|  |  |  |

今日も元気にみんな集まりました!
今日はリーダーによる授業です。
いつも通り「教会学校・はじめの祈り」でスタート!
(覚えていない人はしおりをちゃんと持ってきてください!)

まずは歌の練習をしました!

そして授業を始めます。

この1年を通して、教会学校では「イエス様と出会う」というテーマをもって授業をしています。
今日のミサの福音朗読は、イエス様と出会ったある人たちの話です。

福音書にはいろいろな人たちが登場しますね。
イエス様を信じる人たち、イエス様に助けを求める人たち、イエス様と共に働く人たち…
それだけではありませんでした。
イエス様と言い争う人たち、イエス様を殺す計画を立てる人たち、そして、イエス様を受け入れない人たち。
今日の福音朗読から、私たちがイエス様を受け入れるためにはどうしたら良いか、考えていきましょう。

ルカによる福音の4章14〜30節をリーダーが読みました。

少し読んだ内容をおさらいするために、質問プリントを用意しました。
福音が書いてあるプリントと、質問が書いてあるプリントを配布しました。

まず、1から3までの答えを書いてみましょう。

1. ナザレに来る前の町では、イエス様はみんなからどう思われていたでしょうか?

イエス様はシナゴーグというユダヤ教の会堂で教えていました。
キリスト教でいう教会のようなところでしょう。
神の子なんだけど、人間の子、特にユダヤ人として地上に来られ、
マリア様とヨセフ様に育てられて、
大人になるまでユダヤ人の中で生活していました。

イエス様はユダヤ教のラビと呼ばれる教師として、福音宣教を始めました。
イエス様は福音、つまり「よろこびの知らせ」について教えられたので、教えを聞いた人たちは喜びました。

また、病気の人、悪霊に取りつかれた人たちを癒しました。
ユダヤ人の中で嫌われている罪びととされている人や徴税人たちを招いて食事をしました。

福音によって喜びを知った人も、病気や悪霊から癒された人も、
ユダヤ人の中で嫌われていた罪びとや徴税人も
イエス様のことを「先生!」と慕ったでしょう。
さっき読んだところにも「皆から尊敬を受けられた」と書いてありましたね。

2. ナザレとはどんなところですか?
さあ、みんなこの質問にはすらすら回答できるはずなんだけど・・・。
わからない子はクリスマスの聖劇を思い出してください。

まず、ナザレには誰が住んでいたでしょうか?
イエス様のお母さんになったマリア様がナザレに住んでいましたね。
ヨセフ様もいました。
イエス様がお生まれになったのはベツレヘムだけど、
それはその時ユダヤ地方を支配していたローマ帝国の皇帝の
「どこにどのぐらいの人が住んでるからわからんから、自分の町に行って登録してね」
って言う命令に従ってベツレヘムに行ってただけだから、住んではいませんでした。

このナザレの町でイエス様は、マリア様とヨセフ様のいう事をしっかり聞いて育ちました。
またイエス様が大きくなってからも、福音宣教を始めるまで、この町で「大工」として働いていました。
さっき読んだところには「イエスはお育ちになったナザレに来て・・・」と書いてありますね。
育ったり、仕事をしていたという事は、マリア様やヨセフ様以外にもいろんな人がイエス様を知っていたでしょう。
福音書にはほとんど書かれていないイエス様の私生活について知っている人が多くいたと思います。

子供のころ一緒に遊んだ人、イエス様が教えを受けた人、イエス様の面倒を見ていた人…
福音書には書いていないけれど、実際にはそのような人たちがいたのだと思います。

3. ナザレの人たちはなぜイエス様を受け入れなかったのでしょうか?
ナザレはイエス様がお育ちになった町ということがわかりましたね。
では、なぜその町でイエス様は受け入れられなかったのでしょうか?
会堂でイエス様が話されたことは、本当に「福音」、つまりそこにいる人たちには「良い知らせ」でした。
まずは今の旧約聖書のイザヤ書に書かれていることを朗読しました。
「主の霊がわたしの上におられる。・・・」というところですね。
そしてイエス様はその言葉が「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と仰っています。
神様が貧しい人に良い知らせを届けたいために、救い主を人々の為に送った。
そして、その良い知らせによって、本当の神様の愛を人々に告げるために救い主を送ったということでしょう。

それに対して、ナザレの人たちはその「恵み深い言葉」に驚くのだけれど、同時にこうも言いました。
「この人はヨセフの子ではないか。」

同じ出来事が違う福音書でも書かれています。
マルコによる福音を見るともっと具体的なことが書いてあります。

「この人は、このようなことをどこから得たのだろう。
この人が授かった知恵と、その手で行われるこのような奇跡はいったい何か。
この人は、大工ではないか。
マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。
姉妹たちは、ここで我々と一緒に住んでいるではないか。」

