|  |  |  |

今日は、国際ミサの前、10時からミカエル行列が行われます。
教会学校の時間はそのリハーサルをします!
みんなにはいつもより30分早く9時に集まってもらいました。

まずは、行列の並び順を決めました。

侍者以外のこどもたちは、学年順で背の順になる感じに、2列に並んでもらいました。
6年生ひとりは先頭で、皆をひっぱってもらいます。

本番では、会衆の皆さんが入られてから、神父様たちと一緒に入堂します。

中央通路を通り、ミカエル像の前に献花します。

1人ずつ献花する練習をしてみましたが、時間がかかるので、2列に並んでいる隣同士の人と一緒に献花することにしました。
もう一度、2人組で献花する練習をします。
2人一緒にそろって動いてもらいたいですが、同時にスムーズにやらないと時間がかかってしまうので、頑張りましょう。

リハーサルを一通り終えて、幼稚園に移動します。
今度は行列中に歌う歌の練習です!
「みつかいの」をひたすら歌い続けます!

最後の方になると、大きな声で歌える人も増えてきましたね!
本番もその調子でお願いします!

さて、10時が近づいて来たので、スタート地点の地下ホールに移動します。
いよいよ本番です…!しっかり頑張りましょうね!




 |  |  |  |

来週はいよいよ「松戸教会の守護者大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ」が行われます。

教会学校から大司教様にプレゼントを贈るために、今日教会学校の時間のなかで、5年生に英語で聖ミカエルへの祈りを書いてもらいました。

 

そして、リーダー達は、プレゼントを完成させるために頑張ります。
ところが、今日は3連休…リーダー達も旅行に行ったり、用事が合ったりして、みんな早く帰ってしまいました。
残ったのはリーダー1人とサブリーダを務める高校生1名…

子ども達の写真を選ぶべく、ホームページや今まで集めていた写真をみて、全員分の適当な写真を選びます。

 

なかなか良い写真が見つからない…時間は刻々と過ぎていきます。

 

明日が休日という事もあり、保護者の方に許可をもらい、完成するまで残ってくれることになりましたが…午後10時を過ぎても…終わらない…

 

 

ようやく完成に近づき、プレゼントに合わせて写真をトリミングします。
「貴婦人と社長」と名付けられた2人の子どもたちの写真を見て、少しほっこり…

 

 

そして、10時55分…ようやく完成!

 

「普段、リーダーたちが裏でどれだけ頑張ってるか改めて分かった」そうです。
リーダーになった時、この経験で得た思いを子どもたちに向けて、より良い教会学校にするように頑張ってください!

チェノットゥ大司教様にもきっと喜んでいただけると思います!

 

 

(*)この後、片づけをして、リーダーが家まで車で送りました。




 |  |  |  |

今日は三連休中で、しかも台風が来ているということで、
子どもたちは少ないかもしれないと懸念していましたが、
元気に集まってくれました!

最初は「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

 

 

今日は、今日読まれる福音についてお勉強しました。今日の福音は、イエス様が話されたたとえ話です。
「聖書と典礼」が配られました。今日の福音のページを開いてください!

1人に「マタイによる福音」の18章21節〜35節を読んでもらいました。

お話をまとめると…

ある家来が王様から1万タラントンの借金をしていました。
家来は返済できないので「どうか待ってください」としきりに願いました。
王様は憐れに思って借金を帳消しにしてくれました。

しかしその家来は自分が百デナリオンを貸している仲間に会うと、
捕まえて首を絞め、「借金を返せ」と言いました。
そして彼が返済できなかったので、牢屋に入れてしまいました。

それをみていた仲間たちが王様に報告すると、王様は家来を呼びつけて言いました。
「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」
王様は怒って家来を牢役人に引き渡しました。

このお話がどんなお話か…説明します。

まずお金の額についてみてみましょう。
1デナリオンはだいたい1日働いたらもらえるお金です。1万円くらいと考えてください。
1タラントンはその6,000倍です。6,000万円くらいですね。
つまり家来が王様から借りていたお金は1万タラントンなので、6千億円くらいです。
一生働いてもぜったいに返すことが出来ない金額です。でも王様はそれを帳消しにしてくれました!
一方で家来が仲間に貸したお金は100デナリオン…100万円くらいですね。

このお話は、やっぱり神様のことを例えたお話です。
今日読まれた箇所の最後に、イエス様はこういわれていますね。

「あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう」

一生どれだけ働いても返せないような借金をなかったことにしてくれた王様のように、神様は無限に赦してくださいます。
でも、家来が仲間を借金のことで牢屋に入れてしまったように、人間がともだちを許してあげなかったら…
王様が家来を牢屋に入れたように、神様も人間がともだちにしたことと同じようになさるでしょう…

福音の最初に、ペトロはイエス様になんと尋ねたでしょうか。
「何回赦すべきでしょうか。7回までですか。」と訊きました。
イエス様はそれに「7の70倍」と答えます。キリスト教では7という数字は「完全」を意味します。
つまりイエス様は「無限に赦しなさい」とおっしゃったのです。

このお話は、主の祈りのある箇所にぴったりですね!どこだかわかりますか?
「私たちの罪をお赦しください…」と答えてくれました!そうです。その箇所です。
その後に「私たちも人を赦します」と続きますね。

イエス様がにんげんに教えたルールはたった2つだけでした。
1、神様を愛すること
2、隣人を愛すること
無限に赦してくださる神様を愛し、また、隣人を愛してゆるすこと。

イエス様はみんなの罪のために十字架にかかってくれて、皆の罪を赦してくれました。
じゃあ、皆はどうしますか…?

