|  |  |  |

教会学校はじめの祈りで今日も教会学校スタートです。

「イエスさまがいちばん」を歌います。1回息を吐いて肩の力を抜いてから発声してみましょう。そしてここにいらっしゃるイエス様、あなたが一番!と思って歌ってみましょう。

 どんなにさびしい時にも どんなに悲しい時にも

  イエスさまがいちばん イエスさまがいちばん…

      どんなにさびしい時でも、どんなに悲しい時でも

  イエスさまがいちばんって、どんなことかな?

マタイ福音書5章に、人間にとって本当の幸せを8つイエスさまが言われたとあります。

真福八端と言われるものですが、その一番初めにこう書いてあります。

心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである

心の貧しい人というのは、どんな人の事かな?

どんなに悲しくてつらくてもイエス様助けて下さい、どうしたらいいの?とイエス様を頼りにする人の事です。

では、天の国ってどんなイメージ?

…まっさらな感じ

…キレイなとこ

…雲の上

お父さんお母さんにも聞いて見ましょう。

…暖かくて、居心地がいい

…何も心配することがない、平和で幸せなところ

…安らぎがあって心が満たされる感じ

…みんなで助け合って生きる場所

いろいろ出ましたね。

みんなが困ったとき、どうか力を貸してくださいとか、いい知恵や言葉を下さいとか願うことのできる人が心の貧しい人です。そういう人には神の国が来ますよということなんです。神の国って天国にあるだけではなく、今ここに、私たちがいるここにも、いつもイエスさまと頼りにする人達の中に来ますという事ですね。

 

ではクリスマスって何?

…イエス様の生まれた日。

ではどうしてお祝いするのかな?

…私達を救ってくださる方だから。

そうですね。イエス様は私達の願いをそのまま聞いてくれるとは限りません。でも必ず祈っている「私」に力を与えてくださいます。私達の願いを聞いて、いつも良いものを下さるのがイエス様です。そのイエス様の誕生ですから、みんなで喜び、お祝いするのですね。ではなぜ神様は小さな幼子であるイエス様を私達に送って下さったのでしょうか?神様は天から見ていて、苦しみの中にいる人を救うために、たった一人の大事な子供を人間と同じ形でお与えになったんですね。

 

ここで少し創世記のお話をします。

最初に神様が作られた人間の名前わかるかな?

…アダムとエバ

そうですね。

どこに住んでたかな?

…エデンの園

そう、アダムもエバも神様と一緒に幸せに暮らしていました。楽園の真ん中にあるいのちの木のそばにある、善悪の知識の木になる実はとって食べてはいけないよと神様から言われていたのに、エバはヘビにそそのかされてアダムと一緒にその実を食べてしまったのですね。それで神様は楽園から二人を追放してしまうのです。その時のエバの子孫としてマリア様に繋がっていくのです。

 

では、ここからはクリスマスの絵本を読み、聖劇の役を紹介しながら聖劇のお話もしていきます。

神様はエバを追放した後も、人間たちが争ったり苦しんだり、悲しんだりする人々をいつも心に留めてくださっていました。そして人々はいつか救い主がお生まれになるという神様の約束をずっと待ち望んでいました。

ナザレに住むマリア様の所に天使がやってきて、「あなたは神のみ子を産むでしょう。その子をイエスキリスト(救い主)と名付けなさい」と告げます。この天使がガブリエルですね。同じ町のマリアの婚約者であるヨゼフの所にも夢に神様の遣いが来て「あなたは神のみ子、イエスキリストのお父さんになるでしょう」と告げました。

ローマの王様の命令で、ヨゼフ様はマリア様を連れ人口調査のためにベツレヘムへ向かいます。ベツレヘムの宿はいっぱいで泊まるところが見つからず、とうとう馬小屋で夜を過ごすことになりました。その夜イエス様はお生まれになりました。同じころ野宿をしていた羊飼いたちは暗い空の中から天使の「良い知らせです。神様のみ子がお生まれになります。」という不思議な声に気付きました。その言葉を聞き、最初にイエス様を拝みに来たのは羊飼いでした。しばらくたつと、救い主が生まれたことを知らせる輝く星に導かれて、遠い東の国から3人の博士がはるばる旅をしてイエス様のもとにお祝いにやってきます。何を持ってきたでしょう?

黄金、乳香、没薬の3つの贈物でしたね。乳香は心を落ち着かせる香りで色々な宗教のお祈りの時に使われます。没薬も香りがあり、腐敗を止める効果があり、死んだ人を埋葬するときに使われます。没薬はミルラと言って、何千年も前のミイラが発見されたりするでしょう。ミイラはこのミルラを塗って埋葬したと言われています。聖劇では今話したイエス様の誕生を祝って集まった羊飼いと3博士と共にお祝いするまでを演じます。

だいたいわかったかな?

 

さあ、それでは台本を配り、キャストの発表をします。

大事な台本、名前を書いておうちでも練習してきてくださいね。

それでは最後に輪になって手をつないでお祈りします。これから私達はみんなで心をひとつに聖劇を作り上げていきます。その思いを込めて主の祈りを唱えましょう。

 

来週は侍者の練習です。お御堂に集まってください。

ミサ後、先週に引き続き千葉県台風被害被災者救援募金と台風19号被害緊急募金活動を行いました。




 |  |  |  |

教会学校はじめの祈りを唱えます。
お友達が少なめですが、来られなかったお友達のため、台風や大雨の被害に遭われた方のためにもお祈りしました。

「神様といつも一緒」を賛美します。3番まで歌いましたね。歌詞を覚えられましたか?