簡単に言ってしまえば、イエス様を救い主とは思えなかったのです。
それは、イエス様をただ「ヨセフの子」としてしか見ていないからです。
イエス様が話したことよりも、自分たちが知っているイエス様の方が、ナザレの人たちにとっては本当のことだったのです。

イエス様はそのナザレの人たちの心の中を知っていました。
「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ。・・・」と仰いました。

せっかく神様の言葉を預言者が伝えてに来ても、自分の故郷では「あの人が誰かの子だよね」と、
言葉よりも、誰の子で、どこで育ってどんな人だったか、という事が人々には大切ということ。
それはつまり、神様の言葉よりも、自分たちの知っている事の方が大切だということです。
ナザレの人たちはそう思っていることを、イエス様は知っていたのでした。

福音の内容はこんな感じです。
さて、最後の質問が残っています。
この話を聞いたみんなに考えてもらいたいことです。

4. イエス様を受け入れるために、わたしたちはどうしたらいいのでしょうか?
これはみなさん自身が考えて書いてみてください。
ミサの中では神様の言葉として聖書が読まれます。
大切なのは誰が読んでいるか、ではないですね。
話している内容は難しいかもしれないけれど、静かに耳を傾けることは大切です。

ミサ以外では、どうでしょうか。
みんなは前の授業でリーダーがお話しした「四人目の博士」の話を覚えていますか?
アルタバンという人の話です。
アルタバンは主の公現の時に三人の博士と一緒にイエス様に会いに行きたかったけれど、
途中で様々な傷ついた人や貧しくて困っている人達を助けているうちに、
とうとうイエス様に会うことはできませんでした。
しかし、アルタバンの死の直前、夢にイエス様が現れました。
「お前が出会った傷つい人、貧しい人は、すべて私だったのだ。だからお前は私に何度も会っているんだ。」
と言いましたね。

マタイによる福音ではこんな言葉もあります。
「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」
小さいものとは、まさに苦しんでいる人たちのことです。
みんなの友達の中で泣いている友達がいて、その子のために、何かをしてあげる、
それも泣いている友達の中にいるイエス様を受け入れることですね。

みんなの中にもイエス様がいます。
ミサの中で御聖体を頂いて、皆さんは少しずつイエス様に近づくのです。
教会で出会う人、お父さんお母さん、友達、リーダー達、
みんなの中にいるイエス様に気づいて受け入れるようにしましょう。

さあ、今日の話はここでおしまいです。
最後に、私たちがいつも近くにいるイエス様に気が付き、受け入れることができますように、
マリア様にお祈りをして終わりましょう。

また来週も元気に集まってくださいね!!




 |  |  |  |

今日、8時と10時半のミサの後、
教会学校の子供達が、宮原助祭の司祭叙階のお祝いのための募金を呼びかけました。

 

「宮原助祭への感謝の気持ちをお願いします!」と大きな声で呼びかけました。

宮原助祭には、教会学校も大変お世話になっています。
授業をしてくださったり、ピアノ伴奏をしてくださったり、
ザビエル祭の時も案内してくださったり…

宮原助祭への感謝の気持ちを込めて、呼びかけることができましたね。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日も元気に子供達が集まりました。
「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

今日が何の日か知ってる人はいますか?

では、12/25はなんの日?クリスマスですね。
それから先週は「主の公現」でしたね。
三博士のかっこうをして三博士像を祭壇に置きました。
では今日は?今日8時のミサ出た人はわかりますね。

「主の洗礼」です。

イエス様が洗礼を受けたことのお祝いをする日です。
今日はお祝いの日なので神父様の服は白ですが、これから神父様の服の色は緑になります。
緑は何の色だと思いますか?
「草」と誰かが答えてくれました。
いきなり正解です!
草のように成長しますようにという意味の色です。
神父様の服が緑色の期間は「年間」という季節です。

今日はある物語を紹介します。
クリスマスの時、東の国から三博士がきたけど、
もう1人実はいたっていう話です。

アルタバンというお金持ちの人がいました。

三博士もお金持ちです。
イエス様に何をプレゼントしたか覚えていますか?
王の象徴の「黄金」
神性の象徴の「乳香」
十字架の死の象徴の「没薬」
この3つです。

アルタバンは、新しい王様が生まれるときいて、
友達の三博士に「一緒に行って贈り物したい」と言いました。
アルタバンもプレゼントを用意したかったけど持っていなかったので、
家を売って袋いっぱいのサファイヤとルビーと真珠を用意しました。

アルタバンは一人ではイエス様の場所がわかりません。
なので三博士に連れて行ってもらう約束をしました。
待ち合わせ場所に行く途中、
ボコボコになって血だらけの人がいました。
助けようか…でも助けていたら遅刻しちゃいます…
それに、三博士と一緒に行かないとイエス様の場所がわかりません。