 

 

福音の勉強はここまでにして、歌の練習をしました。

先週に引き続き、来週のミカエル行列のときに歌う「みつかいの」を特訓します!
「みつかい」って何でしょうか?漢字で書くと「御使い」です。
これは天の使い…天使のことです!

みんな天使の名前は知っていますか?
ミカエルは知っていますね。
ミカエルと、ラファエルと、ガブリエルが三大天使と呼ばれる天使です!
覚えておきましょうね。

何度も何度も歌いました!
みんなあまり大きな声が出ないようですが…いつものお話ししてるときの大きな声はどうしちゃったの?

 

歌の練習の間、1人だけミッションが与えられました!自分から「やります、できます!」と言ってくれました。
来週の国際ミサで司式してくださるチェノットゥ大司教様への、教会学校からのプレゼント作りに協力してくれたのです。

来週喜んで頂けると良いですね!

そして時間が来てしまったので、終わりにしました。

「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりとしました。

そして…10時半のミサで、教会学校のおとこのこが侍者デビューしました!

まだまっすぐ立っているだけでも大変みたいでしたが、これからいっぱい侍者をやって、できるようになりましょうね!

 

来週はミカエル行列のリハーサルのため、9時集合です!
いつもより早いけど頑張って来てください!
来週も元気に集まってくださいね!!




 |  |  |  |

10:30からのミサの後、教会学校の子どもたちが、国際ミサに向けた「祈りのリレー」を呼びかけました。
15日から23日まで、大天使聖ミカエルの取り次ぎを願い、9日間の「ノベナ」を行います。その参加を呼びかけました。

「祈りのリレーの参加お願いします!」と大きな声で呼びかけてくれました。

たくさんの方が祈りのリレー参加表に記名してくださいました。ありがとうございました。




 |  |  |  |

二学期最初の授業は、侍者会です。
最初は幼稚園に集合しました。
歌の練習をするためです!

いつもどおり「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

 

 

今日は9月24日に行う「ミカエル行列」で歌う歌を練習してもらいます。
歌詞も覚えてほしいので、しっかり練習してください!!

曲は「みつかいの」です。
大天使聖ミカエルの歌です!

 

24日には「大天使ミカエル」ということばが出てくる3番を繰り返し歌うので、3番を何度も練習しました。
みんなちょっと声が小さいですね…リーダーの声しか聞こえないのですが…。
あまり歌ったことのない曲だったから難しかったでしょうか?
24日にはしっかり歌えるようにしましょう。

 

 

歌の練習を終えて、御聖堂に行きます。

侍者会を始める前に報告があります!
今日教会学校に来ている1人と、今日は来ていないもう1人が、10月22日に洗礼を受けることに決まりました!

おめでとう!!
洗礼を受ける子は皆の前で「がんばります」とコメントをくれました。
みんな10月22日のミサに出て、一緒にお祝いしましょう。

 

 

 

今日は初心者チームと上級者チームの2グループに分かれて練習しました!
「もうできるから」と言ってる子がいましたが、まだまだですよ。
もし1人とか子どもたちだけで…リーダーの助けもなしに侍者をやることになったら、出来ますか?
上級者チームは侍者のリーダーを目指して、
初心者チームは上級者やリーダーの助けがなくても動けるように、
しっかり覚えましょうね。

 

 

上級者チームは奉納のときの動きを重点的に練習しました。

奉納者を迎えにいかない侍者は、カリスの準備をします。

奉納者を迎えにいって帰って来るときは、神父様が中央に出てこられてからにしましょう。
最初の練習ではそのことを忘れてしまっていましたね。
 

みんな真剣に練習できていましたね!

 

 

 

初心者チームはまず、入堂・退堂の練習を行いました。

背の順で並ぶことや、位置、スピード等に気をつけてくださいね。

退堂のときの並び順が分からなくなってしまいましたね…

入堂の時同じ順番に並んでくださいね。背の低い人が先頭です!

 

その後、幼稚園ホールに移動して、朗読者の誘導と奉納の練習をしました!

リーダーが大人でも間違いやすいポイントを説明しました。
まず祭壇に上がる前、十字架に礼をしますが、そのときは深く頭を下げます。
その他の礼は、軽くで良いです!
祭壇に上がる時の礼、神父様への礼などは、十字架に礼をするときよりも浅くしましょう。

他の注意点は、祭壇に上がった時、ふらふらしたり、きょろきょろしたりすると目立つということです。
しっかりまっすぐたって、もしきょろきょろしてしまいそうだったら目を閉じるのも良いでしょう。
目を閉じていれば、朗読を良く聞けるかもしれませんね。

あとは朗読者の方と一緒に動く、ということです。
侍者と朗読者の動きがぴったりあっているととても綺麗です。
ばらばらだと、かっこわるいです。
侍者が朗読者の方にあわせられるようにしましょうね。

 

次に奉納の練習です!

一番侍者に慣れているはずの子は、侍者リーダーとして他の侍者に指示をだす練習もしました。
自分たちでつぎに何をするのか考えながら練習できました。
まだ考え込んでしまいますが、スムーズに自然にできるくらいになりましょうね!

 

 

 

上級者チームが幼稚園ホールに合流して、最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

みんなどんどん侍者に挑戦してくださいね!
今少しずつ、子どもたちだけでも侍者が出来るようになりつつあります。
まだリーダーが後ろにいないと不安ですが、これからも練習を頑張って、こどもたちだけで出来るようになると良いですね!

また来週元気に集まってね!!