カトリック松戸教会について/about Matsudo Parish

司祭/about Priest
主任司祭からのメッセージとプロフィール
Profile and message from our priest

松戸教会の歩み/History of Matsudo Church
1950年に創立されてから今日までの歩み
History of Catholic Matsudo
Church

松戸教会の守護者である大天使聖ミカエルについて/about St Michael the Archangel
松戸教会の守護者である大天使聖ミカエルについて
prayer to St. Michael
the Archangel

運営奉仕グループの紹介/Introduction of Management
ごミサや教会の運営を担う、奉仕と活動の紹介
Groups introduction

諸活動グループの紹介/Introduction of group activities
信徒同士の交流を行うなど様々な教会内の活動紹介
Group Activities
このページの先頭へ/HOME
諸活動グループの紹介/Actibities
  • ヨゼフ会


  • ヨゼフ会は毎年1月から12月までを活動期間とし、翌年1月に総会を開催、1年間の活動報告を行っています。
    毎月第2日曜の9時より例会を行い、司牧評議会からの報告や要請事項の確認、各委員会からの報告・提案を受け、検討事項の打ち合わせを行っております。また活動の基盤として3千円を年会費として、神父様へのお祝い金や錬成会・勉強会等の活動費に運用しています。
    今後もより多くの成人男子の皆様がヨゼフ会の活動に参加して懇親を深め、松戸教会の諸活動に資することができますようご協力をお願いいたします。

    ヨゼフ会の活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告



  • マリア会


  • 1972年、松戸教会が現在地に設立されて以来、成人女性の活動の場となってきました。
    対象は20歳以上の成人女性で、未婚、既婚は問いません。
    地区単位で集会を持ち、親睦と信仰を深めるとともに、教会行事への参加、意見交換を行っています。

    マリア会の活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告



     
  • 青少年育成


  • 小学生を対象とした教会学校や中高生会を通し、夏の錬成会、聖ミカエル祭バザー、クリスマスなどの様々な教会行事に参加し、青少年育成に努めています。
    カテキズム等を学びながら信仰を育てるとともに、共に学ぶ兄弟姉妹との繋がりを作り、共同体の未来を育んでいきます。

    ●  教会学校について

    ●  中高生会について


    教会学校の活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告


    中高生会の活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告


     
  • MCCIC ( Matsudo Catholic Church International Community )


  • In the year 1990’s foreigners started to flock to Matsudo Catholic Church. Because of the increasing number, the foreign parishioners of the Church started to organize themselves and formed a group called Matsudo Catholic Foreigner`s Action Group or MCFAG. MCFAG’s aim was primarily to help foreign parishioners who are in need of assistance. That was the year when the bubble economy of Japan was on its peak and lots of foreigners were coming to Japan to work as talents and construction workers. Mostly undocumented, prone to abuse, have no work security and not properly compensated.

    MCFAG volunteers and visiting priests somehow helped a lot of foreigners in their hospitalization, repatriation, claim on workers’ wages, referrals, money lending and even repatriation of remains. Most of them were undocumented workers and from the Philippines. MCFAG became the action center for foreigners before even the CTIC (Catholic Tokyo International Center) was formed.

    Gradually MCFAG’s activities shifted to spiritual uplifting like; House-to –house evangelization, Curcillo movement, Couples for Christ, Life in the spirit seminars, Lay ministry formation seminar and different activities for community and personal development. Later with the guidance of CTIC, MCFAG continued to maintain its journey of faith thru constant English and Tagalog Mass celebration and its usual activities in line with the Christian faith.

    In the year 2006, MCFAG formed an alliance with its neighboring communities; Ichikawa, Koiwa, and Toyoshiki Catholic Churches. The alliance was later called MICHIKOTO, (M for Matsudo, ICHI for Ichikawa, KO for Koiwa; and TO for Toyoshiki) four churches being handled and pastorally ministered by Father Philip Bonifacio, SSC wherein regular Sunday Masses are celebrated. Yearly, the four Catholic Churches gather to celebrate the “Filipino Community Day”. An event to promote Philippine culture, strengthen camaraderie and uplift spiritual ties among members. Bus tour, Halloween Party and other events are commonly held so as to accumulate funds to help the Tohoku Tsunami victims, to help the poor children of their education in the Philippines and to help disaster victims in the different parts of the Philippines.

    In 2009 MCFAG changed its name into MCCIC (Matsudo Catholic Church International Community). Though the name has changed, her goals and priorities are the same, providing spiritual assistance and helping parishioners who are in need.
    The 2nd Sunday English Mass (1:00pm.), and 4th Sunday Tagalog Mass (3:00pm.) are still being celebrated each month. “Community Building” seminars (bible study, catechism, evangelization, and prayer meeting), are also conducted every first Sunday (3:00pm.), and Novena every Wednesday (2:00pm.). MCCIC is an active member of the Matsudo Catholic Church structure participating in parish activities in promoting and challenging foreign parishioners to the call of Servant-hood. By the grace of God and through the parish support, we wish to remain faithful on our goal to;
    ”Seek first the kingdom of God” (Mt.6:33).

    MCCICの活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告 / Information・Activities


     
  • バザー委員会


  • 毎年、原則10月の第3日曜日に、たくさんの店舗・飲食店・各販売店などが出店し、聖ミカエル祭バザーがにぎやかに行われます。
    聖ミカエル祭バザーは教会のお祭りであり信徒同士、また近隣の住民の方々とも触れ合い交流が出来るのではないかと思います。
    バザー委員会はバザーの開催の準備や、開催がスムーズに楽しく行えるよう信徒の皆さんの協力を頂きながら活動を行っています。

    バザー委員会の活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告



  • みみずの会


  • みみずの会は、現在月2回、第1・第3火曜日の午後1時から2時30分過ぎくらいまで、教会の庭のお手入れをしているグループです。
    雨や雪の日、また猛暑や真冬はほとんどお休みになりますが、教会を訪れる方々に、少しでも気持ちよく過ごしていただけたらと思って頑張っています。
    また、任意のグループなので、信徒の方々の協力をいただきつつ、草木のことを知っている方も知らない方も、一緒になって楽しみながら活動を行っています。

    みみずの活動内容の詳細はこちらからご覧ください。

    ●  活動の告知・報告


    このページの先頭へ/HOME
     Copyright © Catholic Matsudo church All Rights Reserved.