イエス様にどうしても会いたい…

そう思って一回通り過ぎましたが、どうしても気になってアルタバンは戻りました。
旅に持っていくために用意した薬などを全て使って、その血だらけの人を助けました。

そして、遅刻してしまい、置いていかれてしまいました。

アルタバンは急いで三博士を追いかけましたが、
三博士は見つからず、会えませんでした。

しばらくして、アルタバンは三博士がイエス様に会ったという噂を聞き、
その場所はベツレヘムだと噂を聞いて、早速向かいました。
でももうイエス様はいませんでした。

ベツレヘムで、イエス様はエジプトに行ったという噂を聞きました。
アルタバンはエジプトまで追いかけていきます。

エジプトまでの道のりで、宿に立ち寄りました。そこへ、兵隊がいっぱい来ました。
兵士が宿の子供を殺そうとしました。
ヘロデ王が、イエス様が生まれたときいて、子供を全員殺すようにという命令をしたからです。
自分の王位が危ういと思って、とにかくその頃生まれた子供を全員殺そうとしたのです。
アルタバンは、イエス様のために用意していた宝石を兵士に渡して、
子供を見逃してもらいました。

アルタバンは困った人を見つけるたびに、助けるために宝石をあげました。

イエス様はナザレに行ったと噂を聞きましたが、
ナザレについた頃には、イエス様は旅に出たということで、もういませんでした。
アルタバンはイエス様を追いかけ続けましたが、会えませんでした。

そんなこんなで、33年経ってしまいました。

アルタバンは、まだイエス様を探し続け、エルサレムに行きました。
そこで、「ナザレのイエスが十字架にかかる」という話を聞きました。
アルタバンはイエス様の名前は知りませんでしたが、
その「ナザレのイエス」という人がずっと探していた王様かもしれないと思いました。
真珠ももう一個だけしか残っていません。
でもそれでイエス様を助けられるかもと思いました。

そこに、兵士に連れていかれそうな女の子がいました。
借金が返せないから女の子を連れて行こうとしていたのです。
真珠で借金を返せれば女の子を助けられるけれど、イエス様を助けたい…
アルタバンは悩みました。
でもやはり目の前で苦しんでいる人を助けるため、
アルタバンは女の子に真珠をあげました。

そのとき、大地震がおきました。
アルタバンは大怪我をしました。
真珠を渡した女の子が、助けて宿屋に連れて行ってくれました。
イエス様は十字架上で死んだという話を宿屋で聞きました。
「十字架上で亡くなったその方はきっと私が探していた王様だった…」

大怪我を負って、落胆して、もう死んでしまいそうだというその時、
枕元にイエス様が現れ、言いました。
「お前は私に一度も会わなかったと言ったが、お前が助けた人たちはみんな私だった。
お前がくれた宝石は全部私のところにあるよ。」

アルタバンはその言葉を聞いて死んでいきました。

今ザーッとあらすじをお話ししたアルタバンの物語は
「もう一人の博士」とか「アルタバンの旅」というタイトルで本になっています。
気になった人は読んでみてください。

みんな、マザーテレサって知ってますか?
マザーテレサは、「近くに困ってる人がいたら、その人たちは全員イエス様です」と言いました。

「最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」とイエス様も言っています。

アルタバンはイエス様に会ったと思う人!?
実際には会ってないけど…
最期に会えた時の他にも、
助けた人たちはみんなイエス様でした。

イエス様に会ったとき、みんなはどういう気持ちになるでしょうか。
困ってる人がいたらみんなはどうしますか?
その困っている人もイエス様だと思ってみてください。どうしますか?

みんないろんな人に会いますね。その人の中にイエス様がいます。
そこにイエス様が居ると思うか?思わないか?全然違います。

そこで問題です。

イエス様が「この2つだけは絶対守りなさい」と言ったルールはなんでしょう?

「自分と同じように隣人を愛しなさい」
と答えてくれました。
正解です!

もう一個は?
「自分の力を尽くして神様を愛しなさい」です。

アルタバンはその2つを守ったからイエス様に最期会えました。
そして毎日会っていました。
みんなもこれから会う人たちの中に、イエス様がいると思って生活してみましょう。

残りの時間で歌の練習をしました。
「イエスさまがいちばん」を歌いました。

最後、イエスさまが感じられるように
いつもイエスさまのそばにいらっしゃったマリアさまにお祈りしましょう。

「アヴェ・マリアの祈り」と「詠唱」を唱えて終わりました。

今日のお話はどうでしたか?
来週も元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

今日は、主の公現の祭日です。

教会学校の子どもたちには、大事な役目があります。
ミサ入堂とともに内陣の馬小屋に三博士を安置する大事な役目です。

 

 

始業式の後、その役目を務める3人の子どもは、担当のリーダーに呼ばれて幼稚園の別室へ!
まずは、3人に東方の博士の格好をしてもらいます。保護者の方々に手伝ってもらって、急いで、衣装に着替えます!