 
この世界のすべてをお創りになった、神様。最後に、人間を創りました。
目に見えないものも神様は創られましたが、何かわかるかな?

みんなで、グローリアの歌を歌います。
そして今日は、天使のお話を聞きます。

天使には身体がなく、目に見えません。でも、いつも神様のおそばにいます。
そして、神様の喜びを私たちに伝えてくれます。述べ伝えるのが不可能なほどの、素晴らしい世界について教えてくれる、メッセンジャーです。

神様が喜ばれることをする時、私たちが頑張っている時、天使が後押しをしてくれます。
一人一人に、守護の天使がいるんですよ。
いつも天使がいてくれることを、覚えていましょう。
光の子どもとして過ごせるように、守ってくれています。

「聖書の中の天使たち」と言う絵本があるので、読んでみるといいですね。

最後に、守護の天使へのお祈り アベマリアの祈りを唱えました。
教会学校の終わりには、「神様といつも一緒」をもう一度みんなで歌いました。
来週も元気に集まりましょう。
 
 

御ミサの後に、台風・大雨の被害に遭われた方の為の、募金活動をしました。

中高生も手伝ってくれました。
 

 




 |  |  |  |

今日は聖ミカエル祭バザーです。

教会学校では今年もジュース販売とゲームコーナーを担当しました。

たくさんの青年や、新たにべトナムの方々にもご協力いただきました。

お天気が心配でしたが、雨の合間の日曜日となり、お昼には少し暑いくらい気温があがりバザー日和になりました。

 

ジュースコーナー

大きな声で呼びかけてくれたみんなの頑張りで、準備した約200本が1時過ぎには完売になりました!

 

ゲームコーナー

ストライクアウト

ボールころがし

輪投げ

さかな釣り

 
 
景品交換

 
来週はまた授業が始まります。
元気に集まってくださいね。

 




 |  |  |  |

今日はたくさんのお友達が来てくれましたね。
先週、けがでお休みしたお友達も元気に来てくれました。
さあ、発声練習をして「♪神様といつもいっしょ」を歌いましょう。

歌のあとは、先週の復習をちょっとだけしてみましょう。
先週8月15日は何の日?って勉強したよね。
しょう・・・しょう・・

そうマリア様が天にあげられた聖母被昇天でしたね。
日本にキリスト教を伝えに来たスペイン人のフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸したのも同じ8月15日でした、というお話をしましたね。覚えてたかな?
フランシスコ・ザビエルは、この日が聖母マリアの被昇天の祭日だったので、日本をマリア様に捧げました。だから、日本の教会の保護者は?

そう、マリア様です!
また、74年前、それまで多くの国と日本は戦争をしていましたが、その戦争が終わったのも8月15日でした。時代は違うけど、8月15日っていろんなことがあったんですね。

その後、いつも教会学校でお手伝いしてくれているベトナムの方のお仲間4人が、今度神父様になる為に神様に初めて誓いを立てるとのことで、その方々のために、神様がしっかりと導いて下さいますようにとお祈りをしました。

この後は丸くなって座ってお話を聞いてもらいました。みんなが教会学校で、もっとお互いの事を知ってもっと仲良くなって、もっと楽しくなるように簡単なゲームをしたいと思います。

まずは紙を8枚に切り分けます。そこに自分の名前を書いてもらいます。名刺ですね。

その紙をもって、近くの人と向き合いお互い自己紹介して最後にジャンケンして勝ったら、負けた人は勝った人に自分の名刺を渡していきます。

そうして、たくさんの名刺をゲットした人が勝ちになる名刺交換ゲームです。

今日は時間の関係であまりできませんでしたが続きをまたやるので、また持ってきてくださいね。

終わりに、主の祈りを唱えました。それでは、また来週。

ミサ後、千葉県の台風被害に遭われた方の為の救援募金をしました。



 |  |  |  |

今日の教会学校は人数が少なかったのですが、中高生が2名来てくれました。
高校生の伴奏で、「神様といつも一緒」を歌います。
下を向いてしまいがちですが、顔を上げて神様に歌いましょう!

 

9月は日本の殉教者の記念日が、9月10日と、9月28日の2回あるので、今日は殉教者の話をします。
8月15日は聖母マリアの被昇天の祭日です。日本に初めてキリスト教を伝えたのは 

フランシスコ・ザビエル。

今から470年前の8月15日に、ザビエルは鹿児島に上陸しました。
この日が聖母マリアの被昇天の祭日だったので、ザビエルは日本を聖母マリアに捧げ、マリア様が守ってくださるように祈りました。その後、たくさんの人がキリスト教の洗礼を受けました。

あまりに多くの人が洗礼を受けキリスト者になったので、当時日本を治めていた豊臣秀吉は怖くなり、キリスト教を信じてはいけないと、“禁教令”というものを出して、イエス様を信じるのをやめさせようとしました。

それでもイエス様を信じることをやめない多くの人々には、ひどい苦しみを与え、ついには殺してしまいました。

イエス様を信じることをやめないために命を失うことを”殉教”といいます。

 

日本の教会はとてもたくさんの殉教者を出しているのですね。

その中には、12歳のルドビコ茨木という少年や、5歳の少年もいました。

今日、初めに「神様といつもいっしょ」を歌ったけれど、この殉教した人々は、神様といつもいっしょという思いの中に生きていたと思います。

イエス様はあなたたちといつもいっしょだよというしるしをくださるけれど、それは何でしょう。  

「……パン?」   

そう、パンの形をした御聖体ですね。

最後に「アベマリア」の祈り、そして、今日、怪我のために来られなかったお友達のために元気になって教会学校に来れますようにと祈りました。