|  |  |  |

今日は教会学校の始業式です。元気なみんなが集まりました。

教会学校始めのお祈りをします。伊藤神父さまよりお話を頂きました。

みなさん、挨拶や返事、しっかりできましたか?元気よくスタートしましょう!

さて、始業式のなかで白服と着衣式がありました。侍者としての働きを勉強してきた2人が、神父さまより白服を頂きました。

とても嬉しそうでしたね!これからも頑張りましょう。おめでとうございます。

 

今日は、教会学校に集まってくれるみなさんにお詫びとお願いがありました。(リーダー)が良くない行動を取ってしまうことがありました。それは、申し訳ないことでした。そして、みなさんへのお願いは、(リーダー)の話をきちんと聞いて欲しい、行動して欲しいということです。教会学校で楽しく過ごせるように、神様のもとで計画を立てていますから、お願いします。

それから、侍者について。とてもよく頑張っていて嬉しいです。白服になりたい!という気持ちを持っていることも、伝わってきました。侍者を頼まれたら気持ち良く引き受けて貰えると、ありがたいです。

御ミサの預かり方について。高学年の子は協力をして、下の学年の子のお世話ができるといいと思います。

みんな弱い気持ちを持っています。間違ってしまった時は「神様ごめんなさい」と謝ること。また、許すこと。どちらも大切なことです。

さあ今日は、リーダーの成人式が御ミサであります。

おめでとうございます!だからスーツを着ていたんですね。

「イエス様がいちばん」を歌い、お祈りをして終わりました。

今年もイエス様を心に留めて、みんなで過ごしていきましょう。

 



 |  |  |  |

いよいよ聖劇を皆様に披露する時がやってきました。みんな緊張しています。

直前練習を除いて毎回キャスト全員が揃って練習することは出来ませんでしたが、きっと大丈夫。

さあ、みんなで気持ちを合わせて、イエス様のご降誕をお祝いしましょう。

旧約聖書、天地創造の語りから始まります。
神様のつかいである大天使ガブリエルが、マリア様に、救い主であるイエス様のお母様になってほしいと伝える場面
 
 
ガブリエルは大工のヨゼフの夢にも現れ、神様の力で母となったマリア様を妻として迎えるよう伝えました。
 
人口調査のため、ナザレの町からベツレヘムへ向かうヨゼフとマリア。
夜になり、宿を探しますが、どこも宿はいっぱいです。ヨゼフは身重のマリアを心配しています。
なんとか寒さのしのげる馬小屋で過ごせることになりました。
そしてこの夜、私たちの救い主イエス様はこの馬小屋でお生まれになりました。

一晩中、羊の晩をしていた羊飼いたち。
輝く星とともに、イエス様の誕生を一番初めに知らされます。
天使たちは羊飼いたちに、早く行って飼い葉おけに眠る赤ちゃんを拝むようにと促します。

 
遠い東の国の三人の博士たちも、同じく輝く不思議な大きな星に導かれてイエス様に贈り物を持ってお祝いに来ました。
王様のしるしの黄金、神様のしるしの乳香、永遠の命のしるしの没薬です。

世を照らす光、すべての人が主の光に包まれた! メリークリスマス!
 
 
 
 

 
子供たちの頑張り、たくさんのお祈りに支えられ、聖劇を無事に終えることが出来ました。
神父様をはじめ、見に来ていただいた方々に嬉しいお褒めのお言葉もいただきました。
この日のためにご協力いただいた皆様、見守って下さった神様に感謝!

 
 
ミサの後、神父様から、お菓子をいただきました。

 
 
 



 |  |  |  |

 
クリスマスのミサ、聖劇の練習の前に、みんなでクリスマスパーティーをしてお祝いしました。
ケーキとジュースをみんなでいただきました。
 

ケーキを頂いた後、ゲームをしました。いす取りゲームです。

さすが高学年はわざと負けてあげて、すごいなぁ。

この後はそれぞれ用意したプレゼント交換。
 
短い時間でしたが、楽しくゲームをしましたね。
 
さあ、これから本番前の最後の練習です。
 
気持ちを切り替えて、頑張りましょう!
 
 



 |  |  |  |

今日は二学期の終業式です。

教会学校初めの祈りの後、「よく神様のことを知って、心から神様を信じられるようにしましょう」と神父様からお話を頂きました。

この後、ミサの練習も見てくださいました。

さて、今日は明後日のご降誕の子供の奉仕するミサの練習です。いつもとは違い、ロウソクを持っての入堂になります。

実際には火が付いていますから、しっかりと脇を締めて上半身をグラグラさせずに、炎より先を見ながらまっすぐと歩けるようにしましょう。

 

先唱の子も、実際のマイクを使い、声の大きさを確認しながら進めます。後ろで高校生もサポートします。

朗読者を先導するときは、その方が十字の前に(センター)なるように横に立ち、礼を一緒にします。

福音朗読では、大学生が献香の手順を確認しています。

 

奉納するときは、待者が迎えに行きます。迎えに行って戻る時の出発は、神父様の合図を待ちます。慌てなくて大丈夫です。神父様の準備が出来たら、頷いてくださるのでそれを見てから待者は奉納の子を先導します。

 

献金かごの奉納です。祭壇の前で深く礼をするときは、頭だけではなく腰から礼すると、とても丁寧に、また並んだ姿が揃って美しい礼になります。

 

聖体拝領の際は、神父様と聖体奉仕者の横に一人ずつ付き、ご聖体を頂いた人が口に入れるのを確認します。侍者の子が神父様に詳しく質問しています。

退堂まで一通りの練習をしました。

最後に、アヴェマリアの祈りをして明後日の聖劇・御ミサで練習の成果を出せるようアヴェマリアの祈りをして終わりました。緊張してしまうかも知れませんが、自信を持って堂々と出来るといいですね。


皆様のお越しをお持ちしております。

 




 |  |  |  |

クリスマスがだんだん近づいてきました。喜んで、待つ時間ですね。
今日は、教会学校始めのお祈り、そして主の祈りを唱えました。
今日もインフルエンザで欠席のお友だちがいました。はやく良くなりますように!

ここで嬉しいお知らせが。
先日、教会学校でクリスマスカードを作りましたが、そのお返事を頂いたのです。

田町神学生と松永神父さまからのカードです。

「生誕劇は素晴らしい福音です」「祝福がありますように」などの励ましをいただきました!

 

さあ、練習です。今日の練習はどうでしょう?

語り、は大きな声で言えていましたね。

博士はフルキャスト揃って、動きを確認できました。追加の台詞が入りましたから、頑張って!

 

 

天使は代役を立てて、奮闘中。保護者も手伝います。

 

照れ屋さんの羊飼いチーム。けれど、台詞はしっかり言えます。本番に乞うご期待!

 

練習後に、子どもたちから感想や意見が出ました。

・今のままだと、声が後ろの席の人には聞こえないと思う。

・ゆっくり、大きな声がいい。

・ふざけている子がいた。

 

今日感じたことを、次の練習の時には考えながらできますように。

 

アベマリアの祈りを唱えて、終わりました。

風邪に注意して、元気にご降誕をむかえましょう!