 

そして、急いで御聖堂へ!

そして、入堂の行列から練習します。
1年生は、まだ侍者も未体験……。
ミサ前に入堂での所作、そして、内陣での所作、三博士を安置する場所など、丁寧にカテキスタの方とリーダーから教わり、練習しました。

 

遠い東方から馬小屋でお生まれになったイエス様を「メシア」と信じ、礼拝した博士たちの来訪をしっかり再現できるように、本番でも頑張りましょうね!




 |  |  |  |

今日から教会学校3学期が始まります!
まずは御聖堂で始業式を行いました。

「教会学校・はじめの祈り」で始めます。

 

最初に校長先生のフィリップ神父様からお話をいただきました!

「新しい年が始まりましたね。
今まで勉強も遊びもしてきました。
信仰教育には土台が必要です。いまはそのための大切なチャンスです。
学校の部活が忙しくてこれない人もいるから、来れるいまはチャンスです。
一生懸命勉強して下さい。お祈りも覚えて下さい!
お祈りは、キリスト教信者としてのアイデンティティだからです。
「主の祈り」、「アヴェ・マリアの祈り」、「詠唱」、そして「ロザリオの祈り」…覚えて下さいね。

私たちキリスト者は、いつでも困ったときお祈りできます。
人間として限りがあり弱さもあります。
だから祈りましょう!

そして、御ミサもあります。
イエス様の体をいただいて、それだけではなく
神様の力、恵、命をもらいます。

みんなロザリオ持ってますか?
キリスト教信者はみんな持っている。
持っていましょう。

お祈りなど、教会学校で教わってください!
勉強したいことはリーダーに言ってください!
私たちは朝起きて神様に感謝します。生きていることを神様に感謝します。
そういうお祈りの生活を送って欲しいです。」

 

神父様ありがとうございました。
いま神父様からお話があったように、日曜日にミサに来るだけじゃダメで、
お家に帰ってからも、お祈りの生活をして、普段の日も毎日キリスト者でいましょう。

教会学校からクリスマスカードを送った方からお返事が来ていたので何通か紹介しました。
お返事をくださったみなさま、聖劇・ミサに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!

 

ここで、幼稚園へ移動しました。

さっき神父様のお話なんて言ってましたか?
お祈りはキリスト者のアイデンティティだと仰っていましたね。
アイデンティティってちょっと難しい言葉ですが、
つまり、「カトリック信者だったら当然お祈り言えるよね」っていうことです。

じゃあ…使徒信条!言えますか?
ミサでも毎回唱えますね。
本当は何もなくての言えるはずだけど、
穴あきのプリントを用意しました。
ところどころ空欄になっているところを書いてみましょう!

「使徒信条」のプリントを配布しました。

そして、ヒントもこの箱の中にあります!

くじのように一枚紙を引いてください。
そこには空欄に入る言葉が書いてあります!
自分がわからなかったところのくじを引けたらラッキーですね!
そして…ハズレの紙も入っています。
ハズレはそこに書いてある課題をやってもらいます!
それからもう一回引いてもらいます。

では、スタート!
くじを引いてもらいます!

最初の子は…早速ハズレでした。
「新年の目標を大きな声で言って!」という課題でした。

「病気にならない!」と言ってくれました。

 

どんどんくじを引いていきます。

そしてまたハズレ!
「お正月何してた??」という質問に大きな声で答えるという課題でした。

「テレビ見てた」とのことです。

どんどん引いていきます!

次のハズレは「丁寧に新年の挨拶をして!」という課題でした。

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれました。

次々に引いていきます。
そろそろ完成した人もいるんじゃないでしょうか?

次のハズレはなんと「侍者やって」という課題でした!
今日の10:30からのミサの侍者お願いします!!

 

できた人〜?

16番「〜〜〜の交わり」の部分がわからないと言う人が…
わからないところひけるかな!?

さてタイムアップ!

その後、少しの時間で「イエス様がいちばん」を歌いました。

最後に、先ほどの使徒信条のプリントの空欄が全部埋まったという子に
「使徒信条」を唱えてもらいました。

できましたね!!

将来、堅信の時には、使徒信条を全部書くというテストをすると思います。
厳しいから、できるまで帰れないです!
今はまだ難しいと思いますが、今のうちから覚えて書けるように勉強しておきましょう。
また、テストのためではなく、キリスト者として大事なことだから覚えて欲しいと思います。

「アヴェ・マリアの祈り」をみんなで唱えて終わりました。

また来週元気に集まってね!