カトリック松戸教会について/about Matsudo Parish

司祭/about Priest
主任司祭からのメッセージとプロフィール
Profile and message from our priest

松戸教会の歩み/History of Matsudo Church
1950年に創立されてから今日までの歩み
History of Catholic Matsudo
Church

松戸教会の守護者である大天使聖ミカエルについて/about St Michael the Archangel
松戸教会の守護者である大天使聖ミカエルについて
prayer to St. Michael
the Archangel

運営奉仕グループの紹介/Introduction of Management
ごミサや教会の運営を担う、奉仕と活動の紹介
Groups introduction

諸活動グループの紹介/Introduction of group activities
信徒同士の交流を行うなど様々な教会内の活動紹介
Group Activities
このページの先頭へ/HOME
カトリック松戸教会の現状/Environment and Present Situation
  • カトリック松戸教会について / about Catholic Matsudo Church


  • 教会堂名 / Dedicated to : 大天使聖ミカエル / St. Michael the Archangel
    所属信徒数 / Number of Parishioners : 約1,800名 / about 1800 people
    創立年月日 / Date of Establishment : 1950年7月16日 / July 16, 1950

    ●  施設案内 / Facilities
  • 現状 / Today


  • カトリック松戸教会の信徒の分布は1都3県10余市数郡に広がっており、信徒数は約1,600人、それに200人程のフィリピンの人たちとペルー人を中心とした数十人のスペイン語圏からの移住者たちが加わります。東京教区 でも信徒数の多い教会といえるでしょう。 教会の敷地内に「聖ミカエル幼稚園」もあり、信徒の子弟を含む120人の可愛い子どもたちが元気に通園しております。 また、近くには、「愛徳カルメル修道会松戸養成の家」があり小教区の信徒たちと一緒になって献身的に宣教司牧活動に参加しています。近年、2人の若い女性がシスターとして初誓願を立てました。

    私たち松戸教会共同体は、小教区内を8地区に分け、お互いの話し合いや支え合いを今まで以上に行ってゆこうとしています。2000年の大聖年には創立50周年を祝いました。そして以前からあった「教会委員会」という教会組織を2004年から各地区からの代表を加えて「司牧評議会」という名称に変え、松戸教会における宣教活動や司牧活動のための話し合いや運営を行っています。
    この司牧評議会は、「みんなで考え、みんなで話し合い、みんな決めてゆく」というモットーで歩んでいます。
    また、マリア会,・ヨゼフ会(壮年男性の会)の活動は極めて活発に行われています。マリア会は、居住地別にいくつものグループに分かれて、教会行事を当番制で受け持って支えています。ヨゼフ会は、かつて企業戦士であった人たちが、それぞれの特技を生かして司祭の仕事をサポートしています。
    しかし、どこの教会も同じでしょうが、高齢化は避けられません。さいわい、「若者たちの集い」というグループが、小教区の壁を越えて活動を始めています。この青年たちが近い将来教会活動の中心となることは間違いありません。
    教会学校もとても活発です。2002年春には中高生会が再発足し、教会全体が非常に活性化されています。前述の「若者たちの集い」が教会学校・中高生会をバックアップしています。
    外国人信徒のためには、英語・タガログ語によるミサばかりでなく、日本語教室や幼児洗礼のためのセミナーなどを開いています。
    フィリピンの人たちを中心にしたMCCIC ( Matsudo Catholic Church international Community )MCCIC ( Matsudo Catholic Church international Community )という組織が自主的に運営されて、日常的な相互扶助ばかりでなく、クルシリオやノベーナなどの霊的活動を積極的に行っています。
    1世紀前にこの東葛の地に芽生え、守られてきた信仰の灯火が次の世代に引き継がれるように努力を継続するとともに、社会の良心として、人々と共により良い世界をつくっていきたいと願っています。


    Parishioners are spread throughout 3 prefectures, 10 cities, several counties and from Matsudo City to the greater Tokyo metropolitan area. In addition to approximately 200 Filipinos and 50 Spanish-speaking immigrants mainly from Peru, there are over 1600 people in Matsudo parish. The church has become one of the bigger church communities in the archdiocese of Tokyo. Also, every weekday 120 cute children commute to St. Michael's kindergarten which is located in the churchyard.
    Carmelite Sisters of Charity is also located near the Matsudo Formation House and the sisters actively take part in the evangelical mission of the church alongside parishioners. Recently, two women have made their first vows as Carmelite Sisters of Charity.

    In 2004, to foster better communication and mutual support, the church community was divided into eight groups by region. Known as the Pastoral Council of the Church, representatives from these eight groups meet to discuss better ways to carry out evangelical and pastoral activities of the church. Their motto is, "Think together, talk together, decide together."

    The women's group, "St. Mary's" and the men's group, "St. Joseph's" are also quite active. St. Mary's is also divided into groups by region and the various activities and functions in the church are rotated among the groups. The men in St. Joseph's who were once active in their careers in the business world now serve the church with their various talents. Unfortunately, the effects of an aging society in Japan are hard to avoid. Thankfully, the youth group "Youth Gathering" has begun taking an active role in the activities of the parish including support and assistance in Sunday school classes for the younger children.

    For foreigners there are not only English and Tagalog masses but also Japanese classes and a seminar for infant baptisms. The Matsudo Catholic Church International Community (MCCIC), formed by foreign volunteers, organizes spiritual programs such as Cursillos and Novena.

    In the year 2000, Matsudo church celebrated its 50th anniversary, continuing the Catholic tradition of Christian faith in Japan, which began in the Toukatsu region over a century ago. We aim to keep the tradition alive as a people of conscience and pass it on to the next generation, always striving together to create a better world.

    このページの先頭へ/HOME
     
    施設案内/Announcement of Establishment
    アイコンをクリックしてください。
      聖堂外壁 十字架

    聖堂外壁の十字架は、創立50周年を記念して信者一同より献納しました。
    夜にはなると、照明がついて、また少し違う雰囲気になるかもしれません。
      聖母子像

    教会に入ると、すぐ右手にあります。
    待降節・降誕節(クリスマスの4週間前の日曜日から1月の初旬くらいまで)の期間には、ここに馬小屋が出来ます。
     
      ルルド

    聖堂入口前にはルルドがあります。
    復活の聖なる徹夜祭では、ルルドの前で光の祭儀を行います。
      スロープ

    車いすのご利用の方にも安心して教会に来て頂けるようにしています。
    信徒のものに伝えて頂ければ、お手伝いさせていただきます。
      駐車スペース


    平日:約15台、休日:約35台

    日曜日や行事の際は混雑が予想されますので、ご遠慮いただくか、または近辺のパーキング等をご利用いただけるようお願いいたします。

      喫煙スペース


    聖堂内での喫煙は出来ませんので、喫煙なさる方はこちらのスペースにてお願いします。
     
    アイコンをクリックしてください。
      聖堂入口

    教会入口の松戸教会の守護聖人「大天使聖ミカエル」をモチーフにしたステンドグラスです。教会創立50周年記念に信者一同より献納しました。
      エントランスホール

    聖堂に入ってすぐ左手には聖水盤があります。(写真左側の陶器)
    ミサ後、御メダイやロザリオなどの聖品を販売する売店が開かれたり、談笑したりするスペースとなっています。
     
      旧聖堂の鐘

    この鐘は、(現在松戸駅前のイトーヨーカドーがある場所にあった)旧聖堂時代、第3代主任司祭小林五郎神父が呼びかけ、それに応えて、信徒からの献金により、フランスから取り寄せたものです。1961年6月、完成した鐘楼と共に東京大司教土井枢機卿によって祝別され、松戸の丘より、毎日お告げを知らせていました。この美しい鐘の響きに魅せられて多くの方々が教会の門を叩いたとのことです。
      香部屋

    祭器具、祭服、典礼書などを保管し、祭服を着用したり、典礼の準備をする小部屋です。
    香部屋の入口には、第4代主任司祭の川原謙三神父がアシジで購入されたミサ開始を告げる鐘が取り付けられています。
      聖堂内

    お聖堂は、日中、どなたでも自由に入って、お祈りすることができます。
      パイプオルガン

    1993年に完成し、その素晴らしい音色を聖堂に響かせています。
     
      十字架の道行き

    聖堂の両壁には、十字架の道行きのレリーフがあります。
    イエス・キリストがピラトから死刑の宣告を受け、十字架上で亡くなられ、葬られるまでが14の留(りゅう)に分けられており、その一つひとつの留をたどりながら、キリストのご受難を黙想するものです。
      ステンドグラス

    聖堂内のステンドグラスです。ドミニコ会のカルペンティール神父による製作です。
    受胎告知・最後の晩餐、ご受難、昇天、聖霊降臨などをモチーフに描かれ、十字架の道行きに合わせて、ステンドグラスははめられています。献堂60周年記念のお祝いに取り付けられました。
     
      告解室

    ここは「ゆるしの秘跡」の場で「告解室」と呼ばれています。「ゆるしの秘跡」は、カトリック教会の7つの秘跡のなかのひとつです。
    年に2度の共同回心式、また、個人の告解などに使われます。
      祭壇

    向かって右に松戸教会の守護聖人「大天使聖ミカエル」の像があり、左側には無原罪の聖マリア像が安置されています。
    中央の十字架の下には、ご聖櫃があります。聖体ランプ(赤いランプ)が点灯している時は、聖櫃にご聖体が安置されていることを示しています。
      聖母子

    祭壇左手にある聖母子のステンドグラス。
      事務所・受付


    各種手続きなどは事務所・受付にて承ります。
      女性用トイレ


    女性用トイレです。(男性用トイレは地下ホールにあります)
    車いす利用の方もご利用いただきやすいトイレになるよう努めています。
     
    アイコンをクリックしてください。
      地下ホール

    教会入口から坂を登らず、ヒマラヤ杉の前を通り、自動販売機の方より入って頂くと地下ホールがあります。
    地下ホールでは、様々な勉強会や催しが開かれています。
      図書コーナー

    図書コーナーには、聖書や聖人に関するモノ、キリスト教に関するモノなど様々な本が所蔵されています。
      小集会室


    地下ホール同様、様々な勉強会や各委員会・グループなどの会合に使われます。
     
      集会室(A・B・C)


    地下ホール同様、様々な勉強会や各委員会・グループなどの会合に使われます。
      男性用トイレ


    男性用トイレです。
      女性用トイレ


    女性用トイレです。(1階にも女性用トイレはあります)
    このページの先頭へ/HOME
     Copyright © Catholic Matsudo church All Rights Reserved.