|  |  |  |

 

今日は、教会学校のみんなは、聖書かるたをしていますが、先々週に引き続き、2人は今日も初聖体の勉強です。

 

夏休み中に行った洗礼のための勉強を2人はおぼえていますか?

 

 

今日、2人は洗礼、そして、初聖体を受けます。
イエス様が洗礼を受けた時のことをおぼえていますか?
神様がイエス様になんと仰られましたか?

これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者

でしたね。
2人も今日この言葉を神様から受けます。この言葉に恥ずかしくないような人になりましょう。
先週、勉強したように洗礼を受けた者は、キリストのようにならなければなりません。
自分を低くし、隣人、つまり、自分以外すべての人を自分と同じように考えるものになりましょう。

 

さて、10時からは、李助祭と一緒に洗礼式のリハーサルを行います。
その前に、ご聖体を頂く練習をしましょう。

「キリストの御体」と神父様や助祭、聖体奉仕者の方が仰ったら、「アーメン」と答えます。
「アーメン」とは、どういう意味でしたか?

はい。確かにその通りです」という意味でしたね。
1枚の小麦粉の塊を「イエス様の体」であることを、2人は確かにその通りと言うわけです。
本当にそれを心から思っていなければ、それはキリストの体ではなく、ただの小麦粉の塊です。何の意味もありません。

 

そして、洗礼を受ける時、「1度死に復活する」という話もしましたね。
今までの自分は1度死に、神の子として復活する。その「しるし」として、私たちは新しい名前、霊名をつけられます。霊名は、聖人や大天使、旧約の預言者や王(や族長)の名前です。

2人とも洗礼式の時に霊名を頂きますね。
頂いた聖人の名前は、私たちの指針です。せっかく神の子として生きるのですから、頂いた霊名に恥ずかしくないように過ごしましょう。だから、頂いた霊名の聖人のことはよく調べて、その聖人のように生きましょう。

 

それでは、リハーサルに行きましょう!




 |  |  |  |

台風も近づいていてお天気が悪かったですが、みんな元気に集まりました!

「はじめの祈り」の代わりに、歌をお祈りとしました。
先週に引き続き、「あめつちをつくり」です。

何故この歌をいっぱい練習しているのか…覚えていますか?
11月26日の「王であるキリストの主日」に行列を行い、そのときに歌うからですよ!

歌い慣れていない曲だし難しいですが、もう何度か歌っていますから少しずつ歌えるようになってきましたね。

 

さて、今日は聖書カルタをします。
以前もやったことがありますが、初めてやる子もいますね!
全部聖書に関する文章・絵のかるたです。皆が知っているお話もしらないお話もあるかもしれませんが、内容についても意識しながらやってみましょう!

今回は、一番とれたカードが少なかった人が、終わりのお祈りの先唱をやってもらうことにしました!

一番年上の子が読み手をやってくれました!

人数が多かったしカルタもちょうど2セットありましたので、2グループに分かれてやりました。

「カインとアベル」のお話や「バベルの塔」のおはなし…イエス様が水の上を歩いたお話など、
旧約聖書からも新約聖書からもいろんなおはなしが読まれましたね。
とったカルタの絵や裏側の説明もよくみてみてね!

最後の方はもう既に読んだものも混ぜて読みました!
お手つき注意です!!

ついに最後の一枚が取られました!
グループごとの一番多かった人と少なかったひとを発表し、
全体で一番多かった人と少なかった人を発表しました。

一番多かったのは18枚取った子でした!
一番少なかった子は3枚でした…!
1枚も取れなかった人がいなかったので、良かったと思います。みんな頑張りましたね!

内容もよく覚えてくれたら嬉しいと思います。

最後に3枚取った子の先勝で「主の祈り」を唱えました。

今日はこの後のミサで教会学校の子ども2人が洗礼を受けます!
今日は2人は、洗礼前のお勉強・洗礼式のリハーサルで別行動でした。
みんなでお祝いしましょうね!!

最後に今日のごミサで侍者デビューした子を紹介します!

これからも教会での奉仕頑張ってね!




 |  |  |  |

ついに聖ミカエル祭バザーの日がやってきました!
今年も教会学校はジュース販売とゲームコーナーの担当です。
去年に負けない聖ミカエル祭にするため、子ども達、リーダー達も頑張ります!

 

 

ジュースコーナーは子どもたち担当!しかし、あいにくの天気!
1時間ごとに4チームに分かれて、いつもより大きな声を出して呼び込み、ジュースをたくさん売るために頑張りました!

 

 

あれ?なんか隠してる?

 

と思ったら…焼き鳥!

 

 

ここ数年、3チーム目で完売していたのですが…今年は、雨ということもあり、なかなか販売が伸びず…4チーム目でようやく完売!
みんな、本当に頑張りましたね!

 

 

聖ミカエル幼稚園の2階のゲームコーナーは、教会学校のリーダーや青年達、保護者の方々が担当です。
今年もたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!
大人気のストライクアウト!

 

輪投げ!は、簡単そうでなかなか入らない。でも、一番シンプルでわかりやすくて、大人気でしたね。

 

釣りゲーム!は、みんな大物を釣り上げようと一生懸命でした!

 

昨年から加わったボール転がし!は、小さい子にも大人気でしたね!

 

今年は、雨ということもあり、本当にたくさんの子どもたちが来てくれました!
来てくれた子どもたちにゲームをたくさん楽しんでもらえたと思います!
来年もまた来てね!

 

お昼休み中には、前主任司祭の宮下神父様が!
もう松戸教会から異動されて6年…宮下神父様が主任司祭だった当時子どもだった青年や中高生たちと、久々の再会です!

 

 

さて、来週からは、通常の教会学校が行われます。
これから待降節に向かって大事な時期です。みんな元気に集まってくださいね!

 




 |  |  |  |

バザー最後の最後の準備を行いました。
保護者の方々と一緒にリーダーもゲームコーナーの準備をします!

 

面白いゲームをたくさん用意してますからぜひ来て下さいね!




 |  |  |  |

 

今日は、教会学校のみんなは、侍者会を行っていますが、この2名は、みんなとは別行動。
何故かと言いますと…

10月22日・年間第29主日のミサのなかで洗礼の秘跡、そして、初聖体に与るからです。

洗礼のための勉強は、夏休み中に行いましたが、今日と22日に「ご聖体」についても勉強して、準備をしていきましょう。

 

今日の勉強のなかで、もう1度神様・イエス様がどういう方なのか。また、私達は洗礼を受けた時、イエス様と同じように神の子となる事をもう1度思い出しました。

洗礼を受けた者は、「イエス様のように」なることを目標に、生きていくことになります。
イエス様は、どんな方でしたか?
いつくしみ深く、常に最も低い所におられ、神のみ旨に沿って行動される方」でしたよね。
2人も洗礼を受けた後は、イエス様のように行動しなければなりませんね。
そして、もう1度イエス様がどういう方だったか、聖書を通して勉強しました。

洗礼を受けた後は、イエス様みたいに「自分が人より優れているところは神様から与えられたものだから、神様のみ旨に従い、みんなにお返しする」ようにならなければなりませんね。
イエス様が私たちに伝えた掟(守らないといけない事)はたった2つです。

  1. 唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい
  2. 隣人を自分のように愛しなさい

それがどういうことか、洗礼講座、そして、今日勉強した聖書の箇所で分かりますよね。

 

 

もう1つ…
ミサの話をしましょうね。教会学校でも何度も行いました。
5つのパンと2ひきの魚、そして、最後の晩餐でのイエス様のお話をもう1度復習しましょう。

 

ミサに与り、ご聖体を頂くという事はどういうことでしたか?
これも教会学校のミサの勉強の時間にしました。

  • イエス様の御からだを頂くことで教会の方々と1つの家族となる。

  • イエス様を体の中に迎い入れて、キリストと同じものとなる。

イエス様の御からだをいただくことで、私たちが、1つの共同体として、1つのキリストの体として、おなじ苦しみ・哀しみ、喜びを味わえる家族になります。
2人とも、洗礼を受け、神様という「お父さん」の子となり、新しい兄弟姉妹が出来、ご聖体を頂くことで、更にそれが強められていく。世界中の信者、過去・現在・未来、すべての信者と兄弟姉妹になります。そして、みんなと繋がります。
イエス様を頂くことで、キリストと同じものになっていきます。
私たちはイエス様と同じように神の子となるのですから、神様から頂いた愛を、他の人にも同じように返さないといけません。

イエス様は、人の悪口や自分のわがままを言いますか?
自分の能力を誇りますか?
人に悲しい思いをさせますか?

イエス様のようになる事、それはとても難しい事だよね。
だから、自分も、そして、自分以外のすべての人たちが「神様の愛する子」だという事をわすれないようにしてください。
そして、その神様を心から信じましょう。

 

教会学校のみんなも、2人のお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんも、2人が本当に洗礼を受けることを喜んでくれています。
洗礼を受ける意味、初聖体を頂く意味、もう1度、お家に帰って考えてみましょう。

それでは、次回は、22日、本番当日です。
2人もオメカシして来てくださいね!