「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」を唱えて教会学校を終わりましょう!

宮原助祭、ありがとうございました!
来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました。
教会学校はじめの祈りでスタート!

今日は侍者の勉強を行います。
侍者の経験が多いベテラン(?)チームと、侍者の経験が少ない初心者のチームの2グループに分かれて
侍者の勉強をしました。

 

ベテラン(?)チームのみんなは聖堂に移動し侍者会を行いました。

入祭から順番に練習していきます。

中高生は侍者リーダーとして、他の皆に指示を出せるように練習します。
また、クリスマスと復活祭のミサの栄光の賛歌の時はずーっとカンパネラを鳴らすので、
侍者リーダーはその時カンパネラを持つタイミングも練習しました。

そして、朗読者の誘導も練習します。

朗読者の誘導の時は、所作の美しさも重要ということをリーダーに教わりました。
とても上手に出来ている子がいたので、他の皆とどこが違ったか皆に考えてもらいました。

まず、最初移動するとき、朗読する人がちゃんと来ているかな、とさりげなく確認していました。
お年寄りの方など、歩くのがゆっくりな方もいるので、気を配るようにしましょう。
そして、礼の深さの差別化がとても上手でしたね。
十字架に礼をする時が一番深い礼です。神父さまに礼をするときは十字架に礼をするときより浅くします。
みんなも一応やっていたと思いますが、もっと見ている人にわかりやすくできると良いですね。

そして福音朗読の時の並びも練習しました。

奉納の時は、奉納する人を迎えにいくメンバーを侍者リーダーが選んで指示を出します。
迎えにいく人は、戻る時、神父さまが前に出て来るのを待ちましょう。

そして…神父様をお待たせしないように水と葡萄酒や、手を洗う水と手を拭く布を用意します。

侍者リーダーはスムーズに指示を出さないと、神父様を待たせてしまいます。
モタモタしないように頑張ってください!

聖変化の時にカンパネラを鳴らす練習もしました。

持つタイミングも鳴らすタイミングも細かく指導がありました。
「カンパネラを鳴らしているとき、神様の空間になっています。だから美しい音で!」

聖体拝領の時の動きも練習しました。
「一番前の席に足の不自由な人が座っていたらどうする?」など、
その時々でどう動くべきかも指導がありました。

 

そして退堂まで練習しました。

慣れているメンバーだけでの練習で、細かいこともじっくり練習できてよかったですね。
実践でも、細かいところに気を配って出来るといいですね。

こちらのチームの練習はこれでおしまい!
最後にお祈りをして一旦終了しました。

 

 

一方その頃…初心者チームは幼稚園の教室に残ってお勉強です。
こちらのグループはミサの時にまだ赤いラインの入った侍者服を着ている子達です。
※松戸教会では赤いラインの入った侍者服は、侍者初心者の子供達が着ます。

最近よく質問を受けるようになりました。
「白い侍者服を着られるようになるにはどうしたらいいの?」
今日はそれについてリーダーからお話をしました。

初聖体が終わった子はミサの中で侍者の奉仕をします。
みんなはまだ初心者ということを示す赤いラインの入った侍者服を着ているので、来年の初聖体まで白い侍者服を着られるようになってください。
そのためにはまず、所作(侍者の動き)を覚えましょう。
教会学校の侍者会で習うので、その時にしっかり覚えましょう。
覚えたら、早速ミサの中でチャレンジしてみましょう。
今日はそれと同じぐらい大切な「侍者の心構え」について学びましょう。

 

まず、白い服を着られるようになるためには「着衣式」を受けなくてはいけません。
2学期の始業式に着衣式をした子がいましたね。
その時、式の中でどういうことがあったか思い出して見てください。
神父様から3つの質問があって、それに「はい!」と答えたら、神父様と約束をしましたね。
どんな質問だったか、プリントを見て振り返って見ましょう。

 

最初の質問こうでした。
「ミサとは何か、そしてどうしてミサを大切にしなければならないのか、あなたはわかっていますか?」

初聖体を受けるための授業や教会学校の授業でも「ミサとは何か」を学びましたね。すらすらと書けた子は…いませんね…
ミサの中ではどのようなことが行われるかを考えてみましょう。

神様の言葉を聞き、また、イエス様の言葉や行なった事を聞く「言葉の典礼」がありますね。
また、その後にはイエス様が弟子たちを招いた「最後の晩餐」の場面を記念として再現する「感謝の典礼」が行われますね。
言葉と行いでイエス様を記念する。これがミサでした。(初聖体の授業で習いましたね)
そして「最後の晩餐」の場面でイエス様がされたように、神父様の手を通してパンとぶどう酒がイエス様の御からだと御血になるんですね。その時、私たちはイエス様と出会っているわけです。
ミサとはイエス様の記念であり、イエス様と出会う事ですから、大切にしなくてはいけませんね。

 

次の質問はこうでした。
「ミサに与る時は、ふざけたりおしゃべりしたりせず、常に集中していなければいけません。あなたにはできますか?」

自分がどのようにミサに与っているか思い出して見ましょう。
プリントにはいくつか例が載っています。

・となりの子とおしゃべりしていませんか?
・ふざけたりしていませんか?
・ミサの途中で寝たりしていませんか?
・ぼーっとして、足をふらふらさせたり、手をパタパタさせたりしていませんか?…などなど

正直に思い出して、これらをしている子は思い当たることにチェックを入れましょう。
これらはしてはいけないことです。侍者じゃない時でも注意しましょう。
みんながミサに与っている様子をリーダーたちはしっかり見ています。ミサの時に注意されたことがある子は特に気をつけましょう。

 

最後の質問はこうでした。
「イエス様は言いました。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕えるものになりなさい。」侍者服を着る事は偉くなることではありません。そして、今までリーダーや侍者の先輩達から教えられたことを、惜しまず、他の子達に優しく教えなくてはなりません。あなたはできますか?」
初心者用の侍者服を着なくなったからといって、それは偉くなるわけではありません。今まで以上にしっかり侍者の奉仕ができるように、また、侍者に慣れていない他の子に優しく教えられるようになってください。

3つの質問の後、神父様とこのように約束しました。
「これまで以上に神様に、そして隣人に仕えるものとなりなさい。」
ミサの時だけ、また教会にいる時だけ「クリスチャン」であってはなりません。
普段の生活では自分がどのようにしているか思い出して見ましょう。

・ともだちと仲良くしていますか?
・おとうさん、おかあさんのいうことをちゃんと聞いていますか?
・悲しんでいる人がいたら優しくしてあげていますか?その人のために祈っていますか?
・主の祈り、アヴェ・マリアの祈り、栄唱をしっかり覚えていますか?

着衣式で行われるこれらの3つの質問と、神父様との約束を守れなければ、白い侍者服を着ることはできません。
当然これらの質問にうそで答えてはいけません。
3つの質問を真実の「はい!」で答えられる心構えを大切にしましょう。
最後に侍者が香部屋で唱える祈りをして授業を終わりました。

 

ここでベテラン(?)チームも幼稚園の教室に合流!
夏休みを終えられた宮原助祭からお土産がありました!
沖縄へ平和学習へ行っていたときに買って来てくださったお菓子を皆に配ってくださいました!

 

ミサの前は食べちゃダメなので、ミサの後に美味しくいただきましょうね!
宮原助祭、本当にありがとうございました!

来週は宮原助祭が授業してくださいます。
来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサが行われる今日、
大天使聖ミカエル行列を教会学校の子どもたちを中心に行いました。

 

まず地下ホールで代表者3名が「共同祈願」を唱えました。

  • 私達の守護者 大天使聖ミカエル。
    私たちが自分の事しか考えず、まず自分の事をしてしまおうとする時、
    あなたのように、その気持ちをしりぞけ、まず周りの人々の幸せを願うことが出来るように力を与えてください。
  • 私達の守護者 大天使聖ミカエル。
    目の前に困っている人がいる時、目の前に自分にとって困難なことがある時、
    あなたのように神様のみ旨を尊び、そこから逃げず、自分が先頭に立って、それに立ち向かうことが出来ますように。
  • 私達の守護者 大天使聖ミカエル。
    私達が常に神に忠実で、神のみ旨のなかで生き、教会学校の仲間たちと共にキリストの道を歩むことが出来ますように。
    そして、あなたと一緒にいつの日か、神の国の民として、神の愛に満ちた世界を見ることが出来ますように。

 

 

そして、子どもたちが全員で「大天使聖ミカエルの祈り」を唱えました。

大天使聖ミカエルへの祈り

大天使聖ミカエル、悪との戦いにおいて私たちを護り凶悪な企みに打ち勝つことができますように。
神の命令によって悪魔が人々を害することができないようにお願い致します。
天軍の総師、人々を惑わし食いつくそうと探し回っているサタンと他の悪霊を
神の力によって地獄に閉じ込めて下さい。
アーメン。

 

 

 

その後、外の聖母子像の前へ移動します。
聖母子像の前で並んで、菊地功大司教さま、フィリップ神父さまをお待ちします。

 

大司教さま、神父さま、侍者、聖体奉仕者が到着しました。

聖母子像の前で「アヴェ・マリアの祈り」を唱えます。
そして行列をスタート!聖堂へと歩みを進めます。

 

昨年同様、侍者は錬成会で総監督賞を受賞した子が担当しました。

 

錬成会でも歌い、2学期から何回も練習してきた「アーメンハレルヤ」を歌います。

今年で3回目となった大天使聖ミカエル行列。
今年も松戸教会の守護者大天使聖ミカエルをお祝いすることが出来ました。
これからも聖ミカエルがみんなのことを悪霊から守ってくれると思います!
いつも聖ミカエルがみんなを見守っていてくださっていることを忘れず、これからも善い子になれるよう頑張ろうね!




 |  |  |  |

今日はいよいよ菊池大司教様をお迎えして、聖ミカエル祭国際ミサが行われます。
松戸教会の守護者大天使聖ミカエルの祝日をお祝いするために、教会学校の子ども達も頑張ります!

教会学校の子ども達を中心に行列を行うので、みんな歌の練習を頑張りました。

 

そんな中、今日のミサで侍者として、奉仕する子は、一緒に侍者を務めるリーダー達と一緒に侍者の練習です!
(錬成会で総監督賞を受けた子を中心に、侍者として頑張っている子たちが選ばれました!)

今年の錬成会で総監督賞を得たのは、6年生でした!

 

 

 

燭台の持ち方や十字架の持ち方…入堂の仕方…をもう1度確認します。

 

歩く時(行列、入堂や退堂の時)左右の侍者は、燭台を同じ高さにして歩かないといけませんね。

 

3人のうち2人は、なんども国際ミサの侍者を務めていますが、菊池大司教様司式のミサの侍者をするのは、もちろん初めて!
3人ともがんばりましょう!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました。

今日はいよいよ「聖ミカエル行列」を行う日です。

本日は松戸教会の守護者「大天使聖ミカエルの祝日」をお祝いするため、
東京教区の大司教、菊地功大司教様をお迎えして、国際ミサが行われます。

そのミサの前に教会学校を中心に行列を行います。

今日の行列で歌うために、2学期に入ってから毎週「アーメンハレルヤ」を練習してきました。
今日も本番直前の教会学校の時間、最後の練習をしました!

 

今日は行列をイメージして並んでぐるぐる教室内を周りながら歌ってみました。

「アーメンハレルヤ」の意味も再確認しました。

「アーメン」は「確かにその通りです!」
「ハレルヤ」は「神様すごい!」「賛美します!」という意味でしたね。
神様に向かって歌っているということをイメージして、両手を挙げてみました。

また、本番の行列中はオルガンの伴奏もないため、
リーダーのピアノの伴奏も途中からなしにしてみました!

何回か歌った後、
今日は早めに切り上げて行列の準備に移りました。
みんな頑張って歌いましょうね